風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

パソコン・ネット

 今日2回目の記事更新です。
 10月10日(水曜日)午後、カテゴリ別アーカイブの再分類をしました。小規模な事です。
 「読書」カテゴリの子カテゴリ「その他」が41件となり、不自然だからです。
 カテゴリの数の多い事は、見っともないと思いましたが、「その他」の件数が増えてからでは面倒と、決行しました。


 「ブログ設定」から「記事カテゴリ」に入り、「新しいカテゴリを作る」より、親カテゴリ「読書」を指定しつつ、子カテゴリ2つ「ガイド本」、「評論、エッセイ、対談集」を作りました。順番を調整して、準備はできました。


 「記事一覧」に戻り、「読書」―「その他」カテゴリを指定して41件を選び、1件ずつ新しいカテゴリに入れるか、「その他」に残すか、選びました。子カテゴリ別に表示させ、間違いがないか確認して、完成です。


 この場合、「ガイド本」(17件)、「評論、エッセイ、対談集」(18件)、「その他」(6件)となり、「その他」が大幅に減りました。使いやすいかどうか、それは読者判断に任せます。
0-04
写真ACより、「ハッピー気分」のイラスト1枚。


 今夜の記事更新は、お休みします。
 風邪気味で、微熱、悪寒、くしゃみがありました。
 葛根湯を飲んで、少し良いようです。
 またすぐ復活します。
 お休みなさい。

0-97
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 結社歌誌「覇王樹」2018年9月号に載せて頂いた小論、「啄木『一握の砂』の「道・路」」をネットにアップすべく、僕のHP「新サスケ’s Ownd」のページに数日掛けて打ち込み、完成しました。
 上の赤色の字の題名をクリックすれば、小論・記事にジャンプします。
 これは「覇王樹」の年間の散文テーマ「道・路」に応じたものです。

 AmazonのKindleより、啄木『一握の砂』を無料ダウンロードし、検索機能で「道」・「路」の付く歌を選び出しました。さすがにそれにメモを付けてゆく膂力はなく、Wordに間隔を空けてキーボードで写し、資料に当たりながらプリントにメモを増やしていきました。
 原稿量に制限があるので、Wordの原稿用紙、20字10行、15枚にまとめました。誌面ではルビが振ってありますが、原稿用紙にルビを打つ方法がわからなく、手書きでルビを添えました(HPでは、()の中に入っています)。

 記事としては長いですが、啄木の1面が現われているかと思います。横書きながら、どうぞご一読くださいますように。
サボテン紅玉
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


CIMG1088
 今日2回目の記事更新です。
 先の9月30日(日曜日)に、パソコン内のデータの簡易バックアップをした。
 今年6月5日の記事
「データの簡易バックアップ」に次ぐ。
 使用したUSBメモリは、上のリンクの写真にある、前々回の2017年12月16日付けの、TOSHIBA製32GB・メモリの、使いまわしである。
 データを収めたあと、日付けタイトルを替え、セロハンテープで留めておいた。剥がれる事なく、内容を間違わない。

バックアップ スクリーンショット (2)
 内容のスクリーン・ショットである。
 不要の項目もある。マイピクチュアの3,410枚が大きい。写真ACより、毎朝送られて来る写真・イラストより、ブログ・HPに添付するためダウンロードしたイラストが多い。
 あとマイドキュメントより少しを保存する。
 ホームページのお気に入り(bookmark)、メールのメールアドレスを、マニュアル書を参考に(いつまでも覚えられない)バックアップする。
 このところ、少し不調気味のデスクトップ・パソコンだが、少し安心である。


CIMG9594
 今日2回目の記事更新です。
 プロ・マンガ家、ブロガーとしてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の9月30・記事
「10月のカレンダー(マンガの話18)」より、今月も2018年10月のカレンダーを頂きました。
 このブログの
9月カレンダーの記事は、9月1日にアップしました。
 誰でもブログ「あんこと麦と」の記事より、鮮明なカレンダーをダウンロード、プリントできます。ただし再配布と販売は禁止です。
 僕はダウンロードしたカレンダーをA4判にプリントし、パソコン机の脇に貼りました。台形補正カメラで撮影し、パソコンに取り込み、補整しました。明るさ、シャドウ、ハイライト、彩度を上げてあります。
 しかしイラストの絵が掠れ、横平行も少し斜めになったようです。
 イラストは、ハロウィンの夜空を、あんこさんと麦くんが飛ぶ景です。
 ブログに写真を掲載の件は、あかつきさんに前以って了解を得てあります。ありがとうございます。
 曜日の確認などに、しばしば使っています。


 今月23日の記事「レベル・アップ?」で、「kindle メモとハイライト」を見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事を、僕のレベル・アップだろうと書いた。
 そのついでに書いた、スクリーンショットの方法をポイント・アップ(1)、Chromeとnoteのダウンロードをポイント・アップ(2)だとすると、今月26日にポイント・アップ(3)と呼びたい事があった。

 kindle本「デジタル読書の技法」のその個所では、「kindle ハイライトとメモ」よりWord等のテキストに写し(僕は直接Evernoteに写したが)、それをクラウドストレージサービスに写すよう、勧めていた。WordよりEvernoteに写せるなら、EvernoteよりWordに写せるかも知れない。

 僕はこれまで、スマホのEvernote(パソコンと共有)に詠んだ短歌(横書き)を入れ、そのスマホの画面を見ながら、パソコンのWordにキーボード打ち込みで縦書きに入力していた。

 始めからEvernoteの横書きを、Wordの縦書きにするのは無理だろう。Wordの縦書きの短歌白紙稿を、いったん横書きにして待つ。スマホと共有しているパソコンのEvernoteの短歌稿と、Wordの白紙稿を画面に並べ、EvernoteよりWordにコピペして、成功した。これでキーボードを経ての入力を免れる。

 Wordの横書き歌稿を縦書きに直し、少々手直しをすればOKである。ただし初めは、「短歌白紙稿(横書き)」のファイル、「短歌横書き稿」のフォルダを、「マイ・ドキュメント」の「覇王樹 歌稿」フォルダに作らなければいけない。これからはマウス操作で、短歌の転写がほぼ出来そうである。
0-93
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 昨日の2回目の記事更新のあと、気が引けてHPの記事を更新していました。
 画像も付けて、完成、という時に消失しました。
 スタートボタンより、検索しても判りません。別室の妻(パソコンに関して、僕より詳しい)を呼んでも、引き出せません。
 夕食を摂って気持ちを落ちつけ、この「風の庫」の更新を休もうか、以前の詩(福井新聞に掲載済み)でも載せて、逃げを打とうかと思いました。
 しかし気になるので、HPの管理画面から、「記事を書く」欄を開くと、「公開していない記事がありますが、復元しますか」の1行が現われました。もちろん、復元です。妻の方へ「やった!復元した!」と叫んだのち、記事の体裁を確認し、公開しました。
 それが
「書類の始末と文庫本カバー」という記事です。作り話ではありません。
 この「復元しますか」に救われた事は、今回だけでなく、以前にも2、3回ありました。
 以上もって、今日の記事とします。
0-03
写真ACより、「ハッピー気分」の1枚。実際はドキドキですけれども。


↑このページのトップヘ