風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

CIMG9159
 同人詩誌「果実」75号(2016年10月・刊)を、「果実の会」より頂いた。
 先の10月13日付け記事(←リンクしてあり)、「頂いた本と買った本、5冊」で紹介した内、3冊めである。
 「果実」は県内の教員、教員経験者を同人とし、今号では6名16編の詩と、3名3編の随筆を収めている。
 K・不二夫さんの「自分の看板」は、ネクタイを男のVゾーンに掲げる看板、と見立てて新しい。
 W・本爾さんは「うゐのおくやま けふこえて」の末2行で「知らないところで/時代が動く鐘が鳴っていた」と時代を捉える。
 N・昌弘さんは「… あの頃は/社会の代表のような顔をした/常識の看板を背負った人間は/敵だった」と書く。僕も若い頃はそうだった。
 意欲的な5編を、T・篤朗さんは載せているけれども、時に抹香臭くなるのは、失礼だが僕には向かない。
 随筆3編は、論理、ユーモア、実感がそれぞれ響く。


CIMG9157
 先の10月11日付けの記事(←リンクしてあり)で紹介した、「第5回ふるさと学級」のおり、詩人・有田幸代(ペンネーム)さんより、個人詩誌「野ゆき」vol.7を頂いた。
 詩の創作を尋ねると、「野ゆき」を年1回くらい発行のペースだと話していた。
 このvol.7には、5編の短めの詩を載せる。
 児童館にお勤めらしく、「ちりとり」では、児童らが競って掃除をし、ごみを見せにも来て、捨てる時にはなごり惜しそうな、純真を捉え得ている。
 5編の仕舞いは、次の作品である。
   夢の余韻
学生の頃憧れた人が
隣に座っている
膝がふれあうほど近い
温かさを感じながら
これはきっと夢だと
思いながらうれしかった
夢が覚めても余韻は残り
つい笑顔になった
いつもむっつりの彼が
笑っていた
ただそれだけのことだけど

 真面目・誠実な彼女の、この情ある1編は優しい。

ココア共和国
 仙台にお住まいの詩人、秋亜綺羅さんより、季刊個人詩誌「ココア共和国」vol.20を頂いた。
 入手は、今月13日の
記事(←リンクしてあり)、「頂いた本と買った本、5冊」にアップした。
 「招待★詩」の、いがらしみきお・1955年・生、佐々木英明・1948年・生、宇佐美孝二・1954年・生、佐藤龍一・1952年・生。発行者の秋亜綺羅は1951年・生。
 僕の生年とわずかに前後する。失礼かも知れないが、オールド・ファッション・タイプの詩は、僕にわかる所があり、ありがたい。
 佐藤龍一さん「銃弾・紋白蝶・海」の、「百年の誤読」の句には、笑ってしまう。ガルシア・マルケスの小説「百年の孤独」(焼酎か何か酒の名前にもなっている)の、見事なもじりである。それ自身が誤読であり、読書中に眼と心が疲れて誤読する様を、よく表わしている。
 「招待★短歌」で藤本玲未さんの連作「あとがきの舟」28首は新しいが、僕のわかる所がある。短歌は詩と違って、歌誌や歌集で、新旧の短歌を、読み続けているからだ。「鍵の鳴る音がきこえてとりあえずふすまを閉める弟らしさ」最もわかりやすい1首。
 秋亜綺羅さん「きみのこと」では、「きみのためなら死ねる/なんていえないけれど/ぼくはぼくよりきみが好きです」と書ける詩人と相手が、羨ましい。
 秋亜綺羅さんのエッセイ「1200字のひとりごと」9編は、学ぶ所が多い。政治・経済にも大胆な提言をするが、実行可能かどうか、僕にはわからない。

 

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「倚りかからず」を読みおえる。
 今月4日の
記事(←リンクしてあり)、「食卓に珈琲の匂い流れ」に継ぐ。
 原著は、1999年、筑摩書房・刊。
 「鄙(ひな)ぶりの唄」では「なぜ国歌など/ものものしくうたう必要がありましょう/おおかたは侵略の血でよごれ/腹黒の過去を隠しもちながら/口を拭って起立して/直立不動でうたわなければならないか/聞かなければならないか/(2字あき)私は立たない 坐っています」と、辛辣に国歌と国歌斉唱を戦中派の視点で批判し、歌のほしいときは民謡を、と薦めている。
 「店の名」では、「<はるばる屋>という店がある/インドやネパール チベットやタイの/雑貨や衣類を売っている/…//<なつかし屋>という店がある/友人のそのまた友人のやっている古書店/…//<去年屋>という店がある/去年はやって今年はややすたれた衣類を/安く売っているらしい/…」と、次作の「時代おくれ」と共に、ノスタルジックな作品である。
 標題作の「倚りかからず」では、東欧・ソ連の破綻等を受けてか(彼女は社会主義を信じてはいなかっただろうが)、できあいの思想、宗教、学問、いかなる権威にも、倚りかからない、と宣言する。
 「マザー・テレサの瞳(ひとみ)」の末連は、次のようである。「――言葉が多すぎます/といって一九九七年/その人は去った」。
apple8
フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。


 

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「食卓に珈琲の匂い流れ」を読みおえる。
 先月9月27日の
記事(←リンクしてあり)、「詩集未収録作品」に継ぐ。
 原著は、1992年、花神社・刊。2部22編。
 「娘たち」の末2連では、「そしてまた あらたな旅だち/遠いいのちをひきついで さらに華やぐ娘たち//母や祖母の名残りの品を/身のどこかに ひとつだけ飾ったりして」と、女性のファッションへの愛着と継承に注目する。 
 「今昔」では青年僧・良寛を旅人の回想として、「沈黙が威圧ではなく/春風のようにひとを包む/そんな在りようの/身に添うたひともあったのだ」と描く。
 標題作「食卓に珈琲の匂い流れ」では、「さながら難民のようだった新婚時代/(1行・略)/みんな貧しくて/それなのに/シンポジウムだサークルだと沸き立っていた/やっと珈琲らしい珈琲がのめる時代/一滴一滴したたり落ちる液体の香り」と、中流の生活を得た安心を述べる。
 時代の経済的発展を認めながら、心が喪いそうな事に敏感である。
コスモス6
「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。


 花神社「茨木のり子全詩集」(花神社、2013年・2刷)より、「花神ブックスⅠ 茨木のり子」に収められた、「詩集未収録作品」10編を読みおえる。
 今月22日の
記事(←リンクしてあり)、詩集「寸志」に継ぐ。
 原著は、1985年、花神社・刊。
 詩集未収録作品といっても、新作ではなく、それまでに紙誌に寄せた作品である。
 「一人は賑やか」での末連では、「一人でいるのは賑やか/誓って負け惜しみなんかじゃない」と書く。僕も職をリタイアして、一人で家に籠もる日が多いが、ネット上の繋がりがあるとはいえ、孤独はあまり感じない(淋しくてたまらない日は、喫茶店へ行く)。
 「九月のうた」の末連では、「思えば幼い頃の宿題は易しかった/人生の宿題の/重たさにくらべたら」(下辺揃え)と、大人の悩みを嘆く。
コスモス3
「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。



 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「寸志」を読みおえる。
 今月15日の記事(←リンクしてあり)で紹介した、「自分の感受性くらい」に継ぐ。
 原著は、1982年、花神社・刊。21編。
 「問い」では「ゆっくり考えてみなければ」のリフレイン、「落ちこぼれ」では「落ちこぼれにこそ/魅力も風合いも薫るのに」と、忙しい世間に批判の念を示す。
 「聴く力」では、「どう言いくるめようか/どう圧倒してやろうか//だが/どうして言葉たり得よう/他のものを じっと/受けとめる力がなければ」と結んでいる。
 昔、論争に嘘をついてでも勝とうとする上司がいたが、その末路は哀れだった。
 僕も議論しないではないが、言い勝とうとするより、双方に良い1アップした結論を探すためである。
柿4
フリー素材サイト「Pixabay」より、柿の1枚。

↑このページのトップヘ