風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

ブログ

 今回は、ブログの小変更についてお報せします。村上春樹の「小確幸」みたいですが。
 ブログの項目を変更するのは久しぶりで、昨年10月10日の「カテゴリの変更4項目」以来です。
 これまで、PC版のわがブログより、人気ブログランキング、ブログ村に投票のあと戻る時、画面の左上隅の⇐マークをクリックしなければなりなせんでした。マウスでポインタを移動するのに、少し遠いです。
 他の方のブログでは、もう少し右下の、表示ページ欄名の右にある☓印をクリックすればよいブログがあり、クリックが楽です。憧れていましたが、適いませんでした。
 バナーを「別ウィンドウで開く」にすれば良い事は、わかっていました。15日の午後でしたか、2つのランキグのバナー作成欄で、「別ウィンドウで開く」バナーのHTMLソースを見つけ、さっそくPC版の投票バナーを替えました。試してみると、思い通りです。
 実はスマホ版の投票バナーも替えたのです。しかし「別ウィンドウで開く」のバナーから投票すると、1pvに数えられません。スマホなら◁マーク、タブレットなら「戻る」を押せば良いので、マウスの操作の面倒がありません。それで姑息ですが、元のバナーに戻しておきました。
 ただし投票バナーは、PCで右サイドバー(スマホ版では、スクロールした下部)にあるものの事で、上部のメニューバーのものの事ではありません。メニューバーでは初めより、「別ウィンドウで開く」になっています。ただし投票の接続に1部、不安があります。読者の方には、右サイドバーの大きなバナーより投票してくださるよう、お願いします。

0-11
写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。


 以下のプロフィール記事は、メニューバーの「プロフィール」に連携するための、下書きです。
 お目障りであれば、読まずに飛ばして、「年刊句集 福井県 第56集」の記事においでください。
0-54
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 今日2回目の更新です。
 現在、ブログ「風の庫」のページビュー数の表示が、過大となっております。
 ブログ管理画面の、アクセス解析の示す数より、ちょうど1,000ページビュー多くなっています。
 「嫌がらせか」と言いたくなる、このような誤りが、これまで15ヶ月間に、数回ありました。
 翌日の、昨日のページビュー数表示では、アクセス解析の示した数に、戻っています。
 読者の皆様は、惑わされないでくださいますように。

CIMG0719
 2月14日昼の、北側の屋根の状態です。
 氷柱(つらら)は短いですが、内を向いています。屋根雪がずり落ちて、巻いている状態です。
 14日には春一番も吹き、これから降雪はあっても、大雪はないようです。これで春に向かってほしいものです。

 10月6日(金曜日)と10月9日(月曜日、体育の日)に、ブログのサイドバーを少し変更した。
 カテゴリ別アーカイブの、2項目を削除、2項目を追加した。
削除 
 先ず上のほうから。カテゴリ「パソコン・ネット」の、サブカテゴリ「Facebook」1件、「PrimeService」1件を、長く追加記事がないので、サブカテゴリ「その他」に移した。
追加
 カテゴリ「その他」より、「受贈本・他」カテゴリ6件を別にした。受贈本、結社誌、等が届くたび、記事アップしながら「その他」に入れるのが心苦しかった。カテゴリはあまり増やすと、見にくいと判っていたが。
 またカテゴリ「その他」より、カテゴリ「詩の催し」10件を別にした。詩の催しに再び参加するようになり、これからも続けて行く積もりだからである。
結論
 カテゴリの変更は、元のカテゴリから該当記事の日付けを書き出し、ブログ管理ページの「記事一覧」で、1つずつ探し当てて変更する。
 手間の掛かるわりには目立たない作業だ。しかし未来を見詰めた作業である。
0-92
写真ACの「童話キャラクター」より、「浦島太郎」のイラスト1枚。



 9月12日の記事、かん吉「人気ブロガー養成講座」(3)の、Part7に、「魅力的なプロフィールを書く」がありました。
 その中のアドバイス、「書けることは何でも書く」、「実績は公開しよう」などに従い、かん吉さんのブログ「わかったブログ」のプロフィール欄も参考に、このブログのプロフィールを書き換えてみました。
 PC版では、右サイドバートップの、プロフィールの「新サスケ」をクリックしてください。またスマートフォン版では画面をずっと下にスクロールして、「読者ボタン(Twitter、Facebookページ)」の下、3カウンターの上に、アイコンマークの右、「新サスケ」の文字がありますので、それをタッチしてください。
 それぞれ、ほぼ9月19日に書いた、プロフィールが現われます。
 PC版では、狭い枠に、改行が効かずずらずらと並ぶので、やや読みにくいかと思います。スマホ版でも改行は効きませんが、画面一杯に表示されます。
 <略歴>で出生、職歴など。<詩歴>に継ぐ<著書>では3冊の詩集を。<受賞歴>では2つの小さな詩の賞を。<歌歴>では、25年を越える短歌との関わりを。それに現在の所属等の<現在>、幾つかの<資格>、<ブログ>を。それぞれ簡単に公開しました。
 このブログを読んでくださる、一助になればと思います。
 (追記)「詩歴」を、詳しく書き直しました。
0-86
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ