風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

読書

CIMG9349
 以前に買い置いた、河出書房新社「ドストエーフスキイ全集」(全19巻)の、第1巻(1958年2刷)より、ドストエフスキーの第1作「貧しき人々」を読み了える。
 共に貧しい中年男・ジェーヴシキンと娘・ヴァーリンカ(共に愛称)が交す、書簡体の小説である。貧しい者の正直さと、相手を自分より大事にする心が、あからさまに描かれる。
 ヴイコフ氏という人物が現われ、ヴァーリンカと急いで結婚し、去ってしまう。将来の不安も暗示されるが、人は一人一人、苦境より抜け出すより他にないのだ。
 また僕は、ドストエフスキーに晩年までつきまとった、「貧困」の問題の出発を見る。実生活において大作家となった後も、ルーレットなどの賭博にのめり込んだり、出版社より前借りをしている。
 2番目の夫人が、しっかり管理するようになったようだけれども。
 この「ドストエーフスキイ全集」を読み進みたいけれども、他の読書や時間の関係で、読み進められるかどうか判らない。

 昨日の「月集シリウス」に続き、結社歌誌「コスモス」5月号より、「その一集」特選欄・読了を報せる。
 「その一集」特選欄は、9選者×各5名×各5首の、225首より成る。
 人生の感慨、重大事を、それぞれ詠んでいる。日常詠も選ばれているが、数が少ないようだ。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。N・好美さんの「ゼントルマン」5首より。
「悪いね」と夫は微笑み吾を見つむ集中治療棟の患者となりて
 集中治療棟に入るのに、「悪いね」と言い、微笑み、妻を見つめる夫の、ゼントルマン(看護士の声)ぶりを、よく表わしている。それもほぼ定型を守って。
 他の歌に拠ると、幸い夫は数日で退院したようで、恃む人のない夫婦の絆が、鮮やかである。
016

写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


 昨日に続き、結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、「月集シリウス」を読み了える。
 まず「月集シリウス 特別作品」の12名5首が、ページ1段で載る。続き「シリウス集」通常欄(4首or5首・掲載)がある。
 特別作品欄には、ブログ仲間でカナダ在住のS・紀子さんや、同人歌誌「棧橋」の宿泊批評会でお世話になった、O・淳子さん、K・絢さんの名前も見える。
 僕が付箋を貼ったのは、同じく「特別作品」より、次の1首。A・千里さんの「レモン畑」5首より。
大寒波襲来予報 八十三の母も色めきレモン収穫す
 2句の体言止め、1字あき、3句の字余りなどが、色めく様を浮かばせる。
 「月集シリウス」を改めて読むと、親近感を持って読み継いだ歌人の、これまでが偲ばれる。
012

写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


 結社歌誌「コスモス」2017年5月号より、作品欄の初めの「月集スバル」を読み了える。
 5月号の到着は、今月20日の記事
「歌誌2冊が届く」に報せた。
 「月集スバル」は、選者及び選者経験者の欄であり、無選歌で各5首が載る。特選欄めいた「今月の四人」欄がある。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。K・紀子さんの5首より。
十代をかたみに知るは二人のみ生きてゐることに先づ杯を上ぐ
 少女時代よりの友人は、掛け替えのない人間関係だろう。このように歪んでしまった世界では、心の憩まる少ない場の1つだろう。
 同時には「旧友に会ふや健康談義にて大腸カメラの経験談聞く」と隠し立てなく、また「取つ手とれし抽出しのなかにねむりをり数枚残す十代の写真」と少女時代への郷愁もかきたてられたようだ。
010
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



 青土社「吉野弘全詩集」(2015年2刷)より、第11詩集「夢焼け」を紹介する。
 先行の
「北象」「自然渋滞」は、今月16日の記事に紹介した。
 「夢焼け」は、1992年、花神社・刊。4章に分け、27編を収める。
 巻頭の「元日の夕日に」では、「元日の夕日を、どう呼んだらいいか/私はわからずにいます」と書くけれど、元日の朝日を「初日」と呼ぶから悪いので、正式には「初日の出」であり、元日の夕日は「初日の没(い)り」と呼べば良いと、僕は考える。
 この時代に俳句をたしなんだらしく、その経験が「俄(にわか)俳句教室」、「秋景」、「冬の鳩に」等に現れている。
 標題作の「夢焼け」では、文選工のミスを咎めず、夢に焼かれている人間、という1面を表わした。
 「漢字喜遊曲」の流れの作品もある。
 生前の詩集としては、これが最後である。このあと、詩画集、写真詩集の出版はあったけれども。
 またこの本の巻末近く、未発表詩篇選があり、初出の最後は1995年頃である。「歌詞一覧」と共に、ここでは取り上げたくない。
 没年の2014年まで、彼は詩を書かなかったのだろうか。体を悪くしたのか、このような形で詩よりフェイドアウトして行ったのかと思うと、歌人たちの場合と比べて、詩人として侘しい。
08
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。



永田和宏 新版 作歌のヒント
 Amazonよりダウンロードした、永田和宏「新版 作歌のヒント」kindle版を読み了える。
 ダウンロード購入については、2016年10月18日の記事
「届いた4冊」の内、終いにアップしてある。
 その時に書いてあるが、同書の紙本版を読んだ事がある。
 47章において、作歌のヒントを説いている。
 読み了えて、あまり頭に残らない。電子本のせいだけでは、ない気がする。
 僕は理論(数学や物理学を除いて)をあまり信用しないし、短歌論もあまり読んでいない。作品を多く読む事で、作歌を学んで来た気がする。
 ただし本書を重ねて読んでおり、目次を読んだだけで項目の、おおよそが浮かぶくらいなので、また目次の項目よりページへ飛んで、学んでゆきたい。


CIMG9330
 福井県俳句作家協会の事務局より送って頂いた、年刊句集「福井県 第55集」を読み始める。
 同書の入手は、今月4日の記事
「届いた2冊」にアップした。本書の写真のアップは、今回きりとする。
 今回に僕が読んだのは、顧問・会長を初めとする役員35名と、名誉会員・参与20名の各10句、計550句である。
 これから30ページずつくらいに分けて、ここで紹介したい。
 さすが新しさを求め、情に分け入り、ときにユーモアを醸す。
 以下に3句を引く。
 I・秀雄さんの「終戦忌」10句より。
前をゆく櫓の音を追ふ舟遊
 M・和枝さんの「城淑気」10句より。
直線の十里街道夏つばめ
 K・逸子さんの「俳句の種」10句より。
大根蒔く俳句の種も蒔いておく



↑このページのトップヘ