「覇王樹」5月号
 所属する結社歌誌「覇王樹」の2019年5月号を、短歌作品中心に読み了える。
 本号の到着は、先の4月28日の記事、歌誌と歌集とエッセイ本にアップした。リンクより、過去号記事へ遡れる。
概要
 何回か紹介したけれども、本誌には「覇王樹歌人の歌碑」の連載があり、今回で29回を数える。今回は、「石野義一(よしかず)の歌碑」である。愛媛県南宇和郡の八幡神社の横に在る。歌人の経歴、歌碑建立の経過を述べ、歌人と歌碑のモノクロ写真2枚と共に、2段組み見開き2ページにわたって紹介されている。
 ホームページ「短歌の会 覇王樹」も既に5月号の仕様であり、大きな励みになる。
感想

 以下に3首を引き、寸感を述べて、感想としたい。
 「爽什」欄のN・ヱツコさんの「底を照らせば」6首より。
叶はざりし夢のいくつか踊り子の真似して一人ステップを踏む
 独り身となった今、夢を抱えていた娘時代に心は戻り、ステップを踏むのだろうか。
 「東聲集」欄より、本誌・編集人の佐田公子さん「君は光に その二」6首より。
月影が君の魂連れゆくや窓を慌ててわれは閉ぢたり
 昨年末のご夫君、佐田毅・代表・発行人のご逝去の挽歌を、繰り返し詠んで来た。昨年中の一人息子さんのご逝去と共に、嘆きは深いと察する。
 「游芸集」欄のA・秀子さんの「数の子」6首より。
味気なきみそ汁二口三口すすりをへ今日の始まる特養の朝
 マイナスな感情を詠みながら、字余りを含め調べは整って、上品に表している。