風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

パソコン・ネット

 今日2回目の記事更新です。

 同人詩誌「群青」(2015年11月、第34号で終刊)に交代で載せたエッセイの内、自分の書いたものを、散文中心のホームページ「新サスケ’s Ownd」に逆年順に転載してゆこうと思います。

 まず「群青」第33号(2015年6月25日・刊)に載せたエッセイ、「図書カード」を今日(1月19日、土曜日)に書き込みました。妻より譲られた図書カード1枚の顛末です。

 以下にアドレスを貼りますので、是非ご訪問ください。

https://masakyf-diary.amebaownd.com/posts/5586778

0-34
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



 多くのブログは個人発で、元々平等だから、ネット社会には珍しい事が起きる。
 僕の詩歌を載せ、読んでもらうだけでなく、自分の作品のデータベースともして、アメブロ(アメーバブログ)「新サスケと短歌と詩」を運営している(アクセス数はわずかである)。
 マイページには、「フォローフィ-ド」があり、詩歌のブログを含めて、10余のブログをフォローしている。
 その中に、あぽりさんの「絵日記でございます」が人気を集めて、今日の記事「夫と私の馴れ初め(55)話」が、2,556いいね!を集めている。このいいね!は、アメブロの読者が付けるもので、他のフェイスブック等に繋がっている訳ではない。
 比較に出して申し訳ないが、俳優・高橋英樹さんの「高橋英樹オフィシャルブログ」の「美味しい白味噌」が、476いいね!である。彼は1日、複数回、記事更新している。アクセス数は、本人以外に知られない。
 しかしこの、素人からの絵日記の人気は凄い。それでも「絵日記」ブログランキングで10位くらいである。
 僕は内容が気に入っていて、上位の絵日記ブログを読もうと思わない。
 絵の出来よりも、波乱万丈の過ぎ越しと、表われた人柄に人気があるようだ。
 ブログの世界では「能力に応じて働き、必要に応じて取る」というユートピアが、はかなく成立しているようだ。絵日記ブログを書籍化して、販売する場合もある。
 あぽりさんはリアルで働いていて、家事もこなし、眠る時間を削っているのではないか、とも思われる。
 場を提供した、アメブロさえも意図していなかった(今はトップブロガー発表もあるようだが)、ネット上のユートピアが、成立しているようだ。いつまで続くか、わからないけれども。
0-35
写真ACより、「乗り物、」のイラスト1枚。




 僕のホームページ「新サスケ’s Ownd」の1月5日付けの記事に、毎日新聞・福井版のリレーエッセイ欄「へしこ」に載せてもらった「群青」一代記を転載しました。
 ホームページの元旦の記事「ネット爺さん奮戦記」に、日付的には先行するものです。
 僕とこぐま星座さんと二人で、2004年10月に同人詩誌「群青」を創刊し、2015年11月・刊の第34号で終刊(通算同人5名)するまでを描いています。どうぞご訪問ください。
アドレスは以下の通りです。

https://masakyf-diary.amebaownd.com/posts/5516487

0-36

写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



CIMG1293
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきりゅうさん(暁龍さん)が昨年に、自筆2019年・卓上カレンダーセットの抽選を募集したので、ブログ枠で応募した所、幸いにも当選した。
 送られたカレンダーの表紙(2018年12月カレンダー部)は、先の12月20日の記事
「1誌、1紙、1部を入手」で1部として紹介した。
 上の写真は1月分で、日の出の富士山を背景に、愛猫あんこさんと麦君が、正月の挨拶を述べているところである。プリンタ上に置いてある。

CIMG1298
 上の写真は、彼女のブログ「あんこと麦と」の、先の12月31日の記事より、スマホにダウンロードした1月カレンダー。
 今年は、ハガキまでの大きさなら、プリントできるという事だ。
 共に写真が上手くなく申し訳ないけれども、実物は鮮やかできれいである。
 掲載許可は、ただいま申請中である。(追記:その後、ご承認を得ました)。



新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 元旦は、記事更新をお休みの予定でしたが、新年のご挨拶とお報せを申し上げます。
 僕のホームページ「新サスケ’s Ownd」の元旦の記事
「ネット爺さん奮戦記」は、毎日新聞福井版のリレーエッセイ「へしこ」に載せてもらったエッセイです。2016年11月24日付けの古いものを転載しました。
 僕がブログを始めた頃の事を書いています。よろしければお読みください。
0-32
写真ACより、「年末年始」のイラスト1枚。初詣に代えて。




 NTTドコモより先日、12月の請求書が来た。わが家は固定電話を含めた、ドコモ光の契約をしている。
 12月の請求額は、19,712円だった。11月請求額は、37,814円だった。これにはWi‐Fi化への出張手数料10,500円が含まれ、計算期日の変更があったようだ。
 これまで毎月、固定電話1台、スマホ2台、タブレット1台で、2万9千円台~3万1千円台の通信料を払って来た。変動は、通信契約量のオーバー額(1GB・1千円、月・2GBまで)等に因る。

 先の10月21日の記事
「家うちのWi‐Fi化・完成」で報せたように、10月20日に、スマホ2台、タブレット2台(1台は契約が切れており、もう1台も即日に契約を切った)を、出張作業でWi‐Fi化して貰った。ただしプリンタ等をWi‐Fi化した訳ではない。

 これで、これまで使用していたタブレット1台の契約を切り(Wi‐Fiで、家うちでのみ使える)、スマホ2台の家うちでの通信料が無料になる事で、ひと月の通信料が1万9千円台まで減った。月1万円~1万2千円の節約である。固定電話料金を含めて、これくらいの通信料かと思っている。

 初期トラブル(?)は多少あったが、今は安定して使用している。長い間、気になっていたWi‐Fi化をして、良かったと思っている。
0-28
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。






 今日2回目の記事更新です。
 2018年9月15日、中日詩話会を兼ねて、県詩人懇話会の「第38回 会員の詩集を祝う会」が持たれ、僕のkindle本・詩集「日々のソネット」も祝ってくださいました。
 その謝辞を、「県詩人懇話会会報」No.99に掲載して頂きました。400字詰め原稿用紙3枚分きっちり書きました。
 ホームページ「新サスケ’ Ownd」は、散文発表の場とすると、以前に書きましたが、最も新しい散文のその
謝辞を、12月21日付け記事に転載しましたので、多くの方が読んでくださるよう、このブログでも報告します。
 リンクを貼ると共に、以下にアドレスを示します。
https://masakyf-diary.amebaownd.com/posts/5446162
 よろしくお願い致します。
0-27
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ