風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

読書

 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、8番目の句集、小杉余子「余子句抄」を読み了える。
 今月7日の記事、
西東三鬼「変身」に次ぐ。
概要
 小杉余子(こすぎ・よし、1888年~1961年)は、1935年、松根東洋城・主宰の「渋柿」を離れ、「あら野」に拠る。戦後、復刊するが長続きせず、俳壇と没交渉となった。
 原著は、1962年、ヒゲタ・なぎさ句会・刊。ヒゲタ・なぎさ句会は、ヒゲタ醤油の社員の句会で、彼が指導していた。
 尾崎迷堂・序、1025句、川越蒼生・跋を収める。
 先行する「余子句集」、「余子句選」がある。
感想
 1025句は多い。先行する萩原麦草「麦嵐」の千に余るらしい句集、西東三鬼「変身」の1073句と、俳壇の風潮であったか、読む者の身になってもらいたい。
 内面には強靭な精神の緊張を持しつつ、その表現においては平明を守ろうとした、とされる。
 「ホトトギス」より戦後の社会性俳句、根源俳句への流れから、逸れた句境にあった。
 没後の「余子句抄」を含め、3句集をもって、生涯の句業を俯瞰できる事は、いたく優れた事である。

引用
 以下に5句を引用する。季節立てより1句ずつ。
門松の片寄り立つやビルの前
早春やまだ立つ波の斧に似て
返り梅雨して灯台の霧笛かな
月光をわたしはじめぬ波の皺
小十戸を海辺に並めて冬野かな
0-88
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。





IMG_0001
 今月16日の記事、「入手した2冊」で報せた内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年10月号を、作品中心に読む。
 
同・9月号の感想は、8月20日の記事にアップした。
巻頭作品20首
 永田和宏「夏のをはり」は、実感がこもって、老いの自覚と共に、親しみやすい。「永田和宏作品集 Ⅰ」を今、読み継いでいるせいもあるだろう。1首を引く。
病むために仕事辞めるにあらざれど仕事を辞めて病む友多し
 道浦母都子「梅花藻とベトナム」後半では、ベトナム戦争時の被拷問者、枯葉剤の被害者に会って、用意した慰問の玩具等が、役立たぬ現実を知る。
開かざる掌(て)にクレヨンを渡したるそのときにじかんがはたと止まった
特集「覚醒する子規――生誕一五〇年」は、ほとんど読まなかった。時代が閉塞すると、なぜ復古に走るのか。僕は子規の随筆1、2冊、俳歌少々、「歌詠みに与ふる書」を読んだくらいで、とても子規論を読む気にならない。
特別作品30首
 小林幸子「満月祭」30首は、力量のある1群である。原発災害を、近しく詠んでいる。1首を引く。

森と森のあひの窪地に緑色のシートをかぶせてある仮置き場
作品12首
 天野匠「途中下車」12首が、庶民の現在を描く。次の1首が、危機下の行楽を描いて鋭い。
公園の浅きプールに子ら遊ぶ大人も濡れて楽しそうなり
作品7首
 小林亜起子「地獄覗き」7首は、家族の果て、生活の果てを描いて、感銘を与える。
ニシキギの雨に紅増しそういえばひとり暮しが楽なこの頃



 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第8歌集「方位」を読み了える。
 先行する歌集「荒神」は、今月9日の記事にアップした。
概要
 原著は、2003年、短歌研究社・刊。
 404首と、あとがきを収める。1998年~2000年の作品である。
感想
 生物学研究者として師を送り、後輩の研究者・学生に諭す立場でもあった。
 息子・淳に子ができて祖父となり、娘・紅は京都大学を卒業し父と同じ大学で研究者となった。
 また2000年には、妻・河野裕子に乳癌が見つかり、左乳房の乳腺の2/3を摘出した。河野裕子の歌(歌集「日付のある歌」より)に、「何といふ顔してわれを見るものか私はここよ吊り橋ぢやない」、「悔しがり大泣きしたるざんばらを黙し見てゐしは君と紅のみ」、他がある。

引用
 以下に7首を引く。
ゆで卵が湯に騒ぐなり澱のごとき敗北感は昨日より続く
将来の保証無き職業に耐え得ぬとまたひとりわが部屋を去りゆく
バンダナがまだ似あいおり似あうのにどうして父になるなどと言う
キャンパスの北部南部に棲みわけて娘とわれはときおり出会う
サイエンス以外はなべて遠ざけて来しと聞きしかばすなわちひるむ
大泣きに泣きたるあとにまだ泣きて泣きつつ包丁を研ぎいたるかな
ポケットに手を引き入れて歩みいつ嫌なのだ君が先に死ぬなど
0-78
写真ACの「童話キャラクター」より、「ピノキオ」のイラスト1枚。





IMG
 田村隆一の紀行エッセイ集「ボトルの方へ」を読み了える。
 僕は2000年、思潮社「田村隆一全詩集」を意を決して予約注文した。2007年初めより読み始め、5ヶ月間かけて読み了えた。1,500ページ近い、2重箱の大冊は、僕の本棚の宝物である。
概要
 田村隆一(たむら・りゅういち、1923年~1998年)は、詩誌「荒地」の創刊に参加し、戦後詩に多大な影響を与えた。また無類のお酒好きとして知られた。
 「ボトルの方へ」は、河出文庫、1982年・刊。ページはもう茶ばんでいる。
 すでに読んでいるかと、ブログ「サスケの本棚」、「風の庫」を検索したがヒットしないので、読みかけのままに仕舞って置かれたのだろう。
 大きく第1部「ウィスキー讃歌」と、第2部「僕の酔夢行」に別れる。
感想
 第1部「ウィスキー讃歌」は、カメラマンと共に、イギリスの各所のウィスキー醸造所を巡る旅である。
 章名でわかるように、お酒好きが、微細にわたり、心を籠めて、醸造法とウィスキー各種を褒め称えている。

 第2部「僕の酔夢行」は、日本各地の(戦時下の)思い出の地、また浅草三社祭、「越の寒梅」を求めて等、各地で日本酒を楽しむ旅である。
 全5編の内、「若狭の水」、「越の寒梅」、「越前ガニを食いに行く」と、3編もわが北陸を旅しており、地元民として嬉しい。
 ただし今の僕は、ほとんどお酒を飲まない。若い時には1時、ずいぶん飲んだものだが。


IMG
 福井県内にお住まいの詩人、N・としこさんが、短い手紙を添えて、同人詩誌「角(つの)」第42号、43号を贈って下さった。
 
同・43号は既に読んでおり、今年5月3日の記事に感想をアップした。
 同・42号が未読だったので、ここで紹介する。
 同誌の同人であり、福井詩壇の善き長老であった岡崎純氏が先日に亡くなられ、惜しい事であった。
 10名10編の詩、3編の散文を収めている。2017年1月・刊。
 巻頭のK・久璋さんの「隠語論」は、老いての性の関心を描くようだ。彼特有の露悪も見える。
 N・としこさんの「クローバー」は、クローバーの花輪を作った幼時、3歳の自分にクローバーを摘んでくれて出征し亡くなった父、の記憶が蘇ったしばらくを描く。
 末2連を引用する。
幾才月の
甘ずっぱい記憶が
いちどに よみがえって
しばらくは わたしの宇宙は静止したまま

とおくで
お昼のぼーが鳴る
 H・信和さんの「亀の事情」は、「亀の言葉を/僕は知らないのだった」と締められるが、この落着きはある意味、特殊である。
 今号に載らなかった、S・章人さん、H・秋穂さんも、次の第43号には作品を寄せている。期待される詩誌である。

↑このページのトップヘ