風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

パソコン・ネット

不思議な帯
 「ブログサークル」などのお仲間のブログを巡っていると、一本の横長バーに、ランキング幾つか、Twitter、他のバナーがきれいに収められていて、投票しやすく、SNSなどを見やすい、ブログがある。。
 
ライブドアブログのマニュアル本や、かん吉さんの「人気ブロガー養成講座」を読んでいると、「メニューバー」という物らしい。
作成
 前記のマニュアル本を読み、「ブログ設定」から入ると、PC用メニューバー、スマホ用メニューバーに特化した管理画面があり、方法も難しくなさそうなので、ランキング投票、SNSなどのリンクを作った。ブログを2つ運営している強みで、もう1つのブログへもリンクした。
 僕の場合、ブログのタイトル画像の下、画面を横によぎる、焦げ茶色の(?)細い帯である。帯に浮かんでいる文字が、それぞれのサイトへのリンクである。「NAVERまとめ」以外は、ブログのあちこちに既にバナーがあり、1まとめにして見やすくクリックされやすくしたのだ。
 スマホ版にも、同じくメニューバーを設置した。
反省点
 かん吉「人気ブロガー養成講座」のPart4を読み進んでいると、大事な事が書かれていた。「忍者おまとめボタン」のサイトを経由すれば、バナーのきれいに並んだメニューバーを、作成できるらしい。
 ブログお仲間のブログの、きれいなメニューバーは、そうして作ったらしい。早まったようだが、今はこのままで良い。
0-52
写真ACの「童話キャラクター」より、「かぐや姫」のイラスト1枚。



 8月16日の記事「ブログ関連の3つの自動化」に続き、ブログ関連の6つの変更をした。なお前回の内、Pingoo!自動送信は、うまく行かなかった。
・タイトル・ロゴの画像を替えた。黄百合群落の写真を止めて、写真ACの配信する画像より、鏡枠ふうの幾つかから、シンプルな図柄を選んだ。タイトルと説明の、上下位置を前回に中央より上げて後、今回は戻せなかった。
・「ブログの説明」に言葉を加えた。「純文学系読書・中心です」と加えて、メイン・ジャンルの差別化(?)を図った。
・トップページの表示件数を、5件→3件、と減らした。5日分続けて読む訪問者も少ないだろうし、ページが軽くなる。右サイドバーとも、釣り合っている。
・フィードの表示件数を、5件→20件、に上げておいた。RSS配信はしていない筈で、そのフィード件数は関わりないかも知れない。
・ライブドア内のカテゴリの2番目を、「書評・レビュー」に替えた。読書日記のつもりだが、それはないので。
・スマートフォンの表示を、大きく変えた。表示件数、ランキング・バナー設置などだが、まだ経時確認ができていない。読みにくくなったら、申し訳ない。おいおい直して行く。
0-45
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 8月14日にブログ関連の3つの小変更をした。
1・ブログ更新のブログサークルへの自動反映
 2つのブログの記事更新(予約更新)の際、人気ブログランキング内のサークル、「ブログサークル」に反映させるため、これまで「最新記事取得」で手動で行って来た。簡単な操作だが、他に時間がかかって、遅くなる場合があった。
 ブログサークルの管理画面に、メモのあとの「Ping送信先URL」を見つけ、そのURLをそれぞれのブログのPing送信欄へコピペした。
 予約更新時よりややタイムラグはありながら、ブログサークルへ自動反映され、マイページに載るようになった。
2・アメブロ更新の日本ブログ村への自動反映
 アメブロ「新サスケと短歌と詩」の、ランキング・サイト「日本ブログ村」への更新反映は、「アメブロにはトラックバック機能が無いからなあ」などと思って、「Ping代理送信」で手動で行っていた。
 アメブロにPing送信欄のあった事を思い出し、送信先URLをコピペすると、正しくブログ村に更新反映されるようになった。
3・「風の庫」のPingoo!への自動反映
 Pingoo!というサイトがあって、拡散的には気休めに参加している。
 こちらはアメブロは自動反映するが、この「風の庫」はURLをコピペしてあったけれども、反映しなかった。URLを、再度コピペすると、「URLが間違っています。」とのコメントが出る。
 メモしてあったURLを、キーボードより手動入力すると通った。どこが違うかわからない。
 朝の通知メールが来るか、楽しみである。
0-42
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




 昨日の夕方になり、もう1つのブログ、アメブロの「新サスケと短歌と詩」の、記事更新を始める。
 しかし記事が予約アップできない。何か指示が出る。
 2回目の記事を書き、アップしようとするができない。指示の「ポップアップブロックの解除」をプリントし、それを見ながら操作(2011年の指示記事更新なので、少し実際と違い、そこは勘案して)をする。
 3回目の記事アップもできないので、諦める事にした。アクセスが殺到しただけではないか?
 この「風の庫」の記事更新の気持ちも萎えた。
 パソコンのPrime Musicでは、最近はラジオを聴くことが多く、とくに「スムースジャズ」のラジオ局をBGMにしていた。
 今夜はアルバムから、Beatlesの「Help!」を聴いた。まさに「助けて!」という気分である。
 「Help!」「Yesterday」を含む、全14曲を聴き了えると、気持ちも落ち着いた。
 それで、深夜のこの記事更新を、している訳である。
0-15
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 このブログの小さな事項を、3つ変更した。
 6月16日の
「ゆりの里公園2017」の記事末尾で少し書いたが、タイトル画像を替えた。
 共に百合の黄花の群落であり、優劣はわからないが、このままとする。
 また、「更新ping設定」で、2つのランキング・サイトへのping設定をした。サイトへのURLをコピー&ペーストするだけである。これで記事投稿の度に、自動的に配信される。
 これまでに1度、試みたが、公開直後にランキングサイトに反映されなくて、数分かかる事を知らず、取り消してしまった。
 そう、それから何百回となく、手動でトラックバックの欄に、ランキング投稿URLのコピー&ペーストを繰り返して来たのだが、解放された。
 また「投稿状態」の初期設定を、「公開」→「下書き」に替えた。投稿する前に何度か、「下書き保存」してから「プレビュー」で確認するので、その方が手数がかからない。
0-14
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 前回の記事、「ブログ画面の小変更」で、タイトル画像の変更に合う写真を待つ、と書きました。
 しかしネットの世界は、待っていられない、と取りあえずタイトル画像を、黄色の百合の花群れに換えました。
 700万画素だったせいか、ピンボケか、手ブレか、写真の鮮明度が足りません。
 また機会を捉えて、良い写真が撮れれば、換えるかも知れません。
梅4
Pixabayより、紅梅の1枚。

 昨日、このブログの設定画面より、ブログ画面の小変更をした。
 まず右サイドバーの下端にあった、「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」の、順位表を消した。他の方のブログを見て、煩わしく感じられたから。
 投票バナーは上部にあるから、投票すれば、ランキング表も、何位かのメモも、2つのランキングとも出て来る。
 元々は、順位表を付けていなかったが、あるブロガーさんに勧められた。しかし上の理由で消した。
 その右サイドバーの下端に、人気記事1覧表を置いた。直近31日(最多35日まで設定可)の内の、pv数の多い10記事(もっと多く設定可)を1位より並べた。pv数も表示可能だが、自慢する数ではないので、付けなかった。31日以内の記事からの順位なので、変動が多いと思われる。
 またタイトル画像の変更の仕方が判った。かつて買ったガイド本「ライブドアブログ&まとめブログ Perfect Guide Book」をパソコンの傍らに置いて。今使っているテンプレートは、タイトル画像とメニューバーの変更が可能だった。
 Amazon Cloudより、花群れの写真2枚を引いて来て、合わせてみたが、きれいには合わなかった。課題は判ったので、先の事だろうが、機会を掴んで、合いそうな写真を撮る積もりである。
梅3
Pixabayより、梅の花の1枚。



↑このページのトップヘ