風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。

 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)の、「「詩と詩論」より」から、1回目の紹介をする。
 先の6月20日の記事、
同・「「青騎士」より」に続く。
  春山行夫は1994年に亡くなっているので、4年前・1990年の吟遊社・版のこの詩集(米寿記念・出版)は、戦後に詩作の少なかった彼にとって、ほぼ全詩集と呼んで良いだろう。
 「詩と詩論」は、春山行夫・編集、厚生閣・刊のモダニズム詩誌(第14冊から「文学」と改題して文学誌となる)で、1928年~1933年、全20冊を刊行した。
 「「詩と詩論」より」は、この詩集(1段組み)で234ページ~310ページと長いので、2回に分け(1)~273ページ、第8冊まで(この詩集では、第14冊目までを納める)を記事アップする。
 「詩と詩論」は当時の、マルキシズム系、アナーキズム系の詩を除く、新しい詩のすべての流れが集まり、1大潮流となった。プロレタリア文学の詩観から独立し、レスプリ・ヌーボー(新詩精神)による詩作と、文化との連帯を目指した。
 社会性遊離の運動は、結局、社会より復讐され、滅びるより無かったのだろう。
 あと274ページ~310ページの37ページだが、無論理性の難物が待っている。
0-23
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




CIMG9386
 今月22日の記事「入手した2冊」で、頂いた事を報せた、同人詩誌「果実」76号を読み了える。
 
同・75号は、昨年10月22日の記事にアップした。
 今は政治家の強引な言動で、言葉に関わる者にとって、災難の時代である。詩を書く者にも、レトリックの美しさを誇る詩は、後退しつつあるようだ。
 「詩人は言葉の専門家ではなく、心の専門家でなけれなならない」という、僕の主張通り、「人の心」に執するものだけが、詩を書き続けられるだろう。
 N・昌弘さんの「黄色い世界」「マジシャン」は、背高泡立ち草、認知症患者に「成り代わる」方法で以って、辛うじてレトリックを成り立たせている。
 H・則行さんの「形見」は12歳で死に別れた父への思い、K・不二夫さんの「どちらがいいか」では妻との信念の齟齬が、W・本爾さんの「隣の空き地に」では、隣りの空き地に家を建て越して来る若い夫婦との、人間関係への期待が、詩を成り立たせている。
 T・篤朗さんは、東日本大震災「瓦礫のむこう」、核問題「人」と、困難なテーマに向かっている。「まんとひひ」の道化、「百日紅」の自然詩、「夕鶴」の民話も、失われて行く世界への予感が潜むようだ。


 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)の第2章「詩集未収録作品」より、初めの「「青騎士(せいきし)」より」を紹介する。
 先行する第5詩集
「鳥類学」は、今月1日の記事にアップした。
 「青騎士」は、1922年9月より、春山行夫の編集で、名古屋より不定期に15冊刊行された詩誌である(「詩集」解題に拠る)。
 他の詩集(未刊詩集「水の黄昏」を含む)に収められた詩編を除く、7編の初期の詩がここに収められた。
 冒頭の「青い花火」など、シュールなイメージの、物語風作品がある。詩人・立原道造(1914年~1939年)の、数多い物語に先行するのだろうか。
 「憂鬱と黄昏を吹く私の容貌」では、「このまゝ、灰色の願望(のぞみ)の中に額を埋めて嘆く私の花辧であつたら、/凋落(おちい)るまへに 私は告げなければならない/(そこには もう、無言の黒い服の男が 待つてゐるのではないか)/…」等の、優れた詩句がある。
 「墓参の正午(ひるどき)」では、「あゝ 片手には死 片手には薔薇/剪られて 日晩れの 私の生命の一年の日暦も いづくかに撒かれ/…」と、詩に生死を賭けた作者の思いもあったのだろう。
0-11
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、第5詩集「鳥類学」を読み了える。
 第4詩集
「花花」の紹介は、今月7日の記事にアップした。
 詩集「鳥類学」は、1940年、山雅堂・刊。「現代詩人全集」第4巻に所収。
 「一隅にて」の「チュウリップの植つた/小径をぐるぐるまはり/スミレ色のスウエタアを/一マイルもとばす/石造の噴水に/薔薇のアアチも咲きました/…」は、喧伝される都市モダニズムとして、幼く貧しい。
 「旅行記」の「町は一本のガラス管で/犬と蠅が往来する/酒屋が果物を並べている/貸馬車屋がホテルで/質屋が酒場だ/…」は、世の混乱を背景としたダダイズムだろう。
 最終章の名詞の羅列など、思考力の低下か。
 ともあれ、平和的繁栄を願い、危機への不安としての、戦前モダニズムの、最後の抵抗だっただろう。1941年12月、太平洋戦争が始まった。
 このあと春山行夫の詩集は、刊行されていない。モダニズムの無力さを思い知らされての、彼のけじめだろう。
0-04
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、第4詩集「花花」を読み了える。
 先行する詩集
「シルク&ミルク」は、先の5月27日の記事にアップした。
 詩集「花花」は、1935年、版画荘・刊。9章85編より、第1詩集「月の出る町」と重複する27編を除く58編を、この全詩集に収める。
 初期の詩と、「植物の断面」「シルク&ミルク」のモダニズムの成果から後退した、後の詩を混ぜて刊行したのなら、狡猾である。
 「途上」の「かさこそと水が鳴る 明日を待つ心に/(越方(こしかた)の希望(のぞみ)はかなしい!)//と、いろもましろな月 いざよへる水の上に澄む/(すつかり思ひも行ひも無駄であつた)/…」と、挫折と過去への哀惜を詠うようだ。
 「新月」では、「いま 積まれた清く暗い書物のかげに耳をすませ//そは暗き扉なり 眼をとく(’’)瞑ぢよ/あまたせはしき跫音は此方(こなた)に来るとも/煩累(わづらひ)のなかに眼をひらくことをやめよ」と、暗い時代を遣り過ごそうとしている。
 「新生の曙」では、「やるせなき哀愁を破る小さなる角が欲し/はるとともに新生の日はきたりてわがこころ萠えそめ/はるかなる曙の精気にうたれて東に対(た)つことをしたふ」の明るさは、心理的転向の証しだろうか。
 終編の「快楽」の末尾では、「ああ 私は兜虫のように/嗜眠のなかに青い薔薇のノスタルジアを夢みるのだ」と、甘い夢を詠っている。
 注:引用の中に、正字を新字に替えた所があります。
049
写真ACより、フラワーアレンジメントの1枚。


↑このページのトップヘ