風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、「第Ⅳ部 初期詩編」の「Ⅺ 残照編 (1949~1950)」を読み了える。7回目の紹介である。
 先行する
同・「Ⅹ 詩稿Ⅹ」は、今月13日の記事にアップした。
概要
 27編を集める。なお(1949~1950)と添え書きされるが、1950年には「Ⅻ 日時計編Ⅰ」148編が制作されている。
 手製の原稿用紙24枚の表裏48ページの詩稿とされる。全50編のうち、残り23編は判読困難とされて、収められなかった。
感想
 この詩編群では、これまでよりも思想性が露わになっている。
 「午前」では「清廉 潔白 端正な形の眉/ああそいつはぼくの心理のいづれのはしくれも占めてゐない/汚濁 反抗 忿瞋と泥沼/まるでどうにもならないやりきれなさで充ちてゐるんだ」と戦後派のやりきれなさを描いている。
 「理神の独白」では、「ぼくは生存の条件/を何か他の要素でおきかへたため 脱落して路頭にある」と孤立の思いを確かめている。
 「列島の民のための歌」では「大凡ありとあらゆる地上の愚劣と卑小は/この島を占有してゐる/いまも眠つてゐる太古のままの民たちよ」と日本庶民の未開を嘆く。
 「昔の歌」では「ぼくもうたをうたふからには/たしかに人間の集積してきた巨大な精神を/すべて忌みきらひ反抗するのであつて/妥協の余地はないのである」と、反抗の詩人としての決意を明らかにしている。
 「長駆」では「たゆたふことなく論理は心理の影像を帯びはじめた」と心理と論理の一体化した、思想を展べる基礎が現われる。
0-01
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。



 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、「第Ⅳ部 初期詩編」の「Ⅹ 詩稿Ⅹ(1948)」の(2)残り63編の詩編より紹介する。6回目の紹介である。
 
5回目の紹介は、今月4日の記事にアップした。
概要
 前回は、104編ある「詩稿Ⅹ」のうち、初めの「挽歌」より41編目の「打鐘の時」までを読んだ。今回は42編目の「芥河」からしまいの「(とほい昔のひとが住んでゐる)」に至る63編を読み了える。
 1948年の詩作の、現在発見されている詩稿のすべてと思われる。「詩稿Ⅴ」~「詩稿Ⅸ」は発見されていない。
感想
 変わらず旧仮名遣い(1部誤まっている)であり、定型調の短詩が散見される。
 ハイトーンに「訣別」のテーマが詠われる。「回帰の幻想」の「立ち訣れた心理のイメージの中に/…」、「青桐」の「時がふたりを訣れさせる/…」、「荒天」の「訣れ路をひとがとほる/…」、「告訣」、と止めどがない。
 「雪崩」の末連「すなはち女性からは絶望を宣告され/高邁なヒユマニズムの医師からは/ありつたけの力で逃げてきた/ひん死の病者こそわたしだから」と自分を見詰め、掉尾の「(とほい昔のひとが住んでゐた)」の終行で「おゝこれからはどうしよう!」と嘆いている。
 しかし「少年期」の末2行「もうすべてが視えなくなつたかはりに/すべてがみえるようになったから」と不可視の関係が視えるようになった彼は、「祈り」の第2連「おお/貧しいものたち/おまへの願ひは決してきかれない/鋭敏な革命家によつても/神によつても」と、庶民からの思想に出立するようである。
0-10

写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。


 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、「第Ⅳ部 初期詩編」の「Ⅸ 白日の旅から (1947)」3編と、「Ⅹ 詩稿Ⅹ (1948)」より1回目を、紹介する。
 
前回は、昨年12月2日の記事にアップした。5回目の紹介である。
Ⅸ 白日の旅から (1947)
 3編の詩のみより成る。「定本詩集」編に収められた長詩「(海の風に)」と同じ日記帳断片に、ばらばらに収められていたという。
 「(にぶい陽の耀きが洩れて)」は、題名がなく、初行を題名としたのだろうか。「草葉のやうになげき/鳥たちのやうにうたふ/だが異様につらいうたを」とあり、のびやかな口調で苛酷な心を謳う素地はあった。
Ⅹ 詩稿Ⅹ (1948)
 雑記帳に書かれた104編より、あまりに編数が多いので、今回は初めの「挽歌」より「打鐘の時」に至る41編を読み了える。彼は22歳くらいと若く、嘆き(姉を亡くした嘆きとされる)も、怒りも、僕には遠い。
 「打鐘の時」では、「瞋怒は過去に投げられ/…/影ははるばる過去を投げて」と謳われる。今の僕には、成されないであろう事に由って未来に瞋恚を持ち、過去はささやかながら愛しむものである。
 彼の老年の思いが、後期の詩篇より読み取れるか、今はわからない。
0-02

写真ACより、「おもてなし」のイラスト1枚。


IMG
 昨日に紹介した2冊の内、A・幸代さんの個人詩誌、「野ゆき」vol.8を読み了える。
 
同・vol.7は、昨年10月21日の記事にアップした。
概要
 自身が年1回くらいの発行、と話していた。他に福井県詩人懇話会・刊の年刊アンソロジー「詩集ふくい」に発表の場がある。
 この詩誌は、2017年冬・と記されて発行されている。
 「ありがとう」、「ひっくり返る」、「雀」、「落ち葉」、「遠い約束」の短い詩5編が、横長1ページに1編ずつ収められている。
感想
 彼女は僕より少し年上な、芯のしっかりした、誠実な方である。僕のように、いつまでもあちこち跳び回ってはいない。誠実さを表わそうとすると、自分の中の歪みを意識して、ためらったり、疑念を持ったりしてしまう。
 それを表わせるのは、彼女が大人なのだろう。その誠実さは、娘さんにも継がれて、詩「ありがとう」になっている。
 時事を思わせる「雀」、生を思う「落ち葉」、艶のある「遠い約束」、いずれも佳品である。
引用

 ユーモラスで、幸せそうな、「ひっくり返る」全編を引く。

  ひっくり返る

やんちゃなくせに
むくれてひっくり返る
取扱説明書が欲しいものだと
娘と話していた
敵もさるものひっかくもの
予約までして借りた本を
珍しく熱心に読んでいた
「かあちゃんトリセツ」
ひっくり返るのはこちらの方だ




 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、初期詩編の4回目の紹介をする。
 
同・3回目は、先の11月16日の記事にアップした。
 今回に紹介するのは、「第Ⅳ部 初期詩編」より、「Ⅶ 詩稿Ⅳ(1946)」24編と、「Ⅷ かなしきいこひに(1947)」21編である。
詩稿Ⅳ(1946)
 1946年の詩作の内、「時禱」詩編に収められた少数を除き、すべてが収められていると、目次を追ってわかる。
 「童子像」(同名2作目の、フランス語の副題のある方)では、「(血まみれたみちをゆくがよい/童子よ/うまれたときからの執着の匂ひをさけてはいけない/あの風のこころとおまへのこころとどこに関りあらう」と、人の欲望を肯定するかのようだ。同じ詩に「童子のまへには無限の砂礫があるのみ/もろもろの門は架空のおきてのみ/…/或日/童子は天の眷属/あの強じんな風に訣れた」と結んで、天の無垢と別れ、もろもろの門(イデオロギー、宗派)とも別れ、地の砂礫を走る事を決意するのだ。
 「幼年」の1行では、「さあれ幼き日のおまへの生きた如くいまもナルチスムスの飢えを充さねばならぬ」と書いて、後に明らかとなる強いナルシシズムの現われを見せる。
かなしきいこひに(1947)

 1947年の詩作の内、「時禱」詩編、このあとの「Ⅸ 白日の旅から」に収めた3編、を除くすべてである。
 冒頭の「かなしきいこひに」は、幼い者たちに寄せて懐旧しながら、「わたしはたすかるだらうか/これからはたったひとり/兎小屋の兎をみたりして/おたまじゃくしの尾をみたりして/またひとりでゆけるだらうか」と生の危機感を描き、立原道造の詩の影響も感じさせる。
 「秋」は57調の7行の詩で、新体詩を思わせ、古い詩型への思いが残っていた事を示す。
 集の末尾の「黄昏に」を、「黄昏/わたしにはあらゆることが見えている/わたしはうす雲の反映に/もうすべてを忘れることができる/わたしはあぶなくはなく独りでゐる」と締めて、戦前への決別と、生の自信をうたっている。
0-02
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。


IMG
 先の11月19日の「2017ふくい詩祭」のおり、K・久璋さんから、詩誌「天彦」第10号(B5判、2段組み、22ページ)と、「海の宮」2016年秋・2017年夏よりの抜き刷りを頂いた。「天彦(あまびこ)」第10号は、通常の詩欄と、今年6月に逝かれた詩人を偲ぶ「追悼 岡崎純」と、終刊記念文集を収める。
詩欄
 5名が6編の詩を寄せている。
 A・ひなさんの「草和(くさな)ぎ」は、前衛的な詩である。ところどころ、主語・目的語・述語を省いて、散文的には読ませない。
 N・六さんの「退職金」は、退職金受領の話ながら、悲哀感と危機感に満たされている。
 M・りょうこさんの2編の内、「詩に出会って」では、10年もんもんとして答を探して歩いた、としながら「只、その時々の思いを/文字に乗せて/残すということだけは/出来た」と断言し、出会いがあり人生が広がったと感謝している。詩の徳だろうか。
岡崎純追悼

 追悼として、7名が「1番好きな詩」などを挙げながら、故人の詩法を解いている。
終刊に寄せて
 7名の7編の文章と、Y・万喜さん・編の「「美浜詩の会」の十年の歩み」を載せる。
 代表であるK・久璋さんの「『天彦』の十年、美浜詩の会の今後」にある通り、詩の講座の受講生から始まった同誌だが、会員が力を付け、同人詩誌「角」の同人となった故の終刊である。会は継続・続行するとの事。
奥付け
 2017年11月3日、美浜詩の会・刊。なお「あとがき」に由ると、K・久璋さんが第3詩集「賜物」で、小野十三郎賞を受賞したという事で、おめでたい事である。



 思潮社「吉本隆明全詩集」(2003年2刷)より、初期詩編の3回目の紹介をする。
 
同・2回目は、今月1日の記事にアップした。
概要
 戦後の初めの詩、「Ⅴ 「時禱」詩編 (1946~1947)」11編と、「Ⅵ (1946~1950)」8編である。
Ⅴ 「時禱」詩編
 「時禱」詩編の初め、「習作四(宝塔)」では、「一木を重ねまた一木を重ねなほ苦しい忍耐のあと//この巨大な虚無は組立てられたでせう」と、戦後へ踏み出す思いを述べる。「習作五」「習作七」と続くが、欠落している番号の詩は、散逸したのだろうか。
 「習作廿四(米沢市)」は散文詩であり、戦前にもわずかにあったが、1952年の「固有時のとの対話」に至る散文詩の始まりだったろうか。
 「習作四十三(愛歓)」では、「お前を捉へイタリアン・ロンド風の/古風な踊りをしたいのだけれど/そんなにもわたしが嫌ひなのか/それとも斯うして/追ひ追はれてゐることが/意味ある愛歓の舞踏だといふのか」と結んで、恋の駆け引きを否定する。


 「Ⅵ (1946~1950)」は8編だけれど、この時期には他に多数の詩が書かれ、まとめられている。まとめに入らなかった作品を集めたのだろう。75調や外国の詩に学んだ作の最後に、散文詩「影の別離の歌」が置かれる。重要な所で、散文詩が現われる。想いが強過ぎて、行分け詩では砕けてしまう所を、散文の形で緩め、意味を強くして、耐えさせているのだろう。
 次は「Ⅶ 詩稿Ⅳ (1946)」と「Ⅷ かなしきいこひに (1947)」を、紹介したい。
0-47
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、猿のイラスト1枚。




 

↑このページのトップヘ