風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

読書

「歌壇」6月号 (2)
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2019年6月号を、短歌作品中心に読み了える。
 到着は、今月16日の記事、入手した2冊(5)で報せた。
 同・5月号の感想は、先の4月23日の記事にアップした。リンクより、関連過去記事へ遡れる。
特集 熊野を訪ねて
 僕は宗教信仰を持たないので、熊野の奥深い山林にのみ興味がある。宗教は、あまりに権力と馴れ合って来た。縋るものが、宗教しかない、という人も憐れである。信仰なき祈り、という形が(日本人の大多数だろうが)、神の思し召しに最も近い、とある人が述べたと記憶する。短歌のみを読む。
巻頭作品
 「世は事も無し」的な作品が多い。社会問題を詠んでも、他人事である。
蘇る短歌 第15回 坂井修一
 英語で原爆「ファットマン」の「ファットとマンの間に・(てん)は要りますか」と問う生徒を、原爆の悲劇、ファットマンと呼ぶ心理に無関心で、試験成績にのみ関心があると非難する。しかし学問は、厳密性を求めるのであり、合理性と共に第1の事であり、非難するに当たらないと僕は思う。
引用

 小長井涼「酒舗一景」7首より。
はじめての百合根に「百合根記念日」と喜ぶ人を素直と思(も)はむ
 お酒が入ってのせいか、素直な人も、そう傍らで思う人も、純朴である。
 廣庭由利子「夏めく」7首より。
(いたつき)と聞きゐし人と偶然(たまさか)に立ち話する夕川の橋
 意外性と、回復に安堵する心が伝わる。
 僕がなぜ7首掲載より引用するかと言えば、歌が順直だからである。僕は長く歌を詠むが、有名になりたいとも、歌壇で活躍したいとも思わない。ある人は「短歌を栄達の方法にしてはならない」と述べたと記憶する。短歌の救いを信じるのみである。


捨てずに売ろう 売るメルカリ

 ガイド本「捨てずに売ろう!! 売るメルカリ」を読み了える。
 Amazonよりkindle unlimited版のタブレットへのダウンロードは、今月16日の記事、入手した2冊(5)で報せた。リンク記事より、「メルカリ 初心者のための入門書!」の感想に遡れる。

 今回、とくに知りたかったのは、分厚い(厚さ5センチまで)本と、衣類の、販売方法だった。
 まず厚さ3センチ~5センチの本を送る、送料の安い方法は「らくらくメルカリ便 宅配便コンパクト」である。ただし専用のBOX(1つ65円)が要る。
 行きつけのファミリーマートに電話すると、BOXはある、との事だった。空いた時間に店へ行き、専用BOX5枚を買った。

 これまで出品できなかった、分厚い本3冊を出品した。らくらくメルカリ便であれば、その内の発送方法は、売れてから決めれば良いようだった。
 さっそく1冊が売れて、BOXを組み立て、本をぷちぷちで包んで入れ、ファミリーマートよりこれまでのネコポスと同じ手続きで、発送できた。

 さらに厚い本、衣類(薄いもの、厚いもの)等の出品方法も書かれているので、参考にしたい。


 福井県俳句作家協会「年刊句集 福井県 第57集」(2019年3月20日・刊)より、7回めの紹介をする。
 今月14日の記事、同・(6)に次ぐ。
概要
 総304ページの大冊であり、作品集も試算によると、408名、4,080句に及ぶので、紹介を数回に分けざるを得ない。
 また副題に、「平成30年版」と銘打っていて、2018年1年間の吟である事を、実直に示している。
感想
 今回は南越地区(越前市、南越前町)の、159ページ~190ページ、32ページの630句を読んだ事になる。
 大衆詩としての俳句に、高度な修辞(レトリック)は、必ずしも必要ではない。例えば「夕星の零るるように梅咲けり」などは、比喩が嫌味である。
 短い詩型なので、新しい題材は必須である。ただし世間で話題になってより、俳歌に定着するまで、数年を要するようだ。
引用

 以下に5句を引く。
女子会の席の華やぎ晩夏光(Y・富鼓)
初詣歩幅の小さき母連れて(Y・七重)
紫陽花や知らぬふりした母の恋(H・みえ)
告げられず見つめるだけで卒業す(I・千鶴子)
ルビ付きの名前のあまた蓮の花(Y・浩江)
0-40
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 

狩野派 美の系譜
 今月13日の記事、入手した6冊(2)で報せた内、「狩野派 美の系譜」2冊セットを見了える。
 Amazonのkindle unlimitedより、タブレットにダウンロードした画集である。
概要
 2014年10月2日・刊。
 クールジャパン研究部・著、ゴマブックス・発行。
感想
 2冊セット合わせて、19図しか載っていない。
 室町時代から幕末まで活躍した、狩野派の代表作を載せる。
 しかし永徳の「唐獅子図屏風」、山楽の「龍虎図屏風」の、想像の絵以外は、そう優れていないようだ。人物画、草花図も、代表者・探幽の細密画も、現代となってはカメラが捉えた図に敵わない。
 リンクの記事で、図版に不満を述べたが、ほぼ誤りだった。小さい図は、タブレット一杯には、広がらない。
 しかし「拡大」ボタンを押すと、画面をはみ出す程に大きくなり、画面をスクロール出来、更にピンチ・アウトで拡大する事も出来る。
 図版を詳しく楽しもうと思えば可能である。


 

 石川書房「葛原繁全歌集」(1994年・刊)より、歌集「鼓動以後」の2回めの紹介をする。
 今月12日の記事、同・(1)に次ぐ。
概要
 僕は歌集「鼓動以後」と称しているけれども、この編の扉には「歌集」の文字はない。単行本歌集として刊行されていない。歌集「鼓動」以後の没年に至る1,359首を、全歌集に一括して収めた編である。
 今回は、483ページ「昭和62年」の項より、504ページ「昭和63年」の項の「師を偲ぶ会」の章までを読んだ。
感想

 付箋を貼った7首に、寸感を付して、感想とする。
雲か霧か峡の紅葉をよぎり行く冷えしるき朝をカーテン繰れば
 会津に旅しての、美しい旅行詠を成した。
奥嵯峨のこは祇王寺か入りゆけば一宇閑雅なり茅葺にして
 旅行して名所の現実を観ると、新しい感慨がある。無常観も感じているようだ。
師の悲報至るたりなりあわててはならじと思へど身の定まらず
 師・宮柊二は、1986年12月11日に亡くなった。「宮柊二先生逝去」の、挽歌の大連作を成している。
先生のおん身燃ゆるかがうがうと炎(ひ)の音は鳴るわが胸のうち
 同じく火葬場の場にて。大歌人の最期と共に、大結社の折り目を、感じたか。
花のもと飲み且つ歌ふが花見にてあまつさへカラオケ鳴らせるもあり
 歌人として桜の名歌を願うのとは、かけ離れた世情である。
今生の母との別れす夕あかね来迎光(らいがうくわう)と車窓より見て
 母の今際に間に合わなかったが、「母逝く」の挽歌連作を残した。
師を偲ぶ会とし思へど立ち動き落ち居がたしも裏方われは
 1988年の発表。結社の裏方として、落ち着かないまま、実務をこなしたのだろう。
0-39
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



メルカリ初心者のための入門書
 メルカリのガイド本「メルカリ 初心者のための入門書!」を読み了える。副題「今すぐ不用品を出品しよう!」。
 kindle unlimited版をAmazonよりタブレットへのダウンロードは、今月13日の記事、入手した6冊(2)にアップした。
概要
 井上慎介:著。2018年11月9日・刊。同・11月25日・1部編集。
 60ページと、短い入門書である。
感想

 これからメルカリを始めよう、という人には有効かも知れない。登録方法について詳しい。
 しかしプロフィールの見方について曖昧で、結局、取り引きを始めないと、売買相手のプロフィールを見られないようだ。
 またガイド本を書くくらいだから、読書が好きなのか、発送方法として、ゆうゆうメルカリ便で厚さ3センチ以内の本の、ローソン店よりの発送しか挙げていない。僕が探している、大きな本や衣類の発送の方法について、全く触れていない。
 ただし本の勧めに従って、自分のプロフィールとプロフィール画像(これまでの花の写真より選んで)を、新しく挙げた。
 不満点については、他のkindle unlimited本を探してみよう。


 福井県俳句作家協会「年刊句集 福井県 第57集」より、6回めの紹介をする。
 今月8日の記事、同・(5)に次ぐ。
概要
 僕はこのアンソロジーとの出会いを、幸運だったと思う。身近な、短詩型との出会いである。同じ県内で、信仰があるも無いも、真宗王国の風土であり、山・田畑・海に豊かである(原発銀座を問題視する人もいる)。また昨年1年間の作品であり、世調を映している。
 毎年3月後半、協会の事務局長方へ葉書を出すと、郵便振替の伝票を付して、1冊を送ってくださる。
感想
 今回は、鯖丹地区(鯖江市、越前町、池田町)の13ページ、26名の260句を読んだ事になる。
 新しい句材を求める事は重要だ。プラス面だけでなく、マイナス面(過疎化・等)を含めて。高齢化を映す吟に感慨がある。
 また古くからの句材を、新しく吟じ直す法もある。
 僕は旧かな・古典文法の短歌を24年間続けた(今は新かな、現代文法で詠んでいる)ので、分かるのだけれども、稀に用字・文法に誤りがあって、避けられなかったかと少し残念である。
引用

 以下に5句を引く。
星流る遠き父母姉弟(T・晶子)
天仰ぎ地を這ふ仕種獅子頭(O・真由美)
直播きの植田のそよぎまだ疎ら(K・節子)
夏草の怒涛や誰も住まぬ家(H・幸美)
父になき齢を生きて年の酒(K・和典)

0-37
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ