角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、5番目の句集、山田みづえ「忘」を読み了える。
 先行する
草間時彦「中年」は、今月12日の記事にアップした。
概要
 原著は、1966年、竹頭社・刊。石田波郷・序、498句、石塚友二・跋、著者あとがきを収める。
 山田みづえ(やまだ・みづえ、1926年~2013年)は、1957年に石田波郷「鶴」に入会、1979年に俳誌「木語」を創刊・主宰した。
感想
 山田みづえは、1944年に大学を中退し結婚、1955年に2男子を婚家に残し、離婚した。
 家庭で最も悲劇なのは、幼い子の死去であり、離婚はそれに次ぐだろう。彼女も戦争の犠牲者であったか。
 父を亡くし(「露霜に暁紅顕ちて父は逝けり」)、母とは遠く(「栗食むや母は遠きに在りてよし」)一人暮らしをし、句風は鋭い。
 ややぎこちない所があるが、解説では第2句集「木語」(1975年)以降巧みになり、名人芸とさえ言われるようになったという。
引用

 以下に5句を引く。
春火桶妻失格のなみだ煮ゆ(別るゝと決む)
花虻や追憶ばかり相続す(相続放棄す)
空砲にも惑ひ翔つ鴨茜冷ゆ
白桃や弱音を吐かば寧からむ
晩涼や窓鈴なりの少女工
(注:今回より、文字の大きさの区分けが異なるようになったので、表記に違和があります)。
0-10
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。