cocoon 08
 今月16日の記事、「歌集1冊と歌誌2冊を入手」で報せた内、季刊同人歌誌「COCOON」Issue08を読み了える。
 
同・Issue07の感想は、今年3月26日の記事にアップした。
概要
 おもな概要は、上の「入手」の記事に挙げたので、ご覧ください。
 今号で1名が去り、新しく3名が加わった。同人歌誌に、歴史が生まれる。
 結社「コスモス」内の同人誌であり、シニア誌に「灯船」がある。
感想
 政治の歪んだ社会では、文学は圧されるのではなく、自壊するかのように見えて倒れる。それは若い人において著しい。
 新古の古典を学び、信念を持って進んでほしい。
引用
 N・まさこさんの「ドラゴンライダー」12首では、副詞の多用が目立ち、後退の顕われのように思える。
歩き出すことのできない桜たち ざわりざわりと花びらを蒔(ま)
 O・達知さんの「きらびき」12首では、家庭、仕事を大事にしながら、壮年にかかる孤独もある。
聞いてやるただそれだけのやさしさを亀のミニラはよく知っている
 O・和恵さんの「忘れない夏」12首は、新しく優れた、父への挽歌である。
再起動できるものなら一夜明け夢だつたよと誰か笑つて