谷崎精二・個人全訳「ポオ全集」(春秋社)第3巻(1978年・5刷)より、長編小説「ゴオドン・ピムの物語」の1回めの紹介をする。
 先行する短編小説「軽気球虚報」の感想は、10月24日の記事にアップした。



 「ゴオドン・ピムの物語」は、この全集で133ページ~332ページ、200ページの長編小説である。今回は173ページまで、第3章までを読んだ。
 学校で親しくなったオウガスタス(彼は船長の父と、捕鯨航海をしたことがある)と、持ち船の帆船アリエル号で、大酒のあとピムは船出し、嵐に遭って捕鯨船にようやく助けられる。
 オウガスタスの父バアナアドが、捕鯨航海に帆船グラムパス号で出港する時、ピムはオウガスタスと相談して、内緒で乗り込む。船倉に一人で潜むが、オウガスタスとの連絡が取れなくなり、灯りも点せず苦しむ。数日のち、オウガスタスはやって来て、水と食料を呉れる。オウガスタスがなぜ長く訪問できなかったかを話し出す所で、第3章の仕舞いとなる。
 ポオは想像力の限りを尽くして描いている。僕はこの冒険小説に付いて行けるだろう。

5 (4)
写真ACより、「秋の人物コレクション」のイラスト1枚。