風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

読書

IMG
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」2017年12月号の、発送案内が11月14日にあり、15日に届いた。
 短歌作品を中心に、ほぼ読み了える。
巻頭20首
 藤原龍一郎(以下、敬称略)の「カミノクニ」20首は、好戦的になってゆく世を、反語的に詠んでいる。1首を挙げる。
「オカルトとナチスが好きなゴスロリの愛国少女ですDM希望」
 服部真里子「マクベスの正気」では、正気と狂気のあわいを往還するのだろうか。1首を引く。
ピアノを運ぶエレベーターにピアノ無くその明るさに泣いていたいよ
 明るさは滅びの徴しであるという。暗さの内の希望もなくなる時代だろうか。
特集 アララギが遺したもの――アララギ終刊から二十年
 総論の大辻隆弘「写生、一回性の記述」は、「現実」に対して「理想」(想像力)を挙げ、「個人の想像力は有限である」と論断しているけれど、「現実」に対するのは想像力のみでなく、また人類の想像力は無限である。僕が言っても、波は立たないだろうが、書き添えて置く。
インタビュー 尾崎左永子さんに聞く

 彼女が17年間のブランクより、短歌に戻ったのは、1988年の歌集「土曜日の歌集」の事だった。「十七年おいて帰って来てみて、やっぱり短歌が好きだなあと思いましたね」と短歌の魅力(魔力?)を語る。
寸感
 戦時下の経験や、戦後の第二芸術論を経て、今の時代に最も抵抗しているのは、歌壇だと僕は思う。



八月のフルート奏者
 笹井宏之・歌集「八月のフルート奏者」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
 
同・歌集のダウンロードは、今月8日の記事にアップした。
概要
 笹井宏之(ささい・ひろゆき、本名・筒井宏之、1982年~2009年、享年26.)の略歴と著書は、上記記事に挙げたので、参照してください。
 彼の歌を、全国のファンも、岡井隆らトップ歌人も、高く評価した。
感想
 初期は、写生では無いながら、生活からの作品で、地味な印象を受ける。僕としては、好感を持つが、後期の人口に膾炙される歌も読みたい。
 2006年頃の歌から、浮揚感(浮遊感ではない)が加わり、相聞歌とともに、ポップ感のある作品となる。
 また2006年5月には、結社「未来」に参加し、旧仮名で歌を詠み始めた。
 作品集の末に、彼の詩「安息の椅子」が置かれている。「この椅子には安息がある」と始まり、難病の日々にも、創作による安息があったのだろう。

引用
 以下に7首を引く。
夢に出てきんさるとは珍しか三回忌やったねタケ子ばあちゃん
罅割れて路肩に眠る白磁にも匠の焼べる火があったのだ
呼び合える名があることの嬉しさにコーラの缶の露光る夏
命より重たいものばかりの部屋できみはベーコンエッグをちぎる
恐ろしきみどりがわれの虹彩を突き抜けて記憶へと変はりぬ
雨といふごくやはらかき弾丸がわが心象を貫きにけり
ひとときの出会ひのために購ひし切符をゆるく握りしめたり



 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、初期詩編の3回目の紹介をする。
 
同・2回目は、今月1日の記事にアップした。
概要
 戦後の初めの詩、「Ⅴ 「時禱」詩編 (1946~1947)」11編と、「Ⅵ (1946~1950)」8編である。
Ⅴ 「時禱」詩編
 「時禱」詩編の初め、「習作四(宝塔)」では、「一木を重ねまた一木を重ねなほ苦しい忍耐のあと//この巨大な虚無は組立てられたでせう」と、戦後へ踏み出す思いを述べる。「習作五」「習作七」と続くが、欠落している番号の詩は、散逸したのだろうか。
 「習作廿四(米沢市)」は散文詩であり、戦前にもわずかにあったが、1952年の「固有時のとの対話」に至る散文詩の始まりだったろうか。
 「習作四十三(愛歓)」では、「お前を捉へイタリアン・ロンド風の/古風な踊りをしたいのだけれど/そんなにもわたしが嫌ひなのか/それとも斯うして/追ひ追はれてゐることが/意味ある愛歓の舞踏だといふのか」と結んで、恋の駆け引きを否定する。


 「Ⅵ (1946~1950)」は8編だけれど、この時期には他に多数の詩が書かれ、まとめられている。まとめに入らなかった作品を集めたのだろう。75調や外国の詩に学んだ作の最後に、散文詩「影の別離の歌」が置かれる。重要な所で、散文詩が現われる。想いが強過ぎて、行分け詩では砕けてしまう所を、散文の形で緩め、意味を強くして、耐えさせているのだろう。
 次は「Ⅶ 詩稿Ⅳ (1946)」と「Ⅷ かなしきいこひに (1947)」を、紹介したい。
0-47
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、猿のイラスト1枚。




 

 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、12番目の句集、飯田蛇笏「椿花集」を読み了える。
 先行する
香西照雄「対話」は、先の10月20日の記事にアップした。
概要
 原著は、1966年、角川書店・刊。
 蛇笏の没後、飯田龍太の編集に成る。最晩年の462句、龍太の「あとがき」を付す。
 飯田蛇笏(いいだ・だこつ、1885年~1962年)は、初め高浜虚子・門、のちに俳誌「雲母」(うんも)主宰。
 家は豪農地主で、山梨県の田園にあって俳句活動を続けた。
感想
 俳句に、心の琴線に触れるものが少ない。老いか、農地解放のせいか、後継者・飯田龍太の選が良くなかったのか。
 短歌の場合、老耄の歌も1境地と評価されるようだが、句界ではどうだろう。亡くなる近くまで、吟じた作を家族が清書したと書くが。
 本・大系の出版社・角川書店、また俳人でもあった角川源義とも関わって、疑わしい所が残る。
引用

 以下に5句を引く。
大仰に夜汽車のけむり月の冷え
いちじるく冬翳を身に花売女
蟬しぐれもろ手を揚げて措きどなし
野にあれば聖地の花を炉辺に挿す
ただひとり落葉を踏みて楤つみに
0-46
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、雉子のイラスト1枚。


IMG
 ジョージ・G・スピーロ「ケプラー予想」(新潮文庫、2014年・刊)を読み了える。副題は「四百年の難問が解けるまで」。
 同書の
購入は、2016年11月13日の記事にアップした。
概要
 購入記事でも書いたが、僕は数学の証明に到る「物語」が好きだ。
 「フェルマーの最終定理」は、S・シン・著の同題の新潮文庫で、1994年10月、アンドリュー・ワイズに由って証明されるに到るまでを述べる。
 「四色問題」は、一松信・著の同題の講談社ブルーバックス(旧版)で、コンピューターを用いて証明されるまでを描いた。
 「ポアンカレ予想」は、春日真人・著「百年の難問はなぜ解けたのか」(日本放送出版協会、2010年・刊)で、グレゴリー・バレルマンに由る解決までを描いた。
 本書は、1611年、天文学者、ヨハネス・ケプラーが予想した球充填問題を、1998年、トマス・ヘールズがコンピューターをも用いて証明するまでの経過を描く。
感想

 元もと、数学は苦手なので、難解な数学的方法はわからない。
 ただ苦闘の歴史が重ねられ、道化的人物も登場し、天才的数学者が幸運をも掴んで、厳密に証明するまでの物語を読むのみである。ここには明瞭な進歩がある。
 思想界のように、ソクラテス以来、進んでいるのか判らない世界とは違う。近代でも、マルクス思想、実存主義、構造主義、ポストモダンとか、移り変わって信用が出来ない。
引用
 本書の末尾から引く。
 しかし物語は終わらない。なぜなら数学には終わりはないからだ。問題が解決され、仮説が検証されていく速度よりも、新しい問題や仮説が生まれる速度のほうが大きいのである。


↑このページのトップヘ