結社歌誌「コスモス」2016年10月号より、「COSMOS集」を読みおえる。
 「COSMOS集」は、「あすなろ集」と「その二集」の特選欄である。
 「あすなろ集」より30名、「その二集」より12名が、各5首ずつ載る。
 まれに6首掲載があって、今号では「あすなろ集」より3名、「その二集」より2名だった。
 「COSMOS集」には、何といっても栄誉を得る勢いがある。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。
 「その二集」特選より、K・哲虎さん*(←新かな遣いのマーク)の「プロボクシング」5首より。
後楽園ホールのチャンピオン戦の夜 濁る意識のまま担がれぬ
 元プロボクサーという、珍しい経歴を持つ歌人である。
 初句2句の乱れが、KOされる時の意識のようだ。
 プロボクサー歴を詠い尽くしてからが、勝負所だろう。
apple1
フリー素材サイト「Pixabay」より、リンゴの1枚。