風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

買い物


CIMG9187
 先の11月1日に、2冊の文庫本を買った。
 まず「パワーセンター ワッセ」内の書店「KaBoS ワッセ店」で、迷ったあげく、岩波文庫を買った。
 「マゼラン 世界最初の世界一周航海」(2011年3月・刊)。
 乗組員とスペイン国王秘書の記録である。
 新潮文庫の「○○予想」という、数学の証明の物語も買いたかった。
 僕は文系だけれど、「ポアンカレ予想」「フェルマーの最終定理」「4色問題」の証明の物語を読んで来た。
 またブログ入門書も、初心に立ち会うべく買いたかったが、諦めた。
CIMG9191
 帰途、TSUTAYA某店に寄る。帰宅時刻なので、混んでいるかと思ったが、駐車場は空いていた。
 集英社オレンジ文庫、青木祐子「これは経費で落ちません!」(2016年9月・5刷)。Tポイントも使って買った。
 情熱的なラブストーリーではなく、醒めている経理課女性の物語らしい。
 この2冊は、しばらくお蔵入りだろう。


CIMG9185
 僕が参加している同人詩誌、「青魚」のNo.85が出来上がり、発送担当分を含めて、10冊が送られて来た。
 B5判、2段組、40ページ。執筆者18名。
 2016年10月31日、鯖江詩の会・刊。
 判が大きく、2段組なので、収載容量が大きく、詩、エッセイ、本格的研究、など多彩である。
 全体を読みおえたなら、再びここで紹介したい。
 なお僕は、ソネット形式の詩、8編を寄せている。「詩集ふくい2016」にも載せた「住所印を洗う」を除く7編を、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、11月1日の
記事(←リンクしてあり)以降、1日1編ずつ紹介してゆく予定なので、横書きながらご覧ください。

CIMG9181
 福井県詩人懇話会から、「年刊 詩集ふくい2016 第32集」2冊が届いた。
 57名63編(一人2編以内、4ページまで、参加できる)の詩と、執筆者名簿、「’15ふくい詩祭 記録」を合わせて、179ページに収める。
 2016年10月30日・刊。
 福井県在住、あるいはゆかりのある詩人の作品の、1年1度のアンソロジーである。
 また’15ふくい詩祭の全記録を、モノクロ写真と共に収める。
 僕もソネット「住所印を洗う」を寄せていて、内容はもう1つのブログ、「新サスケと短歌と詩」の10月27日付けの
記事(←リンクしてあり)に横書きながらアップしたので、ご覧ください。
 この本を読み通したなら、またここにアップしたい。

 最近に手許に届いた4冊を、以下に写真付きで紹介する。
 もう写真をアップしない本もあるからだ。
CIMG9144
 まず結社歌誌「コスモス」2016年11月号。
 通例だと、15日・発送、17日(月曜日)到着だと思っていたが、15日(土曜日)に届いてしまった。
 編集部、事務局のご努力である。
 僕の歌は、10首出詠の内、3首選だった。
 アメブロ「新サスケと短歌と詩」の、10月17日付け
記事(←リンクしてある)にアップしたので、ご覧ください。
CIMG9147
 次いで、Amazonに予約してあった総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年11月号が、同時に届いた。
 読みおえたなら、またここで紹介したい。
CIMG9150
 村上春樹の自伝的エッセイ(?)「職業としての小説家」(新潮文庫、2016年10月1日・刊)。
 単行本では買わないが、文庫本になったのでAmazonより買った。
 実は10月13日の記事、「頂いた本と買った本、5冊」の時点で、購入済みだったが、挙げ忘れていた。お蔵入りという愛書法もある。
永田和宏 新版 作歌のヒント
 永田和宏「新版 作歌のヒント」kindle版を、タブレットに収めた。
 以前、紙本版を買い、通読し、回し読みもしたのだが、古本屋へ売ってしまって、後悔した。
 紙本新刊と中古本との中間の値段で、昨日、Amazonのkindle版をダウンロードした。おりにつけ、読んでゆきたい。字の大きさも適切である。



 最近に4冊の本を頂き、1冊のkindle本を買った。
 以下に列挙する。写真は、各冊を読んでの紹介時にアップしたい。
 この記事のカテゴリに困って、「買い物―本」に入れてあるので、ご容赦願いたい。
1・秋亜綺羅・季刊個人詩誌「ココア共和国」vol.20
2・有田幸代・個人詩誌「野ゆき」vol.7
3・同人詩誌「果実」75号、6名16編の詩、他
4・宮本君子・第2歌集「梅雨空の沙羅」
5・中家菜津子・詩歌集「うずく、まる」(kindle本)
 せっせと読まなくては。
apple3
フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。




CIMG9068

 先の9月25日(第4日曜日)、妻のスマホを機種変更するため、2人でドコモ某店を訪れた。
 その時、僕のタブレットも2年過ぎた所で、妻も店員も機種変更を勧めた。
 これまでの愛着があるので渋ったが、軽く(画面サイズは10、1インチ→10、3or10.5インチ)、画面がきれいで、通信も速く、ついに買い換えた。
 旧機種は、富士通のARROWS Tab F-02F、新機種は同じ富士通のARROWS Tab F-04Hである。
 色々と設定し、フィルムシールもAmazonで買って貼り付け、活用している。
 kindle本を読んだり、サイズの大きいのはありがたい。画面は、簡単操作画面である。2枚め以降に、Kindle、Chrome、TWitterなどのバナーがある。
 マニュアル本なしで、ほぼ使えそうだ。

CIMG9036
 Amazonに予約注文しておいた、総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年10月号が、9月15日に届いた。
 特集は、「米と米作りの短歌から見る時代」。時節に合った特集を考えるのも、たいへんだろう。
 高野公彦インタビュー「ぼくの細道うたの道」が5回め、水原紫苑の50首連載が10回めである。
 全体を読みおえたなら、ここで紹介する。
CIMG9038
 結社歌誌「コスモス」2016年10月号が、9月17日に届いた。
 特集は、「風鳥派(小随筆)」である。少しずつ読み進んで、ここで紹介したい。
 僕の歌は、(10首出詠のうち)4首選だった。
 内容は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、9月18日付け記事(←リンクしてあり)にアップしたので、是非ご覧ください。

↑このページのトップヘ