短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、9番目の歌集「運河」を読み了える。
 先行する
歌集「風」は、先の4月6日の記事にアップした。
概要
 原著は、1949年、新協出版社・刊。277首、著者・巻末小記を収める。
 教育を受けたある恩師、竹馬の友である新協出版社・社主、結社「青垣」の師・橋本徳壽、装丁の棟方志功らへの感謝の言葉が、巻末小記に満ちている。
感想
 1949年は、私の生まれる前である。それを思えば、これらの歌は新しかっただろう。
 「私の罪」という言葉が出る。兵役に取られなかったのは理由があるだろう。また米軍の空襲に遭わなかったのも幸いした。また食事に困るほど困窮しなかった。専売局員として、当時、専売品だった塩の運び屋などを摘発した。妻ならぬ女性との恋慕もあった。
 世が少し落ち着いて来ると、それらが歌人の良心の責めとなって来るのだろう。
 8歳で失った実母を偲ぶ歌もある。
 結局、心の拠り所を、妻との生活に求めている。
引用

 以下に7首を引く。
うつしみの骨にはあらぬ木片(もくへん)の遺骨を守(も)りて苦しきを経め
老ゆるものなべてかかれか昼さへや濁りに沈む大き独逸鯉
吾がねむり浅かりしかばをりをりに海上の雷(らい)の余響を聞けり
明日にくる何も信ぜずねむりつつ夜のあけがたの乳いろの砂
ひとときの虹なりしかど吾が母をしぬぶゆふべの海に立ちたり
私の罪を思へり冬雲のくれなゐも早やはつかになりて
連翹の黄に彩(いろ)ふ妻の掌をとるに寂しすぎたる過去とも思ふ

0-57
写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。