土曜美術社出版販売の新・日本現代詩文庫150「山田清吉詩集」より、7番めの「自然生死」全篇を読み了える。
 先行する「土偶(でこんぼ)」(抄)は、今月16日の記事にアップした。



 「自然生死」は、2019年、土語社・刊。31編と、あとがきを収める。
 第Ⅰ章では曾孫や食欲の話から、自分の葬儀の話に移る。
 「早稲田」では、「不可思議である 田んぼの力 奇怪千万/百姓の己
(うら)何をした なんもせなんだ」と、大地の恵みを歌う。
 第Ⅱ章では、原発事故から反原発を歌っている。「他人事に非ず」で、「命より金じゃ 金じゃ 金狂い/憲法なんか糞くらえ」と、恐ろしい世相を表す。
 第Ⅲ章では、戦時下体験から、反戦を歌う。「探し物-其の一」「同-其の二」では、捕虜虐殺の写真を見た体験から、戦争の残忍さを描いている。
 なお「自然生死」は「じねんしょうじ」と、読むと思われる。
 この後のエッセイ3編、3氏の解説5編の感想は、省略する。
原発
写真ACより、「原発」のイラスト1枚。