青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、仕舞いの第11歌集「日和」を読み了える。
 
第10歌集「後の日々」は、今月2日の記事にアップした。
概要
 原著は、2009年、砂子屋書房・刊。2003年~2007年の597首と、あとがきを収める。
 歌の数がやや多いのは、還暦以降は旧かなの歌に移行し、新かなの歌をすべて収めたせいである。
 この歌集のあと、「作品集 Ⅰ」には、細かい年譜と、初句索引を収める。
 この作品集のあと、歌集「夏・二〇一〇」(2012年・刊)がある。
感想
 付箋を貼りながら読んでゆくのだが、20余枚となり、このブログの例の7首前後には多すぎる。研究の仕事の思い深い歌・痛快な歌、孫との歌、顔の見えない母の夢の歌など、削らざるを得なかった。
 乳癌手術後の妻・河野裕子に関わる歌だけを残した。相聞歌を取り上げたい訳ではないが、彼の場合、歌人家族という特殊な関係の1員である事が、強い特徴であり、歌人家族の歌は大きな流れだった。
 還暦以降、河野裕子・死去(2010年)後も、研究に、短歌に、出版に、忙しく動いている。

引用
 以下に8首を引用する。
あそこにも、ああ、あそこにもとゆびさして山の桜の残れるを言う
さびしくて先に寝ねしか対応のまずさを娘はわれに指摘す
不意に泣き、顔裏返すように泣く ひとりの前にたじたじとわれは
段戸襤褸菊(だんどぼろぎく)はじめてきみが教えたる雨山(あめやま)に続く坂の中ほど
はかなくて傾ぎてわれに寄り添える人には重すぎてこの花の鬱
待ち続け待ちくたびれて病みたりと悲しきことばはまっすぐに来る
不機嫌がすぐ表情にあらわれるそこが青いと妻は批判す
河野裕子がインターネットにのめりこむ不思議な世とはなりにけるかな
0-94
写真ACの「童話キャラクター」の、「浦島太郎」よりイラスト1枚。