11月16日(第3木曜日)に、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会A第40回を持った。
 
同・第39回は、先の10月12日の記事にアップした。
 9時半よりの予定の所、僕は9時10分に着いて、スマホよりツイートを読んでいた。9時20分にはTさんとMさんが現われ、歌誌の貸し借り、返却のあと、研究会A第40回を始めた。
 研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの10首より。
 「ひと絞りして」→「ひと絞りする」と、述語を決着させるよう、僕とTさんが奨める。「南無阿弥陀仏と」→「称名唱へ」にするよう、Tさんが奨める。「心平たく」→「心落ち着け」にするよう、僕が奨める。「風がなぎ」→「風が凪ぎ」と漢字にするよう、僕が奨める。
 「色鮮やけし」→「色の艶めく」に抑えるよう、僕が奨める。「余燼のごとき蟋蟀の鳴く」の「ごとき」→「ごとく」に直すよう、僕が奨める。「焼鉄のごとき畦の草紅葉」の「ごとき畦の」が字足らずなので、「ごとき堤の」に直すよう奨めて、Mさんの了解を得た。
Tさんの12首より。

 「南風ほど良い加減に吹き渡り」→「ほどの良い加減に南風(はえ)は吹き渡り」を、僕が奨める。「預けてしまおう」は、旧仮名で「しまはう」だろう。「初々しかり」の結句を、3人であれこれ捜したが、「初々しけれ」くらいしか浮かばなかった。
 「早死にの」→「早逝の」に直すよう、僕が奨める。「今日を仕舞へり」を、参考別案より採って、「今日を仕舞ふか」にするよう、僕が奨める。
僕の10首より。
 「歌を書く」→「歌を詠む」に直すよう、Mさんが奨める。2句3句「コインランドリーより戻る」→「コインランドリー済ませ来る」に直そうと、自分で思う。同じ歌の「月九ドラマ」が、2人に判らないようだった。
 「四皿のお菜を昼に完食す冷蔵庫内あまりもの美味」は、「四皿のお菜を昼に温めて冷蔵庫内のこりもの美味」に、2人の意見を聞いて直した。
 そのあと、僕の今期1ヶ月の50余首を2人に読んでもらって、考えを聞いた。
 10時半頃に研究会が済み、次回の日程を決めて散会した。
0-49
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、鬼のイラスト1枚。