これまで紹介して来た僕のkindle本、柴田哲夫「詩集 日々のソネット」より、2、3編を紹介したいと思います。
 まず第2章「日々のソネット」の第2節「日々」より、標題作「日々」です。

  日々
     柴田哲夫

遠い日の
春だったか
秋だったか
小さな駅の

プラットホームから見た
街にそそぐ光
暮しの先の
あてどなさ

家はある
帰る途(みち)はある
仕事もある


しかし 光の
降りそそぐ地上で
心のあてどなさ
0-55
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。