IMG
 今月5日の記事で、到着を報せた歌集、佐田毅「ほがらほがらの」を読み了える。
概要
 2013年、角川書店・刊。角川平成歌人叢書。
 2010年~2012年の作品より302首と、「あとがき」を収める。
 佐田毅(さた・たけし)氏は、1941年・生。1966年、「覇王樹」入会、1996年より「覇王樹」代表・編集発行人。
感想
 目立たないが巧みな暗喩によって、叙景や生活を表わす歌がある。
 また夫婦間の、ユーモラスな、あるいは立ち入るべからざる関係が、詠まれる。
 また東北地方大地震、原発災害も詠まれる。歌集名や読みぶりに危機感が少ないように感じられるかも知れない。しかし当時は、民主党政権時代であり、反権力の立ち場で来た者は、希望を持っていた。また原発被害も、福島県の1部地域のみで済むと思われていた。
 しかし、自民党政権下で安保法制、共謀罪などが成立し、改憲の動きがある現在、氏は「よこしまな世」と詠み(「覇王樹」2017年10月号)、トランプ大統領と北朝鮮の応酬を恐れる歌を詠んでいる(同・12月号)。
 氏にも危機感は、深まっているのだ。

引用
 多くの付箋を貼ったが、このブログの例によって、以下に7首を引く。
葉の陰にわが果たせざる夢鎮めひそかに咲かすねむの木の花
花びらにふれゐる娘の指先の和みのいろの河津のさくら
恩恵を安全神話に依存せしつけの大なる原発の事故
本日の妻の予定を問ひたれば「タイピンはそこよ!」と 多忙を極む
ちぎれ雲ちぎれて浮かぶ北の空 コーヒーカップに夏雲混ぜる
パソコンの扱ひ知らず打ちし文 キーの魔王が食べてしまひぬ
セシウムのほのかに含む稲の花 畦にゐ据り遠くを見つむ