風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

パソコン・ネット

 アメーバブログのマイページより、無料ホームページの案内があったので、始めてみた。
 題を
「新サスケ’s Ownd」と言う。

 初め試しに5月1日~5月11日に6記事、8月13日より8月17日まで毎日で5記事である。
 軌道に乗りそうなので、ここに公開する。

 内容は雑記日誌である。せっかくのホームページだから、もっと品格のある、安定した題材にしたいが、内容がない。
 雑記日誌ブログに憧れがあるが、ブログを3つにも増やしたくない。

 まだ乱れた所があるけれども、追い追い直してゆきたい。
 これからの長途の航海を、見守ってくださいますように。
0-49
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。






 皆さん、僕のいつものブログ記事から、末尾の読者ボタンより、「Facebookページを見る」ボタンが、消えている事にお気づきでしょうか。Twitter連携ボタンのみになっています。
 読者ボタンページにも、外部連携ページにも、Facebookの名前が消えているのです。
 自分も不審に思い、Yahoo!で検索した所、ライブドアブログよりFacebookへの同時投稿機能が終了していました。
 その記事の内容は、次の通りです。
 
http://staff.livedoor.blog/archives/51945551.html
 7月31日を以って、終了との事ですが、僕はスタッフブログをふだんは読んでいず、不審に思って検索して、ようやく判りました。
 アメーバブログよりも、Facebookへの同時投稿は、しばらく前より解除されています。
 他のブログは判りませんが、Facebookがブログとの連携を解除しているのでしょうか。
 それとも各ブログの運営会社の意向でしょうか。
 ページビューだけでなく、お互いの発展に良い方向だと思っていたので、残念です。

 なお僕の詩歌読書の記事は、なんとかしてFacebookページにアップしています。プライバシーが混じりそうなので、ここでは公開しませんが、お会いしたなら宜しくお願い致します。

0-33
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。


 今日(8月3日、金曜日)午後4時頃、医院へ行って、月曜日の診察日に、薬を誤って少なくもらった分を、もらって来た。
 5時過ぎ、結社歌誌「覇王樹」に載った自分の歌を、Word文書に残して置く予定なので、以前の今年1月分までを開いた。
 手帳の予定にある事で、僕は計画実行症的なところがあり、時間的に少し無理でも済ませてしまう。
 将来的に歌集を出版できる事になった際、先輩歌人に選歌してもらう資料となるのだ。
 今年8月号分までの歌を、A4判で打ち込み、プリントアウトし、保存の所で引っ掛かった。何度も警告が出るのだが、上書き保存できるものだと思っているから、スルーしてしまった。
 さて文書を専用USBメモリに収める時、念のため開いて見ると、追加打ち込みをした分が残っていない。昨年6月号~今年1月号までの既存の分は残っているが、そのあと今年8月号分までの打ち込んだ歌が消えた。
 手引書などを参考に、消した文書の復元を図るが、どうしても上手くいかない。
 7時半近くになってしまったので、いったん夕食とした。
 夕食後、文書を打ち直す事にした。A4判2枚強だが、文章ではなく短歌で、7ヶ月分、42首と月タイトルだけである。
 プリントを横に大わらわで、手間抜きで打ち込んで、30分で済んだ。今度は、上書き保存でなくて、名前をつけて保存した。予備のため、USBメモリにもコピーしておいた。
 そこで今日のブログ記事だが、小説1編の感想を予定していたが、準備も時間も不足となった。そこで今日の、ミステイクの1件を記事として、読者にはご寛恕を乞う。
0-06
写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。




CIMG9556
 今日2回目の記事更新です。
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、8月1日の記事
「8月のカレンダー(マンガの話15)」より、2018年8月のカレンダーを借り、ブログにアップします。
 
7月カレンダーの記事は、このブログの7月1日にアップしてあります。
 誰でもあかつきさんのブログ記事から、この記事写真より鮮明なカレンダーを入手できます。ただし再配布と販売は禁止です。
 この写真は、ダウンロードしたカレンダーをA4判にプリントし、パソコン机の脇に貼ったものです。
 台形補正カメラを使って撮影し、ソフトで補正し、パソコンに取り込みました。
 イラストは、マンボウに寝そべるあんこさんと、イルカに乗る麦君です。
 今回も掲載許可を得ないフライングで、ただいまメッセージで許可を申請中です。(後注:その後、あかつきさんの許可を得ました)。
 これまで、カレンダーの写真の掲載を許可くださった、あかつきさんに、ご苦労を思い感謝しております。



CIMG9544
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」の、6月30日の記事、「7月のカレンダー(マンガの話14)」より、7月カレンダーをダウンロードし、プリントをパソコン机の脇に貼りました。
 タイトル画面は、天の川を背景に、あんこさんと麦くんが、笹飾りに願い事の短冊を下げて、一服している所です。

 6月のカレンダーは、このブログの6月1日の記事、
「あかつきさんの6月カレンダー」にアップしてあります。

 このカレンダーをブログにアップするのも、楽ではありません。
 あかつきさんのブログより、ダウンロードする事より始まります。プリンタの用紙をA4判に入替えてプリントし、パソコン机の脇にセロハンテープで貼ります。
 カメラの台形補正機能で4枚ほど撮り、パソコンのピクチュア・フォルダに入れます。そして良さそうな1枚を選び、他を削除します。
 Windows LiveフォトギャラリーでA4判にトリミングし、明るさ、鮮度を思いきり上げます。
 そしてブログの管理画面に取り込むのです。
 皆さんが、いつも行っているような操作でしょうが、幾段階も経ています。

 あかつきさんのブログより、誰でもカレンダーをダウンロード出来ます。
 あかつきさんのご苦労を思い、カレンダーを貸してくださる事に、感謝しております。


CIMG0866
 10日近く前になるが、パソコンに作成したデータを、簡易バックアップした。
 5月27日(第4日曜日)に行った。
 写真は、下が今回収納した、32GB・USBメモリである。
 上は前回、2017年12月16日のバックアップを収納した、32GB・USBメモリである。
 今回のメモリは、前々回のバックアップ(2017年5月5日だったらしい)のメモリを、再使用した。ミスっても前回の記録は残るよう、2つのメモリで使い回す予定である。
 半年ごとくらいにバックアップしているが、パソコンのOSがWindows7、ワードもエクセルも2010なので、Windows10にアップした場合、どうなるのか分からない。
 内容は、使用可領域28・8GBの内、3・5GB使用で、まだ余裕がある。
 「オープンオフィス」(これを使ったファイルがある)や、前のブログを出力した「「サスケの本棚」エクスポート」の他は、変化の激しいものである。
 文章と写真のフォルダはドラッグ&ドロップでコピーし、メールアドレス帳と「お気に入り」は、朝日新聞出版「パソコンで困った時に開く本2012」の手順に従った。
 「写真」が803MB、「マイピクチュア」が1・32GB、マイドキュメントより7フォルダを収めた。
 今は契約すれば、変更ごとにクラウドでバックアップしてくれる方法があるが、バックアップにあまり費用を掛けたくない。



CIMG9533
 ブロガー、プロ・マンガ家としてご活躍の、あかつきさん(暁龍さん)のブログ「あんこと麦と」より、5月31日の記事「6月カレンダー(マンガの話13)」から、2018年6月のカレンダーをダウンロードし、プリントし、パソコン机の脇に貼りました。
 このブログの5月1日の記事
「あかつきさんの5月カレンダー」に次ぎます。
 2つを比べればわかりますが、今回はカレンダーがA4判型に収まって、歪みや余分がありません。
 古いコンデジに、台形補正機能があった事を思い出したのです。
 それで鮮度はともかく、きれいな長方形のカレンダーをアップできました。ただし再使用は無理でしょう。
 あかつきさんにいつも頂いている認可を、今度は頂いていません。これから事後承認ながら認可を受ける予定です。(後記:その後、あかつきさんの認可を頂きました。)
 イラストは、猫のあんこさんと麦くんが、梅雨の雨の中、合羽(レインコート?)を着て傘を差し、紫陽花の蝸牛を眺めている図です。BGMは「雨に歌えば」だそうです。



↑このページのトップヘ