風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

買い物

 大動脈瘤の開胸手術を僕が嫌がった頃、妻と取り引きをした。前から欲しかった、JBLのステレオスピーカーを買ってくれるなら、喜んで手術を受けると申し出た。ねだるのは、僕が幼いのだろうか。
 4月5日の、K病院のL医師の再診で、4月23日の手術が決まった。さっそくAmazonより、JBLの4312MⅡ Black、67,194円也を注文した。

 翌日4月6日に届き、さっそく開梱して設置した。

ステレオ・スピーカーJBLマーク
 左の写真は、2台セット、右側のスピーカーは前面カバーを外してある。右の写真は、側面のJBLのマーク。
 新品の3ウェイスピーカーのセットで、Amazon上では1番安い。大きさを調べると、高さ30㎝で、これまでの2ウェイスピーカーよりも小さい。コンパクト設計である。
 セパレート・ステレオセット(チューナー、CDデッキ、アンプ、スピーカー)は、応接間(12畳)に置いてある。60ワット×5燭のシャンデリアが下がっているけれど、部屋の4面の3面は本棚が塞ぎ、残る1面も半分は食器棚(妻の嫁入り道具)が塞ぎ、外光が入らない。それで写真を撮れない。フラッシュを焚くと、変に光る。写真は、内玄関より上がった所で、玄関を開け外光を入れて撮った。
 ステレオでベンチャーズのCDを聴くと、高音・低音を含め、とても音が良い。外国製のオーディオ機器には、廉価で高性能の品があるが、経験上、耐久性に乏しいようだ。
 ふと思いついて、洗濯物を取り込む妻(月10日のアルバイトをしている)に、「6万7千円て、〇子の1ヶ月分の給料でねえけ?」と訊くと、「そうよ。なに?」と無邪気に応えるので、僕は「スマン」と心から詫びた。




 最近に手許に届いた2冊を紹介する。
 今月4日の記事で、釈迢空の全詩集Kindle Unlimited版のダウンロードを報せた。

 その際、彼の全歌集をほしいと書いた。それがAmazonで検索すると、角川ソフィア文庫にあった。
釈迢空全歌集 (角川ソフィア文庫)
折口 信夫
KADOKAWA/角川学芸出版
2016-06-18

 ただし税別:1,640円とかなり高価である。メルカリで古本が出ていないか調べると、古本はないが、新刊書・部門のメルカリブックスで出ている。メルカリはdポイントが使え、僕の分の期間限定ポイントが残っていたので、ポイントで買った。
 未読の歌集「遠やまひこ」を含む。「山の端」はないが、未刊歌集に含まれるのかも知れない。


 実はボタンで唯一の斑入り品種「島錦」の苗を買ったのである。楽天のある店で、接ぎ木2年生・苗:2,400円、送料:880円、合計:3,280円のところ、楽天ポイントを使って、1,111円のクレジット払いで済んだ。苗はもう10号鉢に植え付けた。莟が1つある。
 解説書が1,045円と割高だが、株は大きくなるかも知れないし、ボタンを買い増すかもしれない。毎月の世話が書いてあるのは、わかりやすい。
1 (6)

写真ACより、「ガーデニング」のイラスト1枚。



 最近に手許に届いた、3冊を紹介する。

歌壇2021年4月号
本阿弥書店
2021-03-13

 まず総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2021年4月号が届いた。
 毎月14日頃に書店に並び、直接の通販では14日頃に届くようである。定価:900円(税・送料・込み)。
 僕は数種ある総合歌誌の内、「歌壇」だけを予約購読している。

COCOON  Issue19
 COCOONの会より、同人歌誌「COCOON」Issue19が届いた。3月15日・刊。85ページ。定価:500円(税・送料・込み)。
 結社「コスモス短歌会」の若手歌人(1965年以降・生まれ)を同人とする。


 思潮社の現代詩文庫「辻征夫詩集」を読んでおり、続・同も入手したので、続続・同を買った。現品には帯がある。
 メルカリの新刊書店部門、メルカリブックスより、dポイントを1,281ポイント使った。メルカリではdポイントを使える。妻と共通のポイントだが、期間限定分は僕に使わせてくれる。

 本棚より取り出した本、ダウンロードした本、取り寄せた本、被贈の本など、溜まってきて、順調な読書が難しい状態である。


 連日の買い物紹介で申し訳ないが、デジ一眼用のクローズアップレンズ(Kenko製、No.5)をAmazonで買った。送料込み:1,473円。
 デジ一眼を買ったのは、2020年6月である。



マクロフィルター
 左手前が箱、左奥がビニールケース、右奥がクローズアップレンズである。
 僕のミラーレス・デジ一眼の望遠レンズ(18ミリ~135ミリ、35ミリ換算:27ミリ~202ミリ)の、最短撮影距離が45センチなのだが、マクロレンズを買えない。クローズアップレンズを付け、寄って鮮明な花を撮り、僕のインスタグラムxinsasukeへアップしようという考えである。撮影距離は、14センチ~20センチとの事。
 今日はよく晴れたので、庭の椿の白花を撮って、比べてみた。

望遠
 まず望遠レンズを少し望遠側にして撮り、トリミングした。

マクロ
 クローズアップレンズを付けて、接写した。
 要の雄蕊の描写は、あまり変わらない。僕の腕のせいかも知れない。
 今は望遠レンズより、クローズアップレンズを外している。


 3月16日9時10分に、妻の車運転で家を出て、ガソリンスタンドに寄り、S総合病院に9時半頃に入る。診察を2つ受け、薬局で1時間待ち。郵便局に寄り、帰宅すると午後1時半だった。すっかり疲れて、疲れが取れないので、エアコン工事の話で済ませる。
 先日、妻と某電器量販店へ行き、僕の2階の寝室(6畳間)の新エアコンを買った。工事費(室外機の架台の交換を含む)込みで、25万円だった。3月15日(第2月曜日)の9時~12時の間に委託業者が来て、3時間以内に仕舞うという話だった。
 15日の午前10時に委託業者が来た。口の利き方の悪い青年一人で、僕は嫌な予感がした。
 2019年4月2日の記事にアップした、居間のエアコンの時には、4人が来たからである。もっとも配線を這わせる工事もあったけれど。

(記事の画像が消えています)。

 やはり青年は、大きなミスを2つした(内1つは、費用を委託業者が持つことになった)。
 以下はこれまでの旧機の写真である。
旧エアコン
 10年近く前の設置で、明確でないが富士通製だと思う。
 感熱部に手をかざさないと風を吹き出さない時が多い、ゴミを散らかすようだ、と不都合が重なった。
 以下は新機の写真である。
新エアコン
 旧機よりやや大きく、違いはおわかりだろう。日立の「白くまくん」である。写真は、2枚ともフラッシュを使ったので、白っぽく写っている。
 12時半、試運転を了えて、業者の青年は旧機処分代(契約通り)の2,090円を受取って帰った。
 8畳~10畳用である。寝室は6畳だが、1階なら広縁にあたる3畳ほどの廊下に机・他を置き、パソコン室にしているため、必要なのである。仕切りの障子戸は2枚開けている。新機のリモコンには、AI機能もあり、強力そうだ。
 冬の暖房はファンヒーター等で済ませており、エアコンでの暖房はしない。夏場の冷房が楽しみである。



 

 今日2回めの記事更新です。
 メルカリへ本を出品する時など、写真を写す際、スタンド灯は2台ほしいものです。
 僕も2台のスタンド灯を使っていたのですが、蛍光灯スタンド灯の方の1台が、蛍光管の寿命でかダメになりました。
 先日、電器量販店「百満ボルト」本店にて、LEDスタンド灯を買いました。
新LEDスタンド灯
 ユアサプライムス(株)のLEDスタンド灯、Live TecのLGD-A112(W)首曲げ可、光度調節付きです。

故障した蛍光灯スタンド灯
 故障した、蛍光灯スタンド灯です、首曲げ可。ずいぶん長く使って来ました。
 もう燃えない粗大ゴミとして処分します。

以前からのLEDスタンド灯
 もう1台、以前から使っているLEDスタンド灯(点灯中)です。(株)電響社の、DLS-H2008BKです。首曲げ可、光度調節付きです。新しいスタンド灯に比べて、光量がやや少ないようです。温度、日時表示が付いていますが、電波時計ではないので日時(曜日を含む)は、ずれます。
 新しいスタンド灯と合わせて、先日さっそく活躍してくれました。



 最近にAmazonのKindleストアより、4冊のKindle本をタブレットにダウンロードしたので、紹介する。

釈迢空全詩集
釈迢空
やまとうたeブックス
2017-03-16



 やまとうたeブックス・刊の「釈迢空全詩集」Kindle Unlimited版が出ていたので、ダウンロードした。釈迢空(しゃく・ちょうくう、折口信夫、1887年~1953年)の著作権が切れたので、Kindleストアには安価なKindle版全集や、この本が出ている。
 僕は日本文学全集の釈迢空集で、詩集「古代感愛集」「近代悲傷集」「現代襤褸集」の3冊を既に読んでいるので、補遺の詩作品のみが未読である。歌集は後期の「遠やまひこ」「山の端」を読んでいないので、全歌集を廉価に入手したいものだ。




 僕はKDP本を発行し、これからも続けて行くつもりである。ただしそれで大儲けしようとは思わない。しかし無料キャンペーン中であろうと、もっと読者が付いてくれないと、発行した意義がない。それでこのようなガイド本を読むのである。以前にも、優れたアドバイスを得た本がある。

家庭サスペンスvol.23 特集:毒身内
佐嶋しおり
笠倉出版社
2020-01-22

 マンガ誌「家庭サスペンス」vol.23(特集「毒身内」)が、Kindle Unlimited版になっていたので、ダウンロードした。ブログの先輩・暁龍さんのマンガ「可哀想な姉」が載るからである。



 

↑このページのトップヘ