河出書房「ドストエーフスキイ全集」(米川正夫・全訳)第2巻(1956年・刊)より、短編小説「ポルズンコフ」を読み了える。
 昨年8月10日の記事、
(同)「九通の手紙に盛られた小説」以来である。
 なぜこんなに期間が空いたかと言えば、2編の間にある中編小説、「主婦」を読み進められなかったからである。それなら一旦、それは避けて通って(後時、読む日があれば幸いである)、次の短編小説を読む事にした。
概要
 周囲の者に無心して(小説では、借金して、と書かれてもいる)生活しているポルズンコフが、自虐ネタの笑い話で座興を惹く話である。
 下級官吏だった頃、上司の娘が失恋して、彼と結婚する事になった。しかし思い直した上司が芝居を打って、破約、持参金も返却させ、ポルズンコフを免官してしまう。しばらくして元・上司に出会ったポルズンコフが、「卑怯者」と言ってやろうとして、口から出ない始末である。
感想
 失恋した娘を嫁がせようとする親心、舞い上がってしまう下級官吏、思い直した上司官僚の冷酷さ、などが座興話的にうまく描かれている。
 当時の貧民の道化の心理、それを面白がる者たちの心理、貧しい者たちの世界を描いて、ドストエフスキーの1世界である。
0-23
写真ACより、「ゲームキャラクター」のイラスト1枚。