風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

読書

CIMG9014
 小島ゆかり(敬称略)の新歌集が出ているという情報があったが、Amazonにも、発売元とされる現代短歌社のホームページにもなかった。
 さる方面に確認して、現代短歌社のホームページの「お問い合わせ欄」から注文して、取り寄せた。
 僕は雁書館の2in1シリーズから、柊書房の「作品集」をへて、その後もほとんどの歌集を読んで来た。
 彼女の純粋な歌境に惹かれる。初め10数枚の付箋を貼ったが、これまでに合わせて7首を以下に引く。
 父、小高賢、辻本美加、宮英子、高野氏夫人、などの多くの人を送っての挽歌も1部を占める。
模様ある尾をふることをしてみたし卵(たまご)あたたむることしてみたし
われ無しで子らはもう生きわれ無しでもう生きられず老いたる父母は
あまりにも悲しき父の晩年を諾ふための時間はじまる
悲しみを言はぬ人にてつねのごと神保町をわらひつつ行く
木枯らしにぽかんとひとつ雲浮かび次女の明子は音沙汰のなし
花見弁当ひらけばおもふ ほほゑみに肖てはるかなる<戦争放棄>
陽のにほふタオルかかへて 母よりも先に死んではいけないわたし

 角川書店「現代俳句大系」第10巻(1972年・刊)より、ブログ「サスケの本棚」の記事に続き、18番めの句集、「古沢太穂句集」を読みおえる。
 原著は、1955年、現代書房・刊。445句。
 古沢太穂(ふるさわ・たいほ、1913年~2000年)は、楸邨の「寒雷」に参加、のち「新俳句人連盟」に加入、「道標」主宰。
 初期の柔軟な句風から、社会性俳句運動に携わり定型を外れる句も多くなる。子への篤い情愛の句がまじる。
 社会性俳句について、この後の発展もあっただろうが、この「大系」でこれまで読んだ限りでは、不毛だった印象を僕は受ける。
 以下に5句を引く。短歌の7首より少ないのは、句界をより知らないためである。
虹立てり誰もながくは振りかえらず
片畝の残雪の道別るべし
ジャズ現つ紙屑を燃す霜の上
鵙鳴くや寝ころぶ胸へ子が寝ころぶ
子も手うつ冬夜北ぐにの魚とる歌
栗2
 フリー素材サイト「Pixabay」より、栗の1枚。

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年・2刷)より、詩集「人名詩集」を読みおえる。
 原著は、1971年、山梨シルクセンター出版・刊。19編。
 解説で大岡信は、「同時代の男の詩人たちが、幻滅と絶望と悲哀をうたいつづけているときに、彼女のうたはひときわすこやかに響いたし、響かざるをえなかった。」と書いている。
 「四月のうた」の終連で、「たった三世代の推移を/つぶさに見ているにすぎないが/できるなら見定めたいのだ/世代そのものの成長ということの/ありや なしや を」と、疑いもありながら世の進歩を願っている。
 「居酒屋にて」では、かわいがってくれた爺さんと、八人の子を育てたおふくろと、おおいに愛(め)でてくれた妻と、「俺には三人の記憶だけで十分だ!」と叫ぶ、源さんを描いている。
栗1
 フリー素材サイト「Pixabay」より、栗の
1枚。

CIMG9000
 砂子屋書房・現代短歌文庫「森岡貞香歌集」(2016年・刊)より、初めの歌集「白蛾」全編を読みおえる。
 原著は、1953年、第二書房・刊。
 1945年秋、夫が帰還したが、翌年春に急死した。
 一人息子との、寄る辺ない生活が、空想をまじえて描かれる。
 字余りの句も多く、整った作品ばかりとは言いがたい。
 しかし三島由紀夫の帯文、また戦後の風俗と合ったのか、好評で迎えられた第1歌集だったという。
 なおこの文庫には、あと「珊瑚数珠」と「百乳文」の全編を収める。
 以下に7首を引く。1部、正字を新漢字に替えてある。
壁に近く粉刷きをれる貌がわれ悲しみつきてほほゑまむとす
すり硝子黒くにじみて部屋の外をわれに近づきまた消ゆる影
月に照り枯生のやうな古畳さみしき母と坐らぬか子よ
あかあかと手足もそまるいまの日暮れに直に通へどかの日は過ぎぬ
からまつの厚き落葉にわれは坐り子は鞠のごとはづみてゐたり
群集に押さるるままに駅を出て放たれしわがあゆみの懈き
膝組みてたどたど毛絲織るわれは古代のをんなよりもくるしむ

CIMG8998
 「水脈の会」より、詩誌「水脈」57号を頂いた。2016年7月・刊。
 H・はつえさんの「水色の小花柄」、M・祐子さんの「ストレス」が、素直な詩で好ましい。
 S・周一さんが、A・雨子さん編集のアンソロジー、「福井の抒情詩人たち」を取り上げて、高く評価している。
 僕はこの本を受けた時、著作権が気になって、取り上げられなかった。
 次号は、亡くなられた阪下ひろ子さんの追悼特集を兼ねる、という事で期待される。

↑このページのトップヘ