トントングラム
 先の4月20日の記事、「歌集2冊をダウンロード(5)」で報せた内、尼崎武「新しい猫背の星」に続いて、伊舎堂仁「トントングラム」をタブレットで読み了える。
 Amazonの諸版の発行年次、価格は先の記事にアップしたので、ご参照ください。
概要
 伊舎堂仁(いしゃどう・ひとし)は、1988年沖縄県石垣島・生まれ。都内の兄の所に居候したりしたが、2014年・当時には石垣市・在住となっている。凱旋帰国したのだろうか。
 「トントングラム」は、娘が生まれたなら付けたい名前だという。重さの単位の「トン」と「グラム」からと、戸を叩く「とんとん」の連想と、僕は平凡に考えてしまう。
 歌集の末に、加藤治郎・解説「過剰なイメージと繊細な自意識」、著者・あとがきを付す。
感想
 読み始めた時、読み通せるか不安になった。ストライクゾーンの広い僕とはいえ、ボールになって読み尽くせない本はある。
 ただし引用のためにメモを取りながら読むと、読めてくる。
 彼は「おもしろい人」と思われたいらしい。たしかに異想があって、面白い。このままでは単発だが、彼の発展や、後続者があれば、「面白い」は続くだろう。
 この異想は、生活の違和感から、時にへたれ的に来るのだろう。多くの人が感じている事から来て、多くの人の関心を引いている。
引用

 以下に7首を引く。
花束へOLさんのする会釈 瞬間的で、でも確実な
「どう元気?こっちは凹を見間違い♡と思うほどに順調」
その単二電池で動くご立派なポエムはどうかしまってください
小4でティッシュに書いたゆいごんにねむいとだけありうんかわらない
くさいねとOKの指でつまむから鼻声になるあなたと暮らす
田と海にひとりもいない、いないからこんなにクラクションがならせる
新品の電池が弱り切れるまでつかっていたのですか 歯ブラシ