すべて真夜中の恋人たち

 川上未映子の長編小説「すべて真夜中の恋人たち」を読み了える。
 先の9月22日の記事
「届いた1個と1冊」で、メルカリよりの到着を報せた。
概要
 初出:「群像」2011年9月号。
 単行本:2011年10月、講談社・刊。
 講談社文庫:2016年8月、18刷。
感想
 読み了えて、正直、失望した。長い助走を経て、クライマックスが、主人公・入江冬子が恋人・三束さんの手をとって、愛を告白する所だった。約束した入江の誕生日に、三束は現われず、連絡が取れなくなる。三束よりの手紙で、彼が失職した者で、教師と経歴詐称していた事を詫びられる。
 男性、読者に媚びていない。そうして書くと、このような小説になるのか。読後、昔に読んだ堀辰雄「風立ちぬ」を思い出した。結核病棟に娘さんを見舞うだけの恋だったと記憶する。事実に近い部分もあったようだ。
 周囲の女性友人の、様々な生活も見聞として語られるが、ピント外れのようだ。夫婦とは、愛憎のドロドロから澄んでゆくものではないだろうか。個の本性には、エゴも思い遣りもある。