風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

2018年06月

CIMG0866
 10日近く前になるが、パソコンに作成したデータを、簡易バックアップした。
 5月27日(第4日曜日)に行った。
 写真は、下が今回収納した、32GB・USBメモリである。
 上は前回、2017年12月16日のバックアップを収納した、32GB・USBメモリである。
 今回のメモリは、前々回のバックアップ(2017年5月5日だったらしい)のメモリを、再使用した。ミスっても前回の記録は残るよう、2つのメモリで使い回す予定である。
 半年ごとくらいにバックアップしているが、パソコンのOSがWindows7、ワードもエクセルも2010なので、Windows10にアップした場合、どうなるのか分からない。
 内容は、使用可領域28・8GBの内、3・5GB使用で、まだ余裕がある。
 「オープンオフィス」(これを使ったファイルがある)や、前のブログを出力した「「サスケの本棚」エクスポート」の他は、変化の激しいものである。
 文章と写真のフォルダはドラッグ&ドロップでコピーし、メールアドレス帳と「お気に入り」は、朝日新聞出版「パソコンで困った時に開く本2012」の手順に従った。
 「写真」が803MB、「マイピクチュア」が1・32GB、マイドキュメントより7フォルダを収めた。
 今は契約すれば、変更ごとにクラウドでバックアップしてくれる方法があるが、バックアップにあまり費用を掛けたくない。



 角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、10番目の句集、上田五千石「田園」を読み了える。
 先の4月29日の記事、
寺田京子「日の鷹」に次ぐ。
概要
 俳句では「年刊句集 福井県 第56集」を読み了えて、「増補 現代俳句大系」に戻った。
 原著は、1968年、春日書房・刊。
 秋元不死男・序文、212句、著者・後記を収める。
 上田五千石(うえだ・ごせんごく、1933年~1997年)は、秋元不死男に師事、「氷海」、「天狼」、「氷海新人会」に参加。1973年、「畦」創刊・主宰。
感想
 この第1句集で、第8回・俳人協会賞・受賞。
 本文を6章に分け、更に1句~4句の節(題付き)に分けている。
 掉尾の節「一行詩」に、「秋の蛇去れり一行詩のごとく」とあるように、俳句の詩性を求めたようだ。
 確かに1行詩を重ねて読むに似る。しかし僕は、俳句に詩性第一と思っていないので、その面からは賛嘆しない。
 純粋戦後派の、向日性の青春吟として、戦前派とは異なる句境を開いたといえる。また俳句に救われる文学経験も好ましい。
引用

 以下に5句を引く。
朝露よばら色の豚小走りに
焚火踏み潰す下界へ還らねば
老螢末期の光凝らすなり
秋の露立志伝みな家を捨つ
かりそめの生のなかばに焚火爆ぜ
0-59
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。





光る波

 皆さん、ブログ画面上部、メニューバーの下の、メッセージボードの文章が、これまでと変わっている事にお気づきでしょうか?無精しまして、前の文章を流用しましたので、気付きにくいかも知れません。
 kindle版・第2弾「改訂版 ソネット詩集 光る波」が柴田哲夫・名義にて5月31日より、パブフル様を通して刊行され、Amazon上で配信を始めたのです。
 5月16日の記事
「同・刊行を契約」の後、表紙2種類よりの選択と原稿確認のメールを遣り取りしました。
 6月1日午前、パブフル様より配信開始の通知メールがありました。その時点で、ミス1ヶ所の修正(2ヶ月以内、2回まで無料)と、6月6日~10日のkindle版無料セールの敢行をお願いしました。返信で、時刻は太平洋時刻のため、日本時間で6月6日17時頃~11日17時頃となりました。夏時間だと、更に1時間遅れるそうです。
 無料セールは、90日ごとに5日間まで設定出来ます。kindle unlimited会員の方は、追加金無料でお求め出来ます。そうでなければ、上記のkindle版無料セール中にお求めくださいますように、お願いします。
 PC版の右サイドバーに、販売ページにつながるバナー「あなたへ詩集をAmazonで2」を貼りました。スマホ版にも、認可がおり次第、有効なバナーを貼ります。


CIMG0861
 今日2回目の記事更新をします。
 先の5月22日の記事、
「昨日の夕食を公開」に続いて、6月1日での僕のお八つを紹介します。
 僕のお八つを、食卓のトレーに集めてみました。
 下段左から、羊かん巻き(開封済み)、素焼きアーモンド(僕がリクエストした)、コッペパン、フレンチトースト、カリフォルニアプルーン。
 上段左から、ハーベスト、キシリトールガム、焼きプリンである。
 これにバナナ、ミニ饅頭、ミニ餅(餡入り)、焼き芋などが加わる時があります。
 僕の甘いもの好きを知っていて、妻が買って来て、食卓に置きます。
 67歳の男に、多いでしょうか。
 なおキシリトールガムは、禁煙したので、その代わりにしています。
 お酒も飲んでいません。




IMG_20180526_0001
 所属する結社の歌誌、「覇王樹」2018年6月号をほぼ読み了える。
 到着は先の5月28日の記事
「届いた2冊(2)」の後方で、同・5月号の拙い感想は4月29日の記事「同・5月号を読む」にアップした。
概要
 通常立ての短歌欄と、連載評論の他、年間テーマ「道・路」に応じて、H・俊明さんの「二つの寂しき路」、I・謙三さんの「人生行路」2編が載る。
 「他誌拝見」では1ページ3段組みで、7誌を5名5首ずつ転載している。
 「受贈歌集歌書紹介」では、3段組み2ページ余にわたって7冊が紹介され、感想に引用歌が添えられる。
感想
 年間テーマ「道・路」の2編は、「道・路」の出て来る歌の論ではなく、歌の道、人生の道を、自在に綴ったもので、読みやすくて感銘深い。
 壮年よりも高齢の方が多いと見受けるが、短歌作品にはそれぞれいつまでも「短歌の新」を追う姿が浮かぶ。
引用

 「游芸集」の佐田公子さん(本誌・編集人なので、フルネームで記す)「さくら子なれば」6首より。
両岸の桜枝垂るる神田川 嗚呼そこここに亡き息子(こ)が笑ふ
 息子さんを亡くされた嘆きは深く、そこここに顔が浮かび、声が聞こえるのだろう。笑顔である事が救いか。
 「大翼集」のS・和子さん「さくら三昧」6首より。
テーブルに向き合ひ若き日の話すれば夫の顔がほころぶ
 和やかに新婚時代を過せた夫婦は、老いても思い出話の和やかな時を持てる。そうでなかった自分は後悔する時がある。


 

CIMG9533
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」より、5月31日の記事「6月カレンダー(マンガの話13)」から、2018年6月のカレンダーをダウンロードし、プリントし、パソコン机の脇に貼りました。
 このブログの5月1日の記事
「あかつきさんの5月カレンダー」に次ぎます。
 2つを比べればわかりますが、今回はカレンダーがA4判型に収まって、歪みや余分がありません。
 古いコンデジに、台形補正機能があった事を思い出したのです。
 それで鮮度はともかく、きれいな長方形のカレンダーをアップできました。ただし再使用は無理でしょう。
 あかつきさんにいつも頂いている認可を、今度は頂いていません。これから事後承認ながら認可を受ける予定です。(後記:その後、あかつきさんの認可を頂きました。)
 イラストは、猫のあんこさんと麦くんが、梅雨の雨の中、合羽(レインコート?)を着て傘を差し、紫陽花の蝸牛を眺めている図です。BGMは「雨に歌えば」だそうです。



 5月31日(第5木曜日)の午前9時半より、メンバー3人が喫茶店の1隅に集まって、短歌研究会B第24回を持った。
 4月25日の記事、
同・第23回に次ぐ。
 僕がアイスコーヒーを、Mさんがブレンドコーヒーを、Tさんがアメリカンコーヒーを注文し、歌誌・歌集の貸し借り・返却の後、研究会Bに入る。
 研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 今回は、120ページの始め、歌集「多く夜の歌」の「北海道羈旅」の章の途中からである。
 初めの「表現は生(せい)の営為につながると我はしも言へりこころ定(さだ)めて」は、厳しい言葉である。ただし次の章には、「わがうちの見悪(みにく)き悪魔をりをりに笑ひてゐたり見てをりき我は」の歌もあり、聖人的な生を送っていた訳ではなさそうだ。
 「八月の歌」の節の何気ない生活詠3首は、「八月」の示すように、戦争体験をへて生活の平穏を大事にする思いの表われだろう。
 章題「自方冬至短至」の読み方、意味が3名共にわからない。
 「楊(やなぎ)のわた」の語がはっきりしないTさんに、僕は「柳絮」の語があると示し、Tさんも電子辞書の広辞苑で確認した。
 123ページの「瑠璃と紅」の章に、「ひらめきし稲妻のなか卓に置く指太きこの消極の掌(て)よ」、「おもほえば恥ふかむのみ一切事(いつさいじ)(あく)せぬのみの茫々にあり」の2首がある。従軍経験を経た身は、一切の悪を為さない覚悟があり、家族を守る・短歌で活躍する、という積極の事を成している、と3人で話し合った。
 様々に語り合ったが、書ききれない事もある。
 次回の予定を決め、10時半過ぎに散会した。
0-81
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ