風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

2019年04月

吹雪きの水族館a
 今月18日の記事で、砂子屋書房・現代短歌文庫の正・続「米川千嘉子歌集」を読み了え、その後の彼女の歌集を読みたいと、Amazonで探した。
 幾冊かの歌集の内、1番廉価という事で、「吹雪の水族館」を注文した。状態の良いもので、1,676円(税、送料、込み)だった。Amazonのマーケットプレイスの在庫を、Amazonから送ってもらった。前以って注文しておいたので、18日(木曜日)に
 届いて、美品なのは良い。なんと2015年・刊の第8歌集だった。最新歌集である。
 Wikipediaで調べると、読み了えた第4歌集から、その間の歌集がわかった。
 第5歌集「滝と流星」。第6歌集「衝立の絵の乙女」。第7歌集「あやはべる」である。
 それらの歌集も入手したいが、財政が追い付かない。おいおい買ってゆこう。





 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、第6歌集「鼓動」を読み了える。
 先の3月17日の記事、同「又々玄」を読む(後)に次ぐ。
概要
 原著は、1989年、短歌新聞社・刊。1980年~1983年の278首、著者・あとがきを収める。
 短歌新聞社の「現代短歌全集」の1冊となった。
 この間に、「玄」3部作による読売文学賞・受賞、仕事上での一線を引く、弟の死、肺病による8ヶ月の初入院、等があった。
感想
 写生、社会詠、生活詠に、純化しなかった。家長として家族(故郷の母、弟を含む)を助け、歌誌「コスモス」の活動に手腕を発揮したようだが、歌人として今一つ純粋でないように思えた。
 しかし戦争体験を経て、生活と社会に対する態度の一致、を求め続けたように思える。
 生前の最後の歌集であり、以後没年(1993年)までの歌は、この全歌集に「鼓動以後」として収められた。
引用

 以下に7首を引く。
足もとの砂をす走る波の先伸びきはまりて横ざまに退(ひ)
休みなく手と足を振りわが膝にゐて柔らかし孫といふもの
まのあたり変転を写し裁かるる江青の顔端正不屈(変転)
患者としこの夏逝くか病棟の側壁に来て鳴く油蟬
帰り来し我が家の真上汝(な)は亡きに虹かも立てる面影のごと(弟逝く)
行く風の息のまにまに吹雪く花あるものは高く吹かれつつ舞ふ
うから率て出湯にひと日遊びつつ病癒えたる喜び分つ
0-30
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



IMG_20190416_0004 (2)
 加藤元の短編小説集「四百三十円の神様」を読み了える。
 到着は4月17日の記事、届いた2冊(6)で報せた。
 集英社文庫、2019年2月25日・刊。定価:640円+税。
 僕はメルカリの400ポイントで購入した。
概要
 加藤元(かとう・げん)は、1973年生まれの女性作家。
 「四百三十円の神様」には、「四百三十円の神様」、「あの川のほとりで」、「いれずみお断り」、「ヒロイン」、「九月一日」、「鍵は開いた」の、6編を収める。
感想

 「四百三十円の神様」。元・プロ野球の名ショートだったが落ちぶれた男。同棲する女の財布を攫った男。働かずにいて離婚した父親。故障があり見込みがあまりないが学生野球に戻ろうとする話者・岩田。
 「いれずみお断り」。元・テキヤだが、妻子には逃げられていて、侘しい老人の死。
 「ヒロイン」。映画のスターだった女優の裏表。憧れる女性の、同棲相手は、2年前から働いていない。母親はだらしない。
 「鍵は開いた」。掌編連作。妻子ある男との不倫を解消する娘。合鍵を妻に捨てさせられる男。母は怒り父親から「失敗作だ」と言われる少年。泥棒の前科3犯だったが更生した中年女性。

 ダメな男女を描いてばかりだ。読んでいると、読者のダメぶりを炙り出すようで、自分も忸怩たる思いをする。
 しかし人のダメぶりは、人に誰にでも、部分的に、時期的にあるもので、特殊な場合ではないように思える。羽目を外さないよう、時に良い事もして、生活して行こうと思う。



 4月18日(第3木曜日)の朝9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まり、短歌研究会A第55回を持った。
 3月20日の記事、同・第54回に次ぐ。研究会Bを、メンバーの都合で抜かしたので、1ヶ月ぶりの再会である。
 それぞれ注文し、歌誌等の貸し借り、返却をした。
 短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討会である。

Mさんの10首より。
 1首めの下句「鍬打つ畑には蛙跳び出づ」を、「鍬打つ畑に蛙跳び出す」とするよう、僕が提案し、Tさんも同意した。
 4首めの「逝きしまま還らぬ地上に咲く桜東風吹かば散る右に左に」は、初句を「夫は逝き」に、4句を「東風吹けば」にするよう、僕が提案した。他に何ヶ所か。
Tさんの10首より。
 1首めの供花の歌、結句「香まゐらする」を、「香をまゐらす」にするよう、僕が提案した。
 9首め代搔きの歌の下句、「真白に耀く白山はあり」の4句を、「雪に耀く」にするよう、僕が提案した。他に何ヶ所か。

僕の10首より。
 4首めの山鳩の歌で、結句「無心に響く」を、自分ではなく山鳩が無心だとTさんが指摘するので、自分から「無心が響く」に直した。
 6首めの結句「何者か我」を普通の「我は何者」に直すよう、Tさんに提案された。他に何ヶ所か。

 検討会のあと、今期1ヶ月の僕の詠草、90首近くを2人に読んでもらい、感想をもらった。
 次回の研究会Bの日程を決め、11時頃に散会した。
0-28
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 現代短歌文庫92「続 米川千嘉子歌集」より、歌論4編と、解説3編を読み了える。
 先行する、歌集「一葉の井戸」は、今月13日の記事にアップした。リンクより、関連過去記事へ遡れる。
歌論4編
 「近代、二つの母子の歌 ―与謝野晶子と今井邦子」。12人を生んだ与謝野晶子が、出産の苦等を題材にした歌集「青海波」を残しながら、「生む性と母である命を肯定したのである。」とする。
 一方、今井邦子の歌集「片々」について、「一対一で子供に向き合う孤独を読みとるならば、邦子の歌はここでもあらためて現代的である。」とする。翌年の「光を慕ひつつ」では、「子供の成長とともに少し落ち着いてくる母の境地が生まれていて」と書く。自然な母性本能を信じる旧い思い込みに、反発があるようだ。
 「与謝野晶子をどう読むか ―述懐の文体と喩の魅力」。与謝野晶子の暗い歌を引きながら、中期以降の述懐の文体と共に、終生衰えなかった喩への情熱を挙げる。
 「岡本かの子と日中戦争」については省く。
 「『濁れる川まで』 ―空穂の律と心への試行」。師系を辿って、馬場あき子、窪田章一郎、窪田空穂(馬場あき子の在籍した「まひる野」の創刊時・主宰)まで、辿り得る。窪田空穂の「濁れる川」までの初期の歌集を、歌に寄り添い、丹念に読み解いている。

解説3編
 栗木京子、馬場あき子、河田育子の米川千嘉子・論は、彼女の歌が写実や生活直叙にならず、比喩などを用いて、生活を社会を、深く詠むことを讃える。男性の米川千嘉子・論を載せないのは、なぜだろう。
略年譜
 巻末に、略年譜を載せる。生活、歌集出版等を確かめるに便である。

 これで現代短歌文庫の正・続「米川千嘉子歌集」を読み了えた。これ以後の本は、Amazonの「本」カテゴリで、「米川千嘉子 歌集」と検索すれば、何冊も出て来る。そうそう買えないけれども(1冊を取り寄せ中である)。
0-29
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 最近に手許に届いた2冊を紹介する。
 届いた本では、今月12日の記事、児童文学誌「ぱらぽっぽ」38号(受贈本)に次ぐ。

IMG_20190416_0004 (2)
 まず加藤元(かとう・げん、女性作家)の短編小説集「四百三十円の神様」である。
 集英社文庫、2019年2月25日・刊。価格:640円+税。未知の作家さん。
 メルカリで、400ポイントで購入した。あるブログで、この作家だったか、この本だったか、とても褒めていたからである。

IMG_20190416_0002a
 本阿弥書店より、綜合歌誌「歌壇」2019年5月号が届いた。
 短歌作品の他、特集、特別企画、作品競詠、集中連載、往復書簡、連載評論等、4月号に予告の通りである。
 同・4月号の感想は、先の3月26日の記事にアップした。
 僕は綜合歌誌で、この1種のみを取っている。
 本阿弥書店への6ヶ月分の予約が切れたので、また6ヶ月分の送金をしなければならない。


 福井県俳句作家協会「年刊句集 福井県 第57集」より、2回目の紹介をする。
 同・(1)は、今月10日の記事にアップした。
 2019年3月20日・刊。2018年中の句より成る。
概要
 年刊句集の中心の「作品集」は、会長以下の役員順、名誉会員・参与、会員順、となっている。
 会員順は、福井地区、坂井地区、奥越地区、鯖丹地区、南越地区、敦賀地区、若狭東地区、若狭西地区の、大きく8地区に分かれている。各地区内の市・郡・町については、各地区の紹介内で述べたい。

感想
 今回は、会員順の初め「福井地区」(福井市、吉田郡)の前半である。会員数が多いので、約半分を読んだ。
 35ページ~65ページの31ページ、620句を読んだ事になる。
 短い詩型だから、手練の腕が要るようになる。「焼鯖の手際を褒めて半夏生」(F・照子)、「田植機とたつた二人の田植謡」(N・明徳)等の、土俗性も、題材として感慨深い。
 一方で、新しい語彙(ボキャブラリィ)を取り入れる方法も、俳句を新しくする手法である。時代は移るから、俳人年齢が上がっているようでも、時代に付いて行く必要はある。
 以下に引用の5句は、新しい語を取り入れた作品のみ、引いてみた。
引用

 以下に5句を引く。
山吹の花にママ友ベビーカー(T・京子)
母子してパソコン論議盆の月(S・和雄)
啓蟄や踵に測る骨密度(H・一枝)
自撮棒かざしてポーズ風光る(K・敏子)
参道に積もる落葉はミルフィーユ(I・貴夫)
0-27
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ