CIMG9085
 ある日、メールが流れて(ぼかして書く事情がある)、同人歌誌「COCOON」創刊号(正しくはIssue01)の購入を勧められた。
 1冊500円で送られて来、継続購読を勧められたので、第2号~第5号の4冊も予約した。
 「COCOON」は、結社「コスモス短歌会」内の同人季刊歌誌「棧橋」(120号で終刊)の後継誌で、若手が集まり、シニアの「灯船」と兄弟誌である。
 同人23名(1965年以降生れ)、発行人・大松達知。
 大松さんの「創刊のことば」と「創刊までのこと」が、力強い。
 以下に4首を引く。
 K・育子さんの「青葉風吹く」48首より。
路地ひとつ曲がればしろくふくらめる月をいくつも連れ帰りたり
 K・智栄子さんの「星の子」12首より。
ゲンバクハ降ッテ来タノデハアリマセン落トサレタノデス 青桐がいふ
 オバマ大統領の広島訪問を否定しないが、政治の言葉に文学のレトリックを用いる事は(詩人でも、そう書かないだろうが)、文学への侮辱である。原爆はアメリカの科学者が作り、大統領が命令し、爆撃機から落されたのであって、「死が天より降って来た」のではない。
 K・絢さんの「プラム」12首より。
外食もいいけど家の食事だな そんな顔して乳を吸ふ子だ
 I・佑太さんの「上弦の月」12首より。
三日月のかたちにねむる猫のうへ夏の夜明けの雲ながれをり
 大松達知さん、小島なおさんをはじめ、皆様の力詠を期待する。