僕が10月17日に刊行したkindle本、「詩集 日々のソネット」より、第1章「再任用職」のトップの作品、「ジュースの自販機」を、紹介します。


  ジュースの自販機
     柴田哲夫

職場の昼食のあと
近くの郵便局へ行くときがある
郵便物の投函 発送
本代や会費の振込み

ATMでわずかな額の出し入れ
車を民家の空き地に駐めるので
(迷惑料は郵便局から
貰っていると思いながら)


敷地の自販機で
愛想をかねて缶コーヒーを買う
自販機が「釣り銭、忘れんといてや

ひるからも、頑張ってや」と大きな声
おじさんの声に
慰められる自分がわびしい

0-53
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。