3月19日(第3火曜日)の午前9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まり、短歌研究会A第54回を持った。
 2月20日の記事、同・第53回に次ぐ。リンクより、研究会Aの過去記事を遡り得る。
 僕がツイッターを繰っていると、繰りおわるまでにTさんとMさんが現れた。僕はアイスコーヒーのモーニング・セット、MさんとTさんがアメリカン・コーヒーを注文した。
 歌誌の貸し借り、返却をする。
 短歌研究会Aは、お互いの詠草の検討である。

Mさんの10首より。
 6首目の第4句、「怒れる吾に」を「怒鳴る私を」と具体的にするよう、Tさんが提案した。
 10首目の4句、「掛け置きてやる」を、「壁に掛けやる」にするよう、僕が提案した。
 他に何ヶ所か。
Tさんの10首より。
 9首目の2句、「過ぎたれば春の」を「過ぎれば」とするよう、僕が提案すると、Tさんは自ら「過ぐれば」と直した。
 10首目の結句、「人ぞ豊けし」を、「人ぞ豊けき」と係り結びを決めるよう、僕が提案したが、最近は係り結びを結ばない場合もあるので、Tさんの判断に任せる事になった。
 他に何ヶ所か。
僕の10首より。
 1首目の結句、「彼を善しとす」が文語なので困ると僕が言うと、Tさんが「彼を肯う」を提案し、僕も納得した。
 8首目の新パソコンの歌の下句「スリープのまま起きてはこない」を、パソコンが立ち上がらないのかとMさんが心配するので、後に「スリープのまま 起こされるまで」と自分で直した。
 他に何ヶ所か。


 検討会のあと、僕の今期1ヶ月の80首ほどのプリントを、2人に読んでもらい、感想をもらった。
 3月末の研究会B(「宮柊二歌集」の読み込み)は、Mさんが忙しいとの事で1回パスし、4月の研究会Aの日程を決め、11時頃に散会した。
0-19
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。