5月30日(第5木曜日)の午前9時半、メンバー3人が喫茶店に集まって、短歌研究会B第33回を持った。
 同・第32回は、先の4月27日の記事にアップした。
 僕がアイスコーヒーのモーニング・セットを食べおえ、スマホを見ようとした所へ、二人も集まった。それぞれ注文し、歌誌の貸し借り、返却をした。

 短歌研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込みである。
 今回は、163ページ、第7歌集「藤棚の下の小室」(1972年・刊)より、「隠岐(一)」の章より入る。
「隠岐(一)」の章。抄出で4ページに渉る大連作である。
 初めの「対馬海流」の歌の中句、「振放(ふりさ)けて」は、振放ける、の語が辞書にない、と僕は思っていたいたが、古語の「振放く」で広辞苑に載っている、と2人に指摘された。現代文法の歌を約3年作って、古語を忘れかけたのだ。結句「潮青光る」は、安易に「青潮光る」と結んでしまいそうだが、厳密性を求めたのだろう。
 各首にはそれぞれ工夫があり、Tさんは男盛りの充実した時期だったのだろうと、感想を述べた。
「浄瑠璃寺」の章。

 「忿怒相(ふんぬさう)」と始まる歌の、持国天王像は、四天王の一つで、甲冑を着けた忿怒武将形に表されるという。
 「塔と堂」との歌の下句、「彼岸(ひがん)此岸(しがん)の石灯籠見ゆ」は、優れた対比の歌だと、話し合った。
「胸奥」の章。「きょうのう」ではなく、「きょうおう」と訓じるらしい。
 「種の別は」の歌は、外国の部族戦争を詠むらしい。
 「道の辺(べ)に」の歌の下句、「渦巻けるごとき林檎の皮」の字余り、字足らずは、「渦巻けるがの林檎の皮を」と或いは定型に収められる所を、敢えて強調したのだろう。
「朱鷺幻想」の章。1963年の作品に入る。
 長歌1首、反歌2首、すべてを収める。
 長歌1連より、外れるかも知れないが、「離々たりし穂も実も今は」の歌の「離々」は間違いやすいけれども、「穂や実が稔って垂れるさま。」(「広辞苑」第7版より)である。


 多くの感想、意見をここに書ききれない。
 10時半過ぎ、次回の日程を決め、散会した。
0-43
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。