kindle本「橘曙覧全歌集」より、第5集「白蛇艸(しろへみぐさ)」を、タブレットで読みおえる。
 このkindle版・全歌集の優れている点の1つは、詞書(ことばがき)をすべて載せている事である。
 幾冊かの全歌評釈書が出版されているが、煩瑣と見るのか、詞書を省略しているようである。
 橘曙覧(1812年~1868年)が、貧しいながら、他人の所蔵する絵画を欲しがって、手づるを使って入手し、とても喜ぶ歌(例えば以下の4首め)など、ユーモラスな面がある。
 以下に5首を引く。
破れたる硯いだきて窓囲む竹看る心誰にかたらむ
真名鶴の立つる一声鳴(なき)やみて後(のち)も響をのこす大空
うちわたす野山の広さゆく水のながさ目にあく時なかるべし
痩肩をそびやかしてもほこるかな雲ゐる山を手に入れつとて
更科やをばすて山にまさる月なぐさめたりき夜はのねざめを
柿3
フリー素材サイト「Pixabay」より、柿の一枚。