CIMG9000
 砂子屋書房・現代短歌文庫「森岡貞香歌集」(2016年・刊)より、初めの歌集「白蛾」全編を読みおえる。
 原著は、1953年、第二書房・刊。
 1945年秋、夫が帰還したが、翌年春に急死した。
 一人息子との、寄る辺ない生活が、空想をまじえて描かれる。
 字余りの句も多く、整った作品ばかりとは言いがたい。
 しかし三島由紀夫の帯文、また戦後の風俗と合ったのか、好評で迎えられた第1歌集だったという。
 なおこの文庫には、あと「珊瑚数珠」と「百乳文」の全編を収める。
 以下に7首を引く。1部、正字を新漢字に替えてある。
壁に近く粉刷きをれる貌がわれ悲しみつきてほほゑまむとす
すり硝子黒くにじみて部屋の外をわれに近づきまた消ゆる影
月に照り枯生のやうな古畳さみしき母と坐らぬか子よ
あかあかと手足もそまるいまの日暮れに直に通へどかの日は過ぎぬ
からまつの厚き落葉にわれは坐り子は鞠のごとはづみてゐたり
群集に押さるるままに駅を出て放たれしわがあゆみの懈き
膝組みてたどたど毛絲織るわれは古代のをんなよりもくるしむ