風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

ブログ

<略歴>1950年、福井県足羽郡(現・福井市)に農家の次男として生まれる。
1973年10月、神戸大学経営学部を中途退学し、帰郷する。以後、職を転々とする。
1977年12月、某役所に技能職員として中途採用される。
1978年・結婚。1979年、一人息子・誕生。
2011年3月、33年余り勤めた役所を定年退職する。2013年8月、同・再任用職を円満退職。以後、無職。
<詩歴>1967年、同人詩誌「とらむぺっと」創刊に参加。
1980年、同人詩誌「螺旋」に第7号より参加(1996年、第60号で休眠)。
1985年、「福井県詩人懇話会」発会に参加。
1990年、同人詩誌「青魚」に第38号より参加、現在に至る。
2004年、2人詩誌「群青」を立ち上げる(通算同人5名。2016年、第34号で終刊)。
<著書>1994年、詩集「みだれた足跡」刊行。
2003年、詩集「僕のソネット」刊行。
2011年、詩集「光る波」刊行。
2017年、kindle版・詩集「日々のソネット」刊行。
2018年、kindle版・詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」刊行。
<受賞歴>2000年、詩「窓をあけて」で「第1回ふくい県民文化祭文学フェスティバルふくい文学祭詩部門第1位知事賞」受賞。
2004年、詩集「僕のソネット」にて、「第2回北陸現代詩人賞奨励賞」受賞。
<歌歴>1991年頃より約2年間、福井県を中心とする同人歌誌「地楡(われもこう)」に参加。
1993年、結社歌誌「コスモス」入会。2002年、結社内同人歌誌「棧橋」に参加。2011年、「棧橋」退会。2017年、24年余り在籍した「コスモス」退会。
2017年、結社「覇王樹」入会。
<現在>「福井県詩人懇話会」会員。詩誌「青魚」同人。歌誌「覇王樹」準同人。日本棋院アマ6段。園芸愛好家。
<資格>日商簿記2級。2級ボイラー技士免許。玉かけ作業主任者。酸素欠乏危険作業主任者。
<ブログ>読書日記ブログ「風の庫」、創作詩歌ブログ「新サスケと短歌と詩」を、ほぼ毎日更新。

 今日2回目の更新です。
 現在、ブログ「風の庫」のページビュー数の表示が、過大となっております。
 ブログ管理画面の、アクセス解析の示す数より、ちょうど1,000ページビュー多くなっています。
 「嫌がらせか」と言いたくなる、このような誤りが、これまで15ヶ月間に、数回ありました。
 翌日の、昨日のページビュー数表示では、アクセス解析の示した数に、戻っています。
 読者の皆様は、惑わされないでくださいますように。

CIMG0719
 2月14日昼の、北側の屋根の状態です。
 氷柱(つらら)は短いですが、内を向いています。屋根雪がずり落ちて、巻いている状態です。
 14日には春一番も吹き、これから降雪はあっても、大雪はないようです。これで春に向かってほしいものです。

 10月6日(金曜日)と10月9日(月曜日、体育の日)に、ブログのサイドバーを少し変更した。
 カテゴリ別アーカイブの、2項目を削除、2項目を追加した。
削除 
 先ず上のほうから。カテゴリ「パソコン・ネット」の、サブカテゴリ「Facebook」1件、「PrimeService」1件を、長く追加記事がないので、サブカテゴリ「その他」に移した。
追加
 カテゴリ「その他」より、「受贈本・他」カテゴリ6件を別にした。受贈本、結社誌、等が届くたび、記事アップしながら「その他」に入れるのが心苦しかった。カテゴリはあまり増やすと、見にくいと判っていたが。
 またカテゴリ「その他」より、カテゴリ「詩の催し」10件を別にした。詩の催しに再び参加するようになり、これからも続けて行く積もりだからである。
結論
 カテゴリの変更は、元のカテゴリから該当記事の日付けを書き出し、ブログ管理ページの「記事一覧」で、1つずつ探し当てて変更する。
 手間の掛かるわりには目立たない作業だ。しかし未来を見詰めた作業である。
0-92
写真ACの「童話キャラクター」より、「浦島太郎」のイラスト1枚。



 9月12日の記事、かん吉「人気ブロガー養成講座」(3)の、Part7に、「魅力的なプロフィールを書く」がありました。
 その中のアドバイス、「書けることは何でも書く」、「実績は公開しよう」などに従い、かん吉さんのブログ「わかったブログ」のプロフィール欄も参考に、このブログのプロフィールを書き換えてみました。
 PC版では、右サイドバートップの、プロフィールの「新サスケ」をクリックしてください。またスマートフォン版では画面をずっと下にスクロールして、「読者ボタン(Twitter、Facebookページ)」の下、3カウンターの上に、アイコンマークの右、「新サスケ」の文字がありますので、それをタッチしてください。
 それぞれ、ほぼ9月19日に書いた、プロフィールが現われます。
 PC版では、狭い枠に、改行が効かずずらずらと並ぶので、やや読みにくいかと思います。スマホ版でも改行は効きませんが、画面一杯に表示されます。
 <略歴>で出生、職歴など。<詩歴>に継ぐ<著書>では3冊の詩集を。<受賞歴>では2つの小さな詩の賞を。<歌歴>では、25年を越える短歌との関わりを。それに現在の所属等の<現在>、幾つかの<資格>、<ブログ>を。それぞれ簡単に公開しました。
 このブログを読んでくださる、一助になればと思います。
 (追記)「詩歴」を、詳しく書き直しました。
0-86
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。



 このブログ「風の庫(かぜのくら)」を、2016年9月3日の記事「ブログを移転します」より、本格的に運営し始めて、1年と数日が過ぎた。
 なお僕は、2007年4月4日より当日まで、
ミテログ「サスケの本棚」を運営しており、更新は3,075回を数えた。ブログ機能に不満などもあって、ライブドアブログに移った。
 幸い、アクセス数は、「サスケの本棚」時代より、増えている。
 現状に満足ではなく、努力を積み重ねてゆきたい。
 皆様のご支援をお願いする。
0-19
写真ACの「童話キャラクター」より、「シンデレラ姫」のイラスト1枚。



不思議な帯
 「ブログサークル」などのお仲間のブログを巡っていると、一本の横長バーに、ランキング幾つか、Twitter、他のバナーがきれいに収められていて、投票しやすく、SNSなどを見やすい、ブログがある。。
 
ライブドアブログのマニュアル本や、かん吉さんの「人気ブロガー養成講座」を読んでいると、「メニューバー」という物らしい。
作成
 前記のマニュアル本を読み、「ブログ設定」から入ると、PC用メニューバー、スマホ用メニューバーに特化した管理画面があり、方法も難しくなさそうなので、ランキング投票、SNSなどのリンクを作った。ブログを2つ運営している強みで、もう1つのブログへもリンクした。
 僕の場合、ブログのタイトル画像の下、画面を横によぎる、焦げ茶色の(?)細い帯である。帯に浮かんでいる文字が、それぞれのサイトへのリンクである。「NAVERまとめ」以外は、ブログのあちこちに既にバナーがあり、1まとめにして見やすくクリックされやすくしたのだ。
 スマホ版にも、同じくメニューバーを設置した。
反省点
 かん吉「人気ブロガー養成講座」のPart4を読み進んでいると、大事な事が書かれていた。「忍者おまとめボタン」のサイトを経由すれば、バナーのきれいに並んだメニューバーを、作成できるらしい。
 ブログお仲間のブログの、きれいなメニューバーは、そうして作ったらしい。早まったようだが、今はこのままで良い。
0-52
写真ACの「童話キャラクター」より、「かぐや姫」のイラスト1枚。



 8月16日の記事「ブログ関連の3つの自動化」に続き、ブログ関連の6つの変更をした。なお前回の内、Pingoo!自動送信は、うまく行かなかった。
・タイトル・ロゴの画像を替えた。黄百合群落の写真を止めて、写真ACの配信する画像より、鏡枠ふうの幾つかから、シンプルな図柄を選んだ。タイトルと説明の、上下位置を前回に中央より上げて後、今回は戻せなかった。
・「ブログの説明」に言葉を加えた。「純文学系読書・中心です」と加えて、メイン・ジャンルの差別化(?)を図った。
・トップページの表示件数を、5件→3件、と減らした。5日分続けて読む訪問者も少ないだろうし、ページが軽くなる。右サイドバーとも、釣り合っている。
・フィードの表示件数を、5件→20件、に上げておいた。RSS配信はしていない筈で、そのフィード件数は関わりないかも知れない。
・ライブドア内のカテゴリの2番目を、「書評・レビュー」に替えた。読書日記のつもりだが、それはないので。
・スマートフォンの表示を、大きく変えた。表示件数、ランキング・バナー設置などだが、まだ経時確認ができていない。読みにくくなったら、申し訳ない。おいおい直して行く。
0-45
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


↑このページのトップヘ