角川書店「増補 現代俳句大系」第13巻(1980年・刊)より、8番目の句集、文挾夫佐江「黄瀬」を読み了える。
 先の3月23日の記事、
磯貝碧蹄館・句集「握手」に次ぐ。
概要
 原著は、1966年、「秋」発行所・刊。
 石原八束「序にかへて」、524句、著者・あとがきを収める。
 文挾夫佐江(ふばさみ・ふさえ、1914年~2014年)は、1934年「愛吟」入会、1944年「雲母」入会。1961年、石原八束「秋」創刊に参加、1998年に同誌・主宰。
感想
 1934年~1965年の作品を、17章に分けて載せる。幾つかの旅行吟連作があるが、僕は好ましく思わなかった。
 生活の句の外に、生まれたばかりの子を置いての夫の出征・被災・帰還などの戦災と、母の死、かりそめの想いなどの句が残る。
 繊細なレトリックはあるが、見得は切っていないので、嫌味はない。
引用
 以下に戦後の句より、5句を引く。
帰還兵なり雪嶺の下に逢ふ(1945年)
風邪の子に読むざら紙の童話一つ
海棠の花のおもさの闇となる
悴みて針見失ふ夜の畳
嵯峨菊の穂先に縋りつく暮光
0-44
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。