IMG_20181106_0002
 最近に入手した4冊を報せる。
 
同(1)は、今年8月10日の記事にアップした。
 まず服部真里子の第2歌集「遠くの敵や硝子を」。2018年10月19日、書肆侃侃房・刊。
 価格:2,268円。Amazonで予約募集中からほしかった本を、11月4日に注文し、5日に届いた。
 第1歌集「行け広野へと」に好感を持ち、前・ブログ「サスケの本棚」の2015年4月6日の記事(購入は3月31日)にアップしたが、名前を間違えるなど、ここにリンクしたくない。
國森春野 いちまいの羊歯

 國森晴野・歌集「いちまいの羊歯」。書肆侃侃房より。
 kindle版:2017年4月27日・刊、800円。

岡野大嗣 サイレンと犀
 岡野大嗣・歌集「サイレンと犀」。
 単行本:2014年12月15日・刊、1、836円。
 kindle版:2016年6月4日・刊、800円。
 上記2冊の歌集は、書肆侃侃房「新鋭短歌シリーズ」の内で、kindle unlimited版を、11月4日にタブレットへダウンロードした。

幸田玲 再会
 大山賢太郎氏が配信の「本の棚」に、幸田玲の小説「再会」のkindle本が0円で出ていたので、11月5日にダウンロードした。35ページ。
 幸田玲のkinndle本
「月曜日の夜に」の感想を、先の9月4日の記事にアップした。
 彼女はインディーズ作家として活躍していて、僕も応援したい。