7月19日(第3木曜日)の午前9時半より、メンバー3人がある喫茶店の1隅に集まり、短歌研究会A第47回を持った。6月20日の記事、同A第46回に次ぐ。
 僕が店に着いた9時25分頃には、TさんとMさんはすでに席にいて、声を掛けられた。僕はアイスコーヒーを、2人はコーヒーを頼んだ。
 歌誌、歌集、文庫本の貸し借り、返却をする。僕はTさんより、新鮮なトマトと茄子を一杯頂いた。

 研究会Aは、各自の詠草の検討である。
Mさんの9首より。
 1首目の上句が、「ジャズを弾きまたギャグを言ふギタリスト」を、僕が初句字余りになって良いなら、「ギタリストはジャズを弾きまたギャグを言ふ」にした方が、下句との繋がりが良い、と奨めた。
 3首目の下句「子燕が飛ぶ散りぢりに飛ぶ」の「散りぢり」に僕が引っ掛かると、Tさんが結句「縦横に飛ぶ」とする案を出した。
 5首目に西洋朝顔を詠んで、4句に「密かごと咲く」とあるのを、「密かにも咲く」とするよう、僕が奨めた。他に何ヶ所か。
Tさんの8首より。
 1首目の3句4句「しろじろと輝きて在り」を「輝きてしろじろと在り」にすると、Tさん自身が推敲した。
 4首目の下句「この青田のうへ行くしら鳥」を結句「しら鳥は行く」にして、音数を合わせ、動詞止めにするよう、僕が奨めた。他に何ヶ所か。
僕の10首より。

 4首目・下句「影の覆ひて通う風ある」の4句が具体的でなく、何の影だったかとTさんが問うので、「木陰のもとに」に自分で直した。
 10首目「あの人はファミリーマートに…久々に訪う」人は、好きな人かとTさんが問う。結句の「訪う」が大げさなのかと、「久々に行く」に自分で直した。他に何ヶ所か。

 詠草研究のあと、僕の今期1ヶ月の80首ほどを、2人に読んでもらい、感想をもらった。
 次回の日程を決め、11時頃に散会した。
0-73
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。