IMG
 BRILLIANT CLASSICS版の廉価版「ヴィヴァルディ作品集」(全66CD)より、10回目、51枚目の紹介をする。写真は、紙ジャケットの表。
 前回、
同(9)回目、44枚目の紹介は、先の7月20日の記事にアップした。
 この51枚目は、オペラ「テウッツォーネ」(全3CD)の1枚目である。
 僕などは、ヴィヴァルディの奇想風の器楽曲に親しみを感じるが、生存中はオペラ作家として有名だったらしい。しかしウィキペディアに当たってみると、多くのオペラ曲が「紛失」となっている。
 詩人・アポストロ・ゼーノの台本は、中国を舞台とする、恋模様と王位継承をめぐる問題を主軸にした、ドラマティックなストーリーである。
 ストーリーは聴き取れないが、オペラ(クラシック音楽)の美声と、歌謡曲・ポップスの美声は違う、という事を感じる。声を響かせるため、喉より発声し、深い響きを持つ。
 またオペラの歌は、多く会話であり、相手への思い遣りがこもっている。
 クラシックをよく知らない、オペラが苦手な、僕の感想である。