風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

買い物

CIMG9383
 綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年7月号を、発売日の6月14日に楽天へ(ポイントがわずかにあって)注文し、翌日に宅配便で届いた。
 表紙の写真は夏らしいが、海(白波が1列だけ?)、巻貝、西瓜と、典型的過ぎないか。典型は裏側の褻(け)を思わせる。
 巻頭作品に、若い平岡直子(以下、敬称略)の作品も挙げていて、鑑賞したい。
 時事的な特集は目に付かないが、篠弘「戦争と歌人たち」(40)、また「インタビュー 橋本喜典さんに聞くⅠ 聞き手・柳宣弘」に驚かされそうだ。
 1ページ・エッセイの「私の時間術(24)」大松達知、「私の行きつけ(7)」恩田英明、なども楽しそうである。


風のアンダースタディ
 鈴木美紀子・歌集「風のアンダースタディ」kindle版を購入し、タブレットにダウンロードした。
 実際に購入したのは、メモに拠ると、先の5月26日である。
 価格は800円。紙本(1,836円)より、かなり安い。
 歌集の元本は、2017年3月12日、書肆侃侃房・刊。141ページ。
 同・書房の「新鋭短歌シリーズ」第3期の1冊。
 「アンダースタディ」は、名詞で「代役」、動詞で「代役のけいこをする」「代役をする」の意味である。
 鈴木美紀子は、略歴に拠ると、東京・在住、2009年秋「未来短歌会」入会、2010年より「ダ・ヴィンチ」に投稿、2015年に同人誌「まろにゑ」に参加。
 同シリーズの蒼井杏「瀬戸際レモン」と同じく、「未来短歌会」の加藤治郎に師事。
 近い内に、感想をここにアップできるだろう。


 

CIMG9369
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年6月号が、昨日(5月14日、日曜日)に届いた。リアル書店で買っていた時期も長いのだが、車で往復1時間(無料駐車場のある店まで)の時間とガソリン代を思うと、宅配は便利である。
 まず表紙が好ましい。図柄は梅雨の晴れ間の虹だろうか、額紫陽花(ガクアジサイ)と、文字も青基調の中に、赤い傘を点じている。
 特集「現代版、本歌取り」は、枕詞と同じく、僕のほとんど使えない技法(たくさんの歌は、記憶していないので)だが、関心はある。
 新連載の「小島ゆかり(歌人)・正木ゆう子(俳人)の往復書簡」も楽しみである。
 綜合歌誌は、これ1種しか取っていない。量(時間的に)と、好みの結果である。


CIMG9362
 妻が貰いものの図書カード千円分を、僕に呉れたので、久しぶりに本屋へ出掛けた。本の購入は、出来るなら通販や、電子書籍のダウンロードを好むから。
 ショッピングモール「パワーセンター ワッセ」内の書店「KaBoSワッセ店」へ行く。IT関係は、僕の環境より進み過ぎているようで、手頃な本はない。
 岩波文庫でも欲しい本がなく、隣りの棚の「講談社学術文庫」より、「寺山修司全歌集」を買った。1188円。
 家には思潮社「寺山修司コレクション」第1巻~第3巻があり、第1巻の「全歌集全句集」を読んだ事は覚えていた。しかし初期歌篇などが無いのでは、と思った。
 家で確認してみると、「コレクション」本にも初期歌篇は収められていて、内容は同じようだ。
 しかし僕は後悔していない。「コレクション」本では、活字が小さく、読みにくいからだ。文庫本でも1首1行に収まっており、読みやすい。今すぐに読み始める事はなく、しばらく機会を待つつもりだ。


CIMG9345
 4月15日(土曜日)に、結社歌誌「コスモス」2017年5月号が届いた。
 今号には、「桐の花賞」「評論・随筆賞」の発表がある。
 僕の歌は(10首出詠の内)、4首選だった。もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
4月18日付け記事にアップしたので、横書きながらご覧ください。
 少しずつ読み進んで、ここに紹介したい。
CIMG9347
 4月16日(日曜日)に楽天より、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年5月号が届いた。
 いつものAmazonでないのは、楽天のポイントが少し、溜まったからである。
 特集は「わからない歌の対処法」。
 読み了えたなら、ここで紹介したい。


CIMG9334
 最近に届いた3冊を紹介する。
 まず「福井県ふるさと文学館(福井県立図書館・内)」より、詩誌「群青」宛てに、ふくい風花(かざはな)随筆文学賞二十周年記念誌「風花」。
 2期目という事で、第11回~第20回の、最優秀作品(一般の部、高校生の部)や、審査委員長・津村節子氏(作家)の評などを収める。
 詩誌「群青」はかつて、僕が編集役をしていたが、既に終刊している。

CIMG9338
 「水脈の会」より、詩誌「水脈 59号」を送られた。堅実な発行を続けている。
CIMG9341
 村上春樹の名作改稿「パン屋を襲う」(新潮社、2013年・刊)。
 あるブロガーさんとコメントの遣り取りをしていて、「パン屋再襲撃」に先行する「パン屋襲撃」は実在する、という話になった。
 Amazonのマーケットプレイスで、改稿・版が高くなかったので、すぐ注文した。
 上2冊は、拙い感想を付して、このブログで取り上げたい。


CIMG9330
 最近に手許に届いた、2冊の本を紹介する。
 福井県俳句作家協会の事務局にお願いしていた、平成28年版・年刊句集「福井県 第55集」(2017年3月・刊)が3月31日に届いた。僕は第53集より、本代のみで送って頂いている。
 序文、4百数十名の各10句、俳句大会入賞句、各地区活動現況、等を収める。学びながら読み、少しずつここで報告したい。

CIMG9333
 「日本の古本屋」の某店より、岩波文庫「ヴィヨン全詩集」(1991年12刷)が4月2日に届いた。思ったより、本文が古びている。
 費用が意外と高くなった。本代700円+送料150円+振込料130円=980円と、千円近い。それに旧かな遣いだった。しばらくお蔵入りになるかも知れない。


↑このページのトップヘ