4月18日(水曜日)の午前9時半より、メンバー3人がある喫茶店の隅に集まって、短歌研究会A第44回を持った。
 メンバーの都合で、2月17日の記事で紹介した、
同・A第43回以来の研究会なので、2ヶ月ぶりの再会だった。
 歌誌、歌集の貸し借り、返却のあと、研究会に入る。Aはお互いの詠草の検討である。Tさんは、先日にけがをして体調不良で、詠草を持って来なかった。
Mさんの10首より。
 「はらはらと桜花ちる峡のみち歩みきしときうぐゐすの鳴く」を3人掛かりで「桜花ちる峡のみち歩むとき木立の上にうぐひすの鳴く」に直した。
 3首目の「のそりと出づる白き蛙よ」を順直に「白き蛙ののそりと出づる」に直すよう、Tさんが奨めた。
 6首目の下句「灯に照らされど寂しその白」より、4句を「灯に照らされて」に直すよう、2人が奨めた。
僕の10首より。
 5首目の「ひらけて見仰ぐ」は「仰ぐ」だけで見上げる意になるとTさんが指摘するので、僕は納得した。
 8首目の中句「配りきて」は「配りおえ」が良いとTさんが奨めるので、ニュアンスが微妙に違うと思いつつ、受け入れた。
研究会後
 僕の今期1ヶ月の30首程を2人に読んでもらった。
 また研究会Bの予定も決め、11時半頃に散会した。
0-34
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。