IMG_20180908_0001
 砂子屋書房・現代短歌文庫「藤原龍一郎歌集」より、初めの「夢みる頃を過ぎても」を読み了える。
 入手は9月9日の記事
「届いた2冊」で、同・歌集(正)(続)を挙げた。
概要
 彼は1952年・生。1971年・慶応大学入学。1972年に早稲田大学に移る。1971年。「短歌人」入会。
 原著は、1989年、邑書林・刊。
感想
 この歌集は、政治の季節に遅れて来た青年の、悲壮な情熱が虚しい現実に置かれ、悶える歌群である。
 19歳から37歳に渉り、大学卒業、就職、フリーランサー、AMラジオ局のディレクターと移り、彼にも挫折はあったのだろう。
 幾度か書くのだが、僕がもっと早く短歌を詠んでいたなら、苦しい青年時代を過ごさなくて済んだだろう、という思いがある。現実には1987年の「サラダ記念日」以後数年を経て、1990年、40歳頃に短歌を始めたのだった。高校生時代、文芸部の先輩が残した部誌に「若水の」などとあると、古く平凡だと見下げていた。もっと早く、短歌の力に気付くべきだった。
 知っている芸能人、固有名詞があり、同年輩の熱い歌集として、これから読む優れた歌集も楽しみである。
引用

 以下に7首を引く。
散華とはついにかえらぬあの春の岡田有希子のことなのだろう
世紀末そのAMの黄昏に「亡びて永遠(とわ)に」などと気どれば(マリオン前)
夢に顕つ見返り美人、月に雁、びいどろを吹く女とは何?
人生を八面体のサイコロにたとえ意味なき悲秋の都
土砂ぶりの雨の紫陽花色褪せて比喩で語れる人生なんか
いつか時代は季節となりて身辺に咲く花の色鳴く虫の声
テクノ・ギャル、美食家(グルメ)、通り魔、凍死せる浮浪者、歓喜の市を飾りて