風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

2018年06月

詩誌 青魚No.88
 今月6日の記事「歌集と詩誌が届く」で報せた内、後の方の同人詩誌「青魚」No.88を、ほぼ読み了える。
 同号の僕の詩、先号の感想などへ、上のリンクから飛べる。
 写真は同号の表紙で、表紙絵は同人の一人T・幸男さんの作である。表紙絵の費用は彼が負担していると、T・晃弘さんがかつて述べた。
概要
 2018年6月4日、鯖江詩の会・刊。B5判、2段組み(詩も散文も)、33ページ。
 同人の18名が、思い思いに詩・散文を綴っている。
感想
 巻頭は、K・和夫さんの「詩なんか書くんじゃなかった」で、標題の言葉が作品中にも3度繰り返し現れる。僕は今、短歌も書いてそちらに重きを置いている。でも高校生時代、荒川洋治さんに鍛えられて詩を始めて以来、「詩なんて書くんじゃなかった」とは、1度も思わない。「詩では救われない」と思った時期はあるけれど。
 T・幸男さんの「冬芽」以下5編(ペン書きを縮小して掲載)は、過去や100歳を迎える叔母を詠っている。しまいの「ゲシュテル歌曲(ソング)の中で」のみが、ラテン語(これまでギリシャ語だと思って来た)の哲学用語を交え、世を撃っている。老いの難路行であろう。
 T・吉弘さん「宗倉武二先生を悼む」、T・晃弘さん「三男坊」「ドン・キホーテ」はともに、回想から現在位置を確かめている。
 M・あずささんの「霧に煙って」は思索から詩情を紡いでいる。
 河村大典さんの散文と詩の、時代に抵抗する作品は、正論過ぎて賛同し得ない。
 高年大学受講生の方の詩も、それぞれ頑張っている。
 掉尾はA・雨子さんのレポート「則武三雄詩集『赤い髪』の編集を終えて」で、3ページに渉って、則武三雄・選詩集を自分の出版社から発行した、経緯を述べた。




 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、11番目の歌集「雪炎」を読み了える。
 先の5月23日の記事、
同・「灰白の群」を読む、に次ぐ。
概要
 歌集「雪炎(せつえん)」の原著は、1949年9月、立山図書出版社・刊。
 274首、著者・巻末小記、を収める。棟方志功・装丁。
 先の「灰白の群」の3ヶ月後の刊行である。巻末小記に拠ると、立山図書出版社の塚本定勝(社主?)の、強い勧めにより、辞退を翻したとある。
 「雪炎」を読み了えて全歌集の360ページ目、歌集編の791ページの半分にも至っていない。先の長い道である。
感想
 巻末小記に、「運河」(「灰白の群」と同時期)前後から自選して274首を集めた、とある。刊行時期からみて、その2歌集の拾遺であるかも知れない。
 「しんしんと雉の瞼に触(さや)りつつ炎ともあらむその雪片(せつぺん)を」の歌のように、副詞、比喩、倒置など、レトリックの勝った歌が多い。推測に推測を重ねるのだが、拾遺の歌だったとすると、レトリックの多い歌を、いったんは捨てようとしたと見られる。「現実の相に根を張り、自己を強く打ち出す」、「青垣」の理念に沿おうとしたのだろうか。
引用

 以下に7首を引く。
(うみ)低く一群の鷺啼きながらいづくに向ふ風花のなか
冬の夜の暗きねむりに落ちゆくと雉らもあれやその雪炎に
玄冬の斑(ふ)に美しき雉鱈を火に煮ることも生(いき)のやしなひ
絶間なき小雀(こがらめ)のこゑひびきつつ玻璃やうやくに青し昏れつも
木苺の花のしろたへのあはれさはちかぢかとみむ吾がまなさきに
手術終へ扁たくねむる吾が妻の額の汗をぬぐひ立ちたり
「暁に祈る」リンチの惨虐も今日に憤(いか)りて明日は忘れむ
0-03
 写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。



CIMG0874
 庭でキョウチクトウが咲き始めたので、2種を紹介します。
 昨年は6月27日の記事
「キョウチクトウ4種」で、庭の全種を紹介しました。
 上の写真は、ピンク花の普通種です。勝手口までの通路にかぶさるので、妻が嫌がっています。

CIMG0878
 白花のキョウチクトウです。たくさん咲いて、涼しげです。
 赤花と黄花のキョウチクトウは、枝が車庫に掛かるのを妻が嫌がって、大きく刈り込んだため、今年の花は無理でしょう。

 先の
5月27日の記事の末で、水道管再配管のため、ムクゲの古木2本を、株元から伐ったと報告しましたが、小さな胴吹き芽が出ています。何年かのちには、花を見られるかも知れません。


光る波
 昨日に続きお伝えします、柴田哲夫(ハンドルネーム・新サスケのペンネームの1つ)がこの5月31日付けで刊行しました、kindle版「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、6月6日17時より、無料キャンペーン開始しました。
 おかげ様をもちまして、幸いな事に、AmazonのKindleストア
「詩歌の売れ筋ランキング」にて、無料版の第1位となっております。6月7日11時半、確認しております。
 これはたいへん光栄な事です。
 無料キャンペーンのため、幾ら売れても印税は0円です。しかしこの出版は、収入目的ではありません。これまでの詩集でも、収入はほとんどありませんでした。
 僕の詩が読まれて、伝わる思いがあれば良いのです。
 とても名誉な事で、喜んでおります。
 現場作業員の、仕事と家庭の哀歓を描いたソネットを、読んでみようと思われる方は、6月11日16時59分までの、無料キャンペーン中にお願いします。
 販売ページへは、AmazonのKindleストアにて、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と検索すれば、即で着きます。
 またこのブログのPC版では、右サイドバーの「あなたへ詩集をAmazonで 2」の下の表紙画像バナーを、スマホ版では初めの画面のメッセージボード下の表紙画像バナーを、それぞれクリックすれば販売ページへ飛びます。内容をご確認の上、「1Clicで今すぐ買う」より、無料購入してください。
 (kindle unlimited会員の方は、「読み放題で読む」よりお求めいただけます)。



光る波
 僕の第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(第3詩集「ソネット詩集 光る波」の改訂版)が、AmazonのKindleストアにて、kindle版の無料キャンペーンを、今日(6月6日)の17時より開始しました。今月3日の記事、同・刊行で予告した通りです。
 17時過ぎ、著者(ペンネーム・柴田哲夫)の僕が、Kindleストアにて確認しました。更に「1Clicで今すぐ買う」よりkindle版を購入し、購入履歴でも0円である事を確認しました。
 このkindle版詩集には、電子版書籍ならではの機能がたくさん有ります。初めの目次の題名をタッチし、作品に飛べます。
 タブレットでは、画面の何もない所をタッチし、左上に現れる横3本線マークより、目次作品、既読最終ページ、初め(表紙)、ロケーション・ナンバーのページへ、移動できます。
 また語句をロングタッチし、目的ヶ所までドラッグすると、その語句をWikipedia検索、11ヶ国語に翻訳可能です。もちろん同様にして、ハイライト、メモ付け、検索、シェア、コピーが出来ます。ページに栞も入れられます。ノートブックで確認出来ます。
 内容は、現場作業員として働く僕の、仕事と家庭の哀歓をソネットに歌った、43編(章分けなし)です。
 販売ページに、2番目の作品「揚羽蝶」を挙げました。
 販売ページへは、AmazonのKindleストアにて、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と検索すれば、即で着きます。
 またこのブログのPC版では、右サイドバーの「あなたへ詩集をAmazonで 2」の下の表紙画像バナーを、スマホ版では初めの画面のメッセージボード下の表紙画像バナーを、それぞれクリックすれば販売ページへ飛びます。内容をご確認の上、「1Clicで今すぐ買う」より、無料購入してください。
 無料キャンペーンは、90日間に5日間のみ可能です。今回は、6月11日16時59分までです。この機会をお見逃しなく。
 (kindle unlimited会員の方は、「読み放題で読む」よりお求めいただけます)。



歌集 朝涼
 今月2日(土曜日)に、丹波真人さんの第4歌集、「朝涼」が届いた。
 丹波真人さんは、僕が短歌結社「コスモス」、結社内同人歌誌「棧橋」に属していた頃の、大先輩である。「棧橋」批評会後の宴会で、おおいに談じた思い出がある。
 第3歌集「花顔」の拙い寸評を、前のブログ「サスケの本棚」の、2008年12月9日の
記事にアップしている。
 歌集「朝涼」は、2018年4月30日、ながらみ書房・刊。1ページ2首組み、319ページ。
 丹波さんも、小さなご縁をよく覚えていてくださったものだ。

詩誌 青魚No.88
 鯖江市を中心とする同人詩誌、「青魚」No.88が、今月4日(月曜日)に届いた。
 2018年6月4日、鯖江詩の会・刊。B5判、32ページ。
 先号の感想は、昨年11月3日の記事
「同・No.87を読む」にアップした。
 僕が今号に寄せたソネット4編は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の6月5日の記事、
ソネット「消えたランボー」以降、4日にわたってアップするので、横書きながら是非ご覧ください。


CIMG0869
 今日2回目の更新です。
 今月2日の記事
「僕のお八つを公開します」に続いて、僕の飲みものを公開します。
 写真の手前左から、パック牛乳(1L)、ボトルコーヒー(900ml)、グレープジュース(350ml)。
 後方左より、ボトル紅茶(1・5L)、爽健美茶(2L)である。
 グレープジュースはたまたま冷蔵庫にあったが、他は常備して冷蔵庫の扉にある。
 なおお茶は、妻も別種のボトル茶を飲んでおり、急須でお茶を淹れることはない。
 写真に撮り忘れたが、「一本義」の梅酒「梅の宴」(500ml)が、わずかに残っている。わが家唯一のアルコールである(妻は全くお酒が飲めない)。

CIMG0871
 保存の利くものは、ストックしてある。
 右上がボトル紅茶4本、その下がボトルコーヒー1箱(12本入り)、他は爽健美茶3箱(1箱6本入り)である。
 妻が、「飲みものにお金がかって困る」と、嘆いている。


↑このページのトップヘ