風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

読書

 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、9番目の句集、村越化石「独眼」を読み了える。
 先の9月24日の記事、
小杉余子「余子句抄」に次ぐ。
概要
 原著は、1962年、琅玕洞・刊。大野林火・序、499句、山本よ志郎・跋、著者あとがき、を収める。
 村越化石(むらこし・かせき、1922年~2014年)は、1941年に栗生楽泉園に入園し、癩病の治療を受けた。
 大野林火に師事し、「浜」に参加。1950年より年1度、林火の来園指導を受ける。1958年、角川俳句賞・受賞。
 癩病は、戦後の日本に入った特効薬プロミンによって治る病となり、社会復帰する者があった。村越化石のように、後遺症、事情によって園に残る者もあった。
感想
 癩病者の文学として、戦前の北条民雄「命の初夜」の凄惨さはなく、それは新薬プロミンによって命をまっとうできる時代だからだろう。村越化石は、91歳、老衰により園で亡くなった。
 外の社会の俳人の句と比べると、物足りない句もある。
 彼は長生きして、このあと8句集を刊行し、角川俳句賞・以後も多くの賞を得ている。Amazonで調べると、全句集はなく、各句集も品切れか超プレミアムが付いた句集が多く、まとめて読み得ない。彼の発展を想って、残念である。

引用
 以下に5句を引用する。
顔にまざと柿食ふ癩児負けるなよ
降る雪に白湯すする父の忌も過ぎつ
湯豆腐に命儲けの涙かも(新薬プロミンの恩恵に浴し数年を経たれば)
腰に熱き湯婆あてて無財なり
雉子提げて雨に黒ずみ猟夫来る
0-91
写真ACの「童話キャラクター」より、「浦島太郎」のイラスト1枚。



 

IMG
 先の9月29日の記事「贈られた2冊」で紹介した内、文学総誌「縄文」創刊号を読み了える。
概要
 2017年5月31日・刊。発行者「縄文の会」(代表)前川幸雄(号・華原)。B5判、2段組み、22ペ-ジ。
 寄稿者は、福井県内をおもに、全国より参加している。
感想
 <地域研究>「作曲家今川節と勝山とのつながりに迫る」M・惠子。
 しっかりした紹介である。しかし末尾近く「(文章は、平井英治氏の今川節作品鑑賞の手引きよりの抜粋引用です)」とあり、そうならば文頭でそう断るのが、読者への親切だろう。末尾に「実践報告の原稿にまとめたいと思っています。」とあるので、期待したい。
 <漢詩>「越前打刃物初打」Y・絹江。
 七言絶句である。訓み下し文、通釈文を付す。作者は、代表の漢詩講座受講生(福井カルチャーセンター)で、代表の目も通っているだろうから、韻、平仄は大丈夫だろう。刃物打ちの、モノクロ写真を添える。ビジュアル化の時代である。

 <詩>「奄美大島からの「タンカン」」前川幸雄。徹底したリアリズムの日常詩は、社会への抵抗詩となるだろう。
 <短歌>「老いを生きる」10首・I・コヨリ、「義母の思いで」8首・M・大次。「老いを生きる」にはぎこちなさがあり、「義母の思いで」には気負いがある。短歌の安楽と苦労を、知って行くだろう。
 <一般研究>「九州のカッパ」Y・信保(福岡)。文献渉猟も実地探査も多い、労作である。「カッパの手」と伝わるものなど、モノクロ写真を付す。
 <一般研究>「橘曙覧の短歌への白居易の作品の影響」前川幸雄。
 白居易の娘(幼くして亡くなった)を詠んだ詩・5編の原文、訓み下し文、通釈文を挙げる。橘曙覧の娘を亡くした時の2首(前詞付き)を挙げて、3つの類似性は、偶然の一致か、白居易の影響かは、見解の分かれるところとし、「皆様のご感想、ご意見をお伺いしたいと思います」と述べている。
 研究の基礎文献が整った事は、重要である。
 「縄文」誌の発展を願っている。


 

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第10歌集「後の日々」を読み了える。
 
第9歌集「百万遍界隈」は、先の9月25日の記事にアップした。
概要
 原著は、2007年、角川書店・刊。357首と、あとがきを収める。
 2001年~2003年の作品である。
 短歌の発表、多くの講演等をしつつ、日本細胞生物学会会長(2002年~2005年)など、学問の組織の長、役員としても多忙だったようだ。
感想
 乳癌の手術を受け、実父を亡くして、心の不安定な妻・河野裕子(彼女の歌に「あの時の壊れたわたしを抱きしめてあなたは泣いた泣くより無くて」他がある)を見守る歌と共に、近づく老い(54歳~56歳)の感慨めいて、優れた後輩、孫を詠んだ歌がある。母恋の1首も、引用に収めた。
引用

 以下に7首を引く。
平然と振る舞うほかはあらざるをその平然をひとは悲しむ
君よりも不安はわれに大きければ椋鳥のように目をつむるのみ
あきらかに我を越えゆくいくたりを目に確かめて挨拶を終う
名前のみとなりたる母の名を書けりわが知らねどもいつまでも母(受診票)
おさなごを抱きてぬるき湯に沈む胸と胸とが蛙のようだ
振り分けに玉葱を竿に乾していく妻がとにかくうれしそうなり
石の犬が石の玉嚙む境内の入口まで来て帰ろうと言う
0-90
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。





 

IMG
 季刊同人歌誌「COCOON」Issue05が、先日に送られて来て、ほぼ読み了える。
概要
 2017年9月15日・刊、87ページ、同人・27名。
 
同・Issue04の感想は、今年7月8日の記事にアップした。記事ごとに遡ってゆけ、創刊号まで至るので、ご覧ください。
感想
 季刊誌もIssue05となり、創刊より2年目(準備期間を入れて3年目)に入り、運営は軌道に乗ったようだ。でも歌の内容は、母体の「コスモス」、前身の「棧橋」の、レールの上を走ってほしくない。ただ年長者として(同人は、1965年以降生まれの「コスモス」会員より)、言わせて貰えるならば。
 O・達知さんに勧められて創刊号を送ってもらい(その頃はまだ、僕も「コスモス」会員だった)、Issue05までを予約した。今回、さっそくIssue09までの購読を予約した。
 同人、M・左右さんの「うた画廊」(見開き2ページ)では、精細なイラストと有名歌人の歌とのコラボレーションが、新しく余裕である。
引用
 M・恵子さんの「八月の窓」24首より、次の1首が平明である。
農協のオレンジジュース何杯も飲んで座椅子に凭れてゐたり
 O・達知さんの「エゴノキ」12首より、次の1首を含めて、オノマトペ、句またがり、心理描写と、高度である。
はらりらと酔へばなくなるほどの傷あつたと気づくころに消えゆく
 K・絢さんの歌にはいつも、育児の喜び、生の喜びを感じる。「火消しの“め”組」12首より。
「いないいない、ばあ!」だけで子は申し訳なくなるほどに笑ひ転げる



 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第9歌集「百万遍界隈」を読み了える。
 先行する
歌集「風位」は、今月18日の記事にアップした。
概要
 原著は、2005年、青磁社・刊。
 1999年~2001年の、395首と、あとがきを収める。「方位」が、1998年~2000年の作品を収めているので、かなり時期的に重なっている。
 「あとがき」で、「昼と夜、表と裏とそんなことを考えさせるほどに、どこか沈潜の仕方が違うように感じたことだった。」と述べている。
感想
 題名は、職場近くの地名だという。 
 今回は、読みながら20余枚の付箋を貼った。しかし、生物学研究者としての思い、乳癌手術を受けて心のバランスを失いやすくなった妻・河野裕子を見守る歌に、引用をほぼ絞った。
 永田和宏は自然詠、叙景歌にも、とても優れているのだけれども。また面影のない母を恋う歌も、底流のように流れている。

引用
 以下に7首を引く。
身丈より高き箒の竹箒もちて出てゆきまだ戻り来(こ)
今年われらが見つけし三つの遺伝子に乾杯をして納会とする
こんなにもぶっこわれてしまったわたくしに優しくあれと言えば従う
ハーメルンの笛吹きのごと朝光(あさかげ)に老人たちを集めゆくバス
なに切りて来し妻なるや鋸(のこぎり)と大(おお)釘抜きを下げて入り来(く)
疲れやすくなりたる妻を伴えば桜紅葉のしたのゆうやみ
春の水盛りあがり堰を越えるところこころ危うき人を率(い)て来し
0-89
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ