角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、14番目の句集、秋元不死男「万座」を読み了える。
 先行する
「定本 木下夕爾句集」は先の11月28日の記事で紹介した。
概要
 原著は、1967年、角川書店・刊。1950年~1966年の826句、「あとがき」を収める。第3句集。
 同「大系」第8巻より、
第2句集「瘤」については、前ブログ「サスケの本棚」の2014年1月15日の記事で紹介した。
 秋元不死男(あきもと・ふじお、1901年~1977年)は、戦後1947年、「現代俳句協会」設立発起人となる。1948年、山口誓子・主宰の「天狼」創刊に参加。1949年、同・系の「氷海」創刊のち主宰。
 1961年、「現代俳句協会」脱会、「俳人協会」設立に参画。
感想
 俳句を生業として生きる決意が、句で吟じられている。
 句集「瘤」の時代から、「降る雪に胸飾られて捕へらる」の句のように、暗喩を用いた作に長じていた。
 しかしそれらレトリックも過ぎると、論語「巧言令色鮮(すくな)し仁」の諺のように、滋味少ないように感じられる。
 苦労をかけた妻が、彼の句を褒め、彼の行動を支えたようで、羨ましい点ではある。
 俳句を生業としながら、収載句数は別として、生涯に4冊の句集しか持っていない。1980年、「秋元不死男全集」全2巻(角川書店)がある。
引用

 以下に5句を引用する。
冷されて牛の貫録しづかなり
電工のいちにち高し原爆忌
悔と言ふ語音短し寒(かん)長し
まだ死ねぬ泥濘凍てて星揃ふ
鷗らに円遊の浮標(ブイ)年暮るる
0-05
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。