風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

パソコン・ネット

CIMG0508
 あかつきさんのブログ「あんこと麦と」の、10月14日の記事「カレンダー作ってみました11月編」より、カレンダーを取り込み、A4判にプリントした。
 印刷までの手順は、記事に書いてある。
 さっそく部屋の横梁(?)に、画鋲で留めたが、いよいよ出番である。
 パステル風な絵で、愛猫の、あんこさんと麦君が紅葉の山に入ったところを、とても可愛く仕上げている。
 これから、このカレンダーを観るたびに、心が和みそうだ。


 10月6日(金曜日)と10月9日(月曜日、体育の日)に、ブログのサイドバーを少し変更した。
 カテゴリ別アーカイブの、2項目を削除、2項目を追加した。
削除 
 先ず上のほうから。カテゴリ「パソコン・ネット」の、サブカテゴリ「Facebook」1件、「PrimeService」1件を、長く追加記事がないので、サブカテゴリ「その他」に移した。
追加
 カテゴリ「その他」より、「受贈本・他」カテゴリ6件を別にした。受贈本、結社誌、等が届くたび、記事アップしながら「その他」に入れるのが心苦しかった。カテゴリはあまり増やすと、見にくいと判っていたが。
 またカテゴリ「その他」より、カテゴリ「詩の催し」10件を別にした。詩の催しに再び参加するようになり、これからも続けて行く積もりだからである。
結論
 カテゴリの変更は、元のカテゴリから該当記事の日付けを書き出し、ブログ管理ページの「記事一覧」で、1つずつ探し当てて変更する。
 手間の掛かるわりには目立たない作業だ。しかし未来を見詰めた作業である。
0-92
写真ACの「童話キャラクター」より、「浦島太郎」のイラスト1枚。



 9月12日の記事、かん吉「人気ブロガー養成講座」(3)の、Part7に、「魅力的なプロフィールを書く」がありました。
 その中のアドバイス、「書けることは何でも書く」、「実績は公開しよう」などに従い、かん吉さんのブログ「わかったブログ」のプロフィール欄も参考に、このブログのプロフィールを書き換えてみました。
 PC版では、右サイドバートップの、プロフィールの「新サスケ」をクリックしてください。またスマートフォン版では画面をずっと下にスクロールして、「読者ボタン(Twitter、Facebookページ)」の下、3カウンターの上に、アイコンマークの右、「新サスケ」の文字がありますので、それをタッチしてください。
 それぞれ、ほぼ9月19日に書いた、プロフィールが現われます。
 PC版では、狭い枠に、改行が効かずずらずらと並ぶので、やや読みにくいかと思います。スマホ版でも改行は効きませんが、画面一杯に表示されます。
 <略歴>で出生、職歴など。<詩歴>に継ぐ<著書>では3冊の詩集を。<受賞歴>では2つの小さな詩の賞を。<歌歴>では、25年を越える短歌との関わりを。それに現在の所属等の<現在>、幾つかの<資格>、<ブログ>を。それぞれ簡単に公開しました。
 このブログを読んでくださる、一助になればと思います。
 (追記)「詩歴」を、詳しく書き直しました。
0-86
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。



 このブログ「風の庫(かぜのくら)」を、2016年9月3日の記事「ブログを移転します」より、本格的に運営し始めて、1年と数日が過ぎた。
 なお僕は、2007年4月4日より当日まで、
ミテログ「サスケの本棚」を運営しており、更新は3,075回を数えた。ブログ機能に不満などもあって、ライブドアブログに移った。
 幸い、アクセス数は、「サスケの本棚」時代より、増えている。
 現状に満足ではなく、努力を積み重ねてゆきたい。
 皆様のご支援をお願いする。
0-19
写真ACの「童話キャラクター」より、「シンデレラ姫」のイラスト1枚。



IMG
導入
 あちこちで話題のアプリ、Evernoteを導入した。
 アンドロイドのスマホより、「Evernote」でGoogle検索し、正規版をダウンロードした。支払い方法を求められて、乗りきった。
 今は無料版なので、2デバイス(機器)に限られるらしく、デスクトップ・パソコンと共有した。
 メモの他、写真、音声、Webページを、記録できる。
使用
 まず、自分の短歌を書き込んで行った。これまでは、契約の切れたスマホの、メモ機能を使っていた。
 スマホのEvernoteのノートより、パソコンのワードに書き込む時に(パソコンより印刷は出来るが、縦書きにするため)、とても楽だ。スマホのメモは、1首1欄だったが、ノートでは連続して見られる。字も小さくない。
 スマホのメモは、一定時間過ぎると画面が暗くなって、1首を写すにも気を遣った(設定の問題だが)。ノートでは、内容を閲覧し、終了するまでその気遣いはない。

 古いスマホの必要は、なくなりそうだ。
 まだノートを作り、書き込み、終了し、不要なノートを削除するだけである。ノートブック、タグの機能も使っていない。
マニュアル本
 僕は、囲碁も園芸も、解説本より入った。IT関係も同様である。
 今回も、アマゾンのマーケットプレイスより、中古のマニュアル本を買った。本格的な新しい本もあるが、後の事とした。
 買った本は、リンクアップ・著「かんたんEVERNOTE」(技術評論社、2014年10月・刊)である。(写真は、その表紙)。
 初めより終いまで読む本ではないので、基礎の後は、何かあった時に、事項を探して読みたい。



↑このページのトップヘ