先の1月16日(火曜日)朝9時半に集合予定の所、15分頃に喫茶店前でTさんとMさんに会った。大雪の道路困難を心配して、早く家を出たのかも知れない。
 3人での短歌研究会A第42回である。先の
同・第41回は、昨年12月16日の記事にアップした。年末の研究会Bを休んだので、1ヶ月ぶりの再会だった。
 喫茶店の席に掛けて、3人ともモーニングを頼んだ。
 歌誌、歌集の貸し借り、返却をして、研究会に入る。研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの9首より。
 1首目の「庭隅にしんと椿が覗きゐる」の上句より、「椿の花が咲く」を僕が奨めた。しかしちょっと芸がなく、結句の「風花が舞ふ」の「花」とも重なるので、後にメールで「椿の紅(あるいは「白」)の咲く」に直しては、と連絡した。
 8首目の上句「山雀と鵯とが交互に鳴きて来る」は、「互みに来ては鳴く」にするよう、僕が奨めた。「互みに」は「かわるがわる」の意味もある。
 9首目の「除湿機の水流しより」をTさんが、「水捨てしのち」に直すよう奨めた。
Tさんの10首より。
 1首目の結句、「野寒布(のしやつぷ)岬」は「納沙布岬」と混同しやすいので、ルビを振るよう、2人が奨めた。
 9首目の2句3句「異形のものこそ恋しけれ」の2句が字余りなので、「異形のものの」にするよう(「こそ」なしの已然形はあるので)僕が奨めたが、Tさんは「こそ」に拘るので、僕は退いた。
僕の10首より。

 5首目の「「ああ多い」呻き句集を読みゆくに多いは悪に似るようである」の2句目「呻き」を「厚い」に直すよう、Tさんが奨める。句集で多いといえば句数の事で、採りたくない。
 9首目の3句から「パソコンの前を立ち来て外を眺める」の4句より、「立ち来て」を「はなれて」に直すよう、Tさんが奨めたが、原作の具体のままにしたい。
 そのあと、僕の今期1ヶ月の歌、60首近くを、2人に読んでもらい、感想をもらった。
 次の研究会Bの日程を決め、10時45分頃に散会した。
0-10
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。