風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

読書

「歌壇」11月号
 綜合歌誌「歌壇」2018年11月号を、作品中心に読み了える。
 10月16日の記事
「入手した3冊(3)」で、3番目にアップした。
概要
 2018年11月1日付け・刊。169ページ。800円。
 毎度書く事だが、値上げせずに頑張っている事は尊敬する。1定の読者はおり、自費出版等の収入もあるのだろうけれども。
巻頭20首
 高野公彦(以下、敬称・略)の「海面は銀波」初めで、歩きスマホと幼児虐待を同等視するのは、如何なものか。安倍首相の顔を平手打ちする想像は、僕にはできない。
往復書簡
 宇田喜代子から馬場あき子へ宛てた書簡で、この夏の酷暑、豪雨が、恒常のものではないかとの怖れは、僕も感じた所だ。
ぶつかりインタビュー 第6回
 佐佐木定綱が寺井龍哉にインタビューしている。若者同士の対話となった。狭い範囲での先端的問題についても論じられている。
 「基本的歌権」が論じられている。僕はもっと一般的に、創作された芸術は、表現としてある程度以上の敬意を払われるべきだと、いう事だと思っている。大衆芸術の俳歌であっても。だから、むやみに貶したり、むやみに添削してはならない、と感じる。「基本的人権」と共に「基本的表現権」はある。
引用

 青木陽子の「アルバム」12首より。
痛きまで還らぬ日々を思ふ夜途切れては鳴く一つ蟋蟀
 感慨、述志から景物へ逸れてゆく詠み方は、これまで「なぜ言いきらないのだ」と嫌がってきたが、歳のせいか、好ましく思う歌もあるようになった。




 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、5番目の句集、皆吉爽雨「泉声」を読み了える。
 今月8日の記事、
西本一都・句集「景色」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、牧羊社・刊。420句、後記を収める。第9句集。
 皆吉爽雨(みなよし・そうう、1902年~1983年)は、初め「ホトトギス」に投句、1922年・同系の「山茶花」創刊に参加、1946年に俳誌「雪解(ゆきげ)」を創刊・主宰した。
 福井県出身であり、県ふるさと文学館で、郷土文学者の展示などに入るが、その点ではあまり評価されていないようだ。
感想
 「雪解」の言葉に「自然諷詠に彼岸の浄土を追求する。」があり、宗教的感覚が入ったようだ。
 社会性俳句、前衛俳句ではなく、伝統俳句の人として、例えば60年安保、70年安保にも恬然として、己の句境の深まりだけを願ったのだろうか。
 今の僕は、その平穏な境地が1種、羨ましい。過去は帰らないけれども。
 また多くの者に背を向け、見殺しにして、文学、特に俳歌に何の意義があるだろう、という思いもする。
引用
 以下に5句を引く。
もろ肩に錣(しころ)重畳武具かざる
堆書裡に古扇風機吾としづむ
買ひさげし棒のごときも苗木市
ねはん図の嘆きのかぎりなくて辞す
しぐるるやよべ祝(ほぎ)うけし花は壺に
0-89

写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


IMG_20180908_0001
 砂子屋書房・現代短歌文庫「藤原龍一郎歌集」より、初めの「夢みる頃を過ぎても」を読み了える。
 入手は9月9日の記事
「届いた2冊」で、同・歌集(正)(続)を挙げた。
概要
 彼は1952年・生。1971年・慶応大学入学。1972年に早稲田大学に移る。1971年。「短歌人」入会。
 原著は、1989年、邑書林・刊。
感想
 この歌集は、政治の季節に遅れて来た青年の、悲壮な情熱が虚しい現実に置かれ、悶える歌群である。
 19歳から37歳に渉り、大学卒業、就職、フリーランサー、AMラジオ局のディレクターと移り、彼にも挫折はあったのだろう。
 幾度か書くのだが、僕がもっと早く短歌を詠んでいたなら、苦しい青年時代を過ごさなくて済んだだろう、という思いがある。現実には1987年の「サラダ記念日」以後数年を経て、1990年、40歳頃に短歌を始めたのだった。高校生時代、文芸部の先輩が残した部誌に「若水の」などとあると、古く平凡だと見下げていた。もっと早く、短歌の力に気付くべきだった。
 知っている芸能人、固有名詞があり、同年輩の熱い歌集として、これから読む優れた歌集も楽しみである。
引用

 以下に7首を引く。
散華とはついにかえらぬあの春の岡田有希子のことなのだろう
世紀末そのAMの黄昏に「亡びて永遠(とわ)に」などと気どれば(マリオン前)
夢に顕つ見返り美人、月に雁、びいどろを吹く女とは何?
人生を八面体のサイコロにたとえ意味なき悲秋の都
土砂ぶりの雨の紫陽花色褪せて比喩で語れる人生なんか
いつか時代は季節となりて身辺に咲く花の色鳴く虫の声
テクノ・ギャル、美食家(グルメ)、通り魔、凍死せる浮浪者、歓喜の市を飾りて




 短歌新聞社「岡部文夫全歌集」(2008年・刊)より、合同歌集「候鳥」「湖明」の岡部文夫・集を読み了える。
 今月6日の記事、
3合同歌集より岡部文夫・集を読む、に次ぐ。
概要
 「候鳥」:1952年、長谷川書房・刊。全歌集で9ページ。
 「湖明」:1954年、海潮短歌会・刊。全歌集で見開き2ページ内。
感想
 戦後となると、自然詠は少なく、人事詠、家庭詠、心境詠が多くを占める。
 自然詠の余裕は少なく、満足していられなかったのだろう。
 この全歌集の後は、解説、年譜、初句索引などで、歌集編はこれで了いなのだが、934ページの大冊を読み了えた感慨はない。早い時期の合同歌集だからだろう。
 生前しまいの歌集、「雪天」を読み了えた時は、感慨があった。この歌人の場合、境涯と離しては、短歌を味わい得ないのだろう。
 彼が福井県を終生の地としてくれた事は、親しみと共に、感謝の念がある。
引用

 以下に7首を引く。
木蓮の花びら白く布(し)きたるを拾ふをさなご何に用ゐる
吾児(あこ)が持つしろたへ木槿(むくげ)八十四歳の君が母しきりにほしがりたまふ(哲久生家)
洗ひたる銀杏(ぎんなん)を白く石に置く老いてさびしきことばかりなり
すきとほるばかりになりし釘ひとつ紺の炎の中にみゆるを
蜜柑箱に桟を打ちゐし吾が妻が上等上等といひて立ちあがる
天井の影は煮干の籠ならむしまらく揺れてをりてやみたる
菜の花の中の往還を吾が母とをさなき吾とゆきし昨夜(よべ)の夢
0-08
写真ACより、「アールデコ・パターン」のイラスト1枚。



IMG_20180920_0007
 川上未映子の長編小説「ヘヴン」を読み了える。
 入手は先の9月21日の記事、
「頂いた本など9冊より(2)5冊」の、5冊目にアップした。
 9月18日の記事、「乳と卵」の感想に次ぐ。
概要
 講談社文庫。2017年・9刷。311ページ。
 初出は「群像」2009年8月号。単行本は、2009年9月、講談社・刊。
感想
 苛められる中学生「僕」と「コジマ」(女子生徒)の友情の物語である。苛める側の「二ノ宮」の凄惨さ、傍観者的に取り巻く知性派「百瀬」の無力さ、が描かれる。
 嬉しい時のドーパミン「うれぱみん」、悲しい時の「かなぱみん」、苦しい時の「くるぱみん」の造語が哀切である。
 「コジマ」は「苛められる」事をどんどん理論武装化し、遂には狂気に近くなる。「僕」は斜視の手術を受けて成功し、12月の木の葉の美しさを描いて巻末となる。「コジマ」はどうなるか。ある人は「人は一人一人、苦境から抜け出すしかないんだ。」と述べていた。夫婦の間は別として、と僕は思う。「コジマ」も機会を掴んで、苦境を脱け出るだろう。
 作家について。このように美しい純粋なストーリーを描ける娘さんが、今後どのようになるのだろうと不安を抱かせる。しかし、したたかに書き続けるだろう。


スタート→活用完全ガイド
 先の9月15日にダウンロードして、しばらく放って置いたが、Amazonのkindle unlimited本、「できるAmazonスタート→活用完全ガイド」を読み了える。読み了えると言っても、初めから了いまで読んだのではなく、大山賢太郎氏のデジタル読書法に従って、自分のよく知らない部分のみを、栞を入れて(ハイライト、メモを入れられない、固定レイアウトのムック本なので)読み進めた。
概要
 2018年2月26日、インプレス・刊。紙本:1,382円。kindle unlimited版:追加金無料。
感想
 知っている事項も多く、栞を入れたのは7ページのみである。
 AmazonEchoなどは、将来導入した際の事として。Kindle Singlesという、100円程の短編小説群がある事も。
 それより、この本を読んでいて、気づいた事がある。ムック本、雑誌等を読む場合の、要領である。
1・まず字が小さい(タブレットで読む際)ので、ページを拡大する必要がある。ピンチアウトするのではなく、ページ中央辺りをタップして、左下に出る「拡大」(小さく戻す時には「縮小」)をタップすれば、良い程度に拡大する。
2・1ページが画面一杯に収まらないので、左上より(左へめくる場合)より下へ、さらに右上より右下へ、画面をスライドすれば良い。
3・ページの切り替えは、縮小してフリックするのではなく、ページの左右の余白をタップすれば、その方向にめくれる。
4・栞の一覧から、初めそのページへ戻れない。項目の右下隅にある☆マークをタップして、★マークにする(お気に入りに入れる)と、そのページへ戻れる。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、4番目の句集、西本一都「景色(けいしょく)」を読み了える。
 先の9月14日の記事、
安住敦・句集「午前午後」に次ぐ。
概要
 原著は、1972年、東京美術・刊。834句、あとがきを収める。
 西本一都(にしもと・いっと、1905年~1991年)は、「若葉」、「ホトトギス」に投句、後に「若葉」編集長、「白魚火」主宰。
 不思議な事に、西本一都の名前が、三省堂「現代俳句大事典」(2005年・刊)にもWikipediaにも載っていない。美しい俳句を作ったのに、何か事情があるのかと、疑う程だ。
感想
 美を吟じた句に、稀に心境を吟じた句が混じる。余りに美に執着するので、美だけが俳句であるまい、美だけが芸術であるまい、と胸中に思ってしまう。経歴によって、俳句に執着した故もあるだろう。
 これだけの俳人が、歴史に埋もれるならば惜しい。
引用
 以下に5句を引く。
焼印の抜けんばかりに福杓子
佐渡びとの牛をあそばせ韮を摘む
紫陽花や任地変りしこと八たび(定年退職)
柿むくや徒食の爪ののびやすし
ああかくて胸に空洞蟻地獄
0-90

写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。


↑このページのトップヘ