風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

読書

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第3歌集「無限軌道」を読み了える。
 第2歌集
「黄金分割」は、先の7月30日の記事にアップした。
 原著は、1981年、雁書館・刊。
 冒頭の「饗庭抄」は、生地の「饗庭(あいば)村」より採って、母恋の連作30首である。母の結核発病のため、2歳より近所に預けられ、4歳の時に母が亡くなり、彼には母の面影が無いという。想像の面影を顕たせるなど、哀切な連作である。
 また妻・河野裕子との葛藤、研究あるいは短歌のライバルとの競争、なども詠まれる。
 この間、1978年に31歳で理学博士となり、翌年に京都大学講師に採用された。短歌では、評論、討論会の企画・参加でも活躍した。
 以下に7首を引く。
立ちしまま浮子(うき)流れゆく流されて思えばわれに無き少年期
抱かれし記憶持たざるくやしさの、桃は核まで嚙み砕きたり
ささくれて世界は暮るる 母死にし齡に近く子を抱きて立つ
ずたずたにわれらさびしく眠る夜を遠く鳴きおりはぐれふくろう
敵として立たん覚悟のさしぐみて汗の鳩尾、壮年の坂
アノヤロウ、タダオクモノカ迸る蛇口の水に髪打たせいる
中枢を発して行き場失える怒り燃えおり 逆光の耳
0-37
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




 河出書房「ドストエーフスキイ全集」(米川正夫・個人全訳)第2巻(1956年11月・刊)より、初めの短編小説「プロハルチン氏」を読み了える。
 先の6月24日の記事で紹介した、同・第1巻の
「ネートチカ・ネズヴァーノヴァ」に継ぐ。
 貧しい下級官吏・プロハルチンが、「役所が閉鎖される」という、冗談を信じて悩み、床に就く。同じ下宿の下宿人やかみさんに騒ぎ立てられたあげく、亡くなってしまう。
 下宿人たちが、彼のへそくりを引きずり出すと、2,497ルーブリ50コペイカあった、という落ちが付く。下宿代は月5ルーブリとされているから、その多額さが知れる。
 小心な官吏が、真面目に節約し、酒も博打も関わらないで中年まで生きて来て、たちの悪い冗談に惑わされて、狂気の果てに亡くなってしまう、喜劇立てじみた悲劇である。
 ドストエフスキーが、「分身」を発表した後、幾多の中短編を書いた、その第1作である。ドストエフスキーはその手紙で、「プロハルチン氏は大変評判がいい」と報じている(巻末・解説より)。
0-36
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、3番めの句集、萩原麦草「麦嵐」を読み了える。
 先の7月24日の記事、
岩田昌寿「地の塩」に継ぐ。
 原著は、1959年、竹頭社・刊。佐野青陽人・序、石田波郷・序、俳句遍歴(年譜)、後記を付す。
 萩原麦草(はぎわら・ばくそう、1894年~1965年)は、渡辺水巴に師事、主宰する「曲水」に入会、主要同人となる。戦後、伊豆に帰農、1953年、俳誌「壁」を創刊・主宰。
 「野人・麦草」「田園作品の第一人者」と呼ばれた。
 65歳頃の第1句集であり、1909年(明治42年)~1958年(昭和33年)の、半世紀に渉る句集であって、句数は明示していないが、かなり多い。
 土地にあって、旅にあって、庶民の姿を、暖かく捉えている。
 没後、句集「枯山仏」がある。
 戦後の句より、以下に5句を引く。
百姓はいくさに敗けてキャベツ剪り
豆を煮る豆殻を焚く十三夜
六月や脱兎の耳のやわらかさ
浜の娘は鰯を食べて羽根つけり
成人の夜を家継がぬ子が泊る
0-35
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。





 

CIMG9396
 大山秀一「これだけは知っておきたい マーケティングの基本と常識 改訂版」(フォレスト出版、2016年・刊)を読み了える。
 先の7月7日の記事、
「なぜかマーケティング論」の完了形である。
 初めてのマーケティング論で、入門書としては、良い本だろう。2003年・出版の本に、加筆・修正を加えたものであり、デジタル・マーケティングには少し触れたのみのように思えるけれども。
 この本の読書の目的は、ブログのアクセス数アップに繋がるヒントはないか、という事である。ヒントが無かった訳ではない。
 経営戦略は(事業の目的➡事業の目標➡マーケティング目標➡マーケティング戦略)と進む事、ターゲットを絞る事、等である。
 ただしブログは、書く場合も読む場合も無料であり、読者が支払うのは時間と注意力だけである。
 数多いブログの中から、なんらかの経路で自分のブログを読んでもらい、リピーターになってもらうのは、易しい事ではない。
 各ブログの解説本、成功ブロガーのブログ論、マーケティング論などを読み、目標に近づければ良いのだけれど。


 

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第2歌集「黄金分割」を読み了える。
 今月26日の記事、
第1歌集「メビウスの地平」に次ぐ。1977年10月、沖積舎・刊。
 「黄金分割」とは、2:√5+1に分割する(ほぼ1対1、618)事を指し、長方形の縦と横との関係など安定した美感を与える比とされる(電子辞書版広辞苑第6版より)。
 2子(長男・淳、長女・紅)を得て、新婚の性愛が薄れたか「胸の首夏・心の晩夏こもごもに愛の終りを推り合いつつ」の歌がある。無給の研修員(妻と子二人)ながら、研究、塾講師、作品・評論の執筆と、「この時期から数年間がもっともよく働いた時期かもしれない。」と年譜で述べる。
 また歌集出版ととほぼ同時期に、評論「問と答の合わせ鏡」を「短歌」に発表して、有名な「合わせ鏡理論」を始める。
 「黄金分割」の巻末に、4章からなる連作「首夏物語」があり、弟殺しを主な主題とする。しかし年譜に拠れば、彼に弟は居ず、自身の少年性を殺すテーマがあったかも知れない。また4歳で母と死別し、継母に妹が生まれており、複雑な想いがあったのかも知れない。
 以下に7首を引く。
窓に近き一樹が闇を揉みいたりもまれてはるか星も揺らぎつ
かなしみが夕映えのごとふさふさと身に相応(ふさ)うまで誘われてゆけ
酔うためにのみ飲むごとき夜幾夜、子あり妻ありゆきずりのごと
わがうちにのみ母として居給うか無蓋貨車とおく野をよぎりゆく
夜の窓に撓みて水のごとき樹々 ことばやさしくわが拒まれぬ
身の内に滅びしものは告げざるを肉はきりきり風に吹かるる
向日葵を焚けば地平は昏みつつ故なく憎まれ来し少年期
0-33
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ