風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

その他

 「嵐」の2枚組みCDと、ガイド本1冊を買ったので、紹介する。
IMG_20190621_0001
IMG_20190621_0003
 アイドル・グループ「嵐」の2枚組みCDアルバム、「僕の見ている風景」を、メルカリの800ポイントで買い、6月20日に届いた。
 上の写真がスリーブケースの表、下の写真が裏である。
 初回仕様盤。全20曲入り。
 さきほどセパレート・ステレオで少し聴いたところ、傷みはないようである。
 僕が聴くために買ったのではない。「嵐」のテレビ番組を熱心に観ている妻へ、プレゼントである。以前にも、シングルCD1枚をメルカリで入手し、贈った。

IMG_20190621_0004
 6月21日午後、リアル書店「KaBoS ワッセ店」へ行き、ガイド本「今すぐ使える かんたん ぜったいデキます! デジカメ写真 活用術」改訂2版Windows10対応版を買った。
 井上香緒里・著、技術評論社、2018年9月・第2版・刊。
 写真の用い方について、もっと知りたかったからである。定価:1,598円のところ、dポイントを1部使った。
 昨日の記事に書いた、写真への活字入れ法等は載っていない。活字入れは、ネット検索で得た記事(プリント済み)と、ガイド本「パソコンで困ったときに開く本 2019」の説明で、出来ることを試して確認した。




 連休中の5月1日(令和元日)に、東京に住む息子夫婦が帰省して、彼らの母方の祖母(僕の妻の母)を見舞った。午後12時7分着のJRで駅に着き、僕ら夫婦と近所の食堂(蕎麦がメイン)で昼食を摂ったあと、義母の臥せっている病院へ向かった。義母は1ヶ月くらい前に脳梗塞で倒れ、右半身不随、嚥下、発語が出来ず、ほぼ臥したきりである。
 子夫婦はお手玉の飾りを見舞いとし、ベッド枠に釣り下げた。
 帰宅後、子夫婦は僕の兄(彼らの伯父)を訪い、ぼくはパソコン作業をした。
 夕食は、片町の店で焼き肉を食べた。全員、ノン・アルコール。
 帰宅後、大きな果物セット(頂き物)より枇杷や林檎を食べ、僕の溜めた風呂湯へ息子より順番に浸り、それぞれの部屋に引き上げた。
 明日は平泉寺を見学(妻以外は初めて)の予定である。
0-32
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


CIMG1467CIMG1470

 今日2回目の記事更新です。
 僕は納豆のネバネバと匂いが苦手で、食べられませんでした。
 あるブログ記事に、「ドライ納豆」というものがあり、乾いた(特殊製法)納豆で、ネバネバでなく、特有の匂いもない、食品がある事を知りました。
 Amazonの「食品・飲料・お酒」カテゴリで「ドライ納豆」を検索し、幾種類かあるうち、(株)JALUX(ジャルックス)販売の、「ドライ納豆(梅)」200グラム(20小袋)を注文しました。
 価格:1,361円(税・送料・込み)。4月2日に注文し、3日に届きました。
 スナックにやや高いが、納豆を食べられるかの試みです。
 上の初めの(左の)写真は、箱より取り出した大袋。後の(右の)写真は、開封したところです。いずれも食事用のトレーの上で。

CIMG1471CIMG1474
 上の初めの(左の)写真は、10グラム入り小袋1つです。
 後の(右の)写真は、小袋1つの中身を、ティッシュ上にあけたところです。
 食べたところ、さくさくで、口中でネバネバが戻ることもなく、納豆の匂いもなく、美味しく食べられました。梅干しの仄かな香りがします。味は、減塩中の僕には塩辛いようでしたが、慣れました。
 翌日の今日までに、小袋3つを食べて、体調が良いようです。イソフラボン、レシチン、他の栄養素のおかげでしょうか。
 リピート買い、あり、です。



CIMG1452
 4月1日に、6畳の居間の、エアコンを替えた。
 3月30日(土曜日)に、電器量販店「百満ボルト」の、年度末に期限のきれるポイントがあるという事で、妻と店を訪れた。妻の母を、リハビリテーション病院に見舞った(簡易版の母の句集を持って)後である。
 帰り際に、49,800円の6畳用エアコンが宣伝台にあったので、売り場に行くと、それは無いと係員に言われた。他にやや安いものもあったが、自動クリーン、電気代、保証年数などで、やや高めのエアコンを契約した。
 上の写真は、居間の旧機で、富士通製である。15年かそれ以上使って、リモコンがすべて「自動」でしか作動させられなかった。
 写真を発光禁止で撮ってしまったので、パソコン付属ソフトで大幅に補正した。

CIMG1462
 約束の4月1日(月曜日)昼12時を40分過ぎて、「百満ボルト」の指定業者が来て、エアコンを交換してくれた。
 配線より仕直すが、家うちのブレーカーには1ヶ所、予備があった。配線は床を這わせる事を覚悟していたが、押し入れ上の板を捲って、1階裏を這わせるようにしてくれた。
 本体、室外機、作業料等を含めて、11万余円だった。
 作業員4名(ベテラン、新人、2名ずつ)が、てきぱき作業してくれて、午後2時半には終了した。テスト運転をし、僕が1ヶ所サインしたところ、彼らは引き上げて行った。
 三菱電機「霧ヶ峰」6畳用である。旧機より、やや大きい。
 写真は、発光で撮ったものを、少し補正した。
 この居間は、毎日少ししか使わなかったが、妻がこれから使うと言っている。
 先の3月5日の記事「パソコン、プリンタの新旧交代」までの、パソコン代+プリンタ代+設定料に続き、大出費である(新パソコンについて、リンク記事より、遡って読めます)。


 

CIMG1387
 3月4日(月曜日)の朝10時半より、ドコモのネットトータルサポート指定の業者が来て、新パソコンの立ち上げ、設定と、新プリンタの接続をしてもらった。
 先の2月23日の記事、新しいパソコンと多機能プリンタ、で箱入りを紹介した品である。
 1時間半の仕事と、簡単なレクチュア10分で、27,540円だった。お気に入り、アドレス帳のインポートもなく(自力でお気に入りのインポートはできた)、自力でやれ、という事らしい。大きさは旧機と違わないようだが、枠が細くなった分、画面は大きいようである。
 NECのオマケに、1TBの外付けHDDメモリ(注文順777個・限定)が別便で送られてきたので、USB接続してある。
 パソコンはNECのLAVIE Direct DA(S)をカスタマイズしたもの、プリンタ(インクジェット複合機と呼ぶらしい)は、キャノンのTS8230である。
 プリンタはWi‐Fiで繋いでもらった。新しい接続コードがないためである。プリンタの動作は、自分では確認していない。(追記:5日午前に、稼働を確認した)。

CIMG1382
 これまでのパソコンとプリンタである。パソコンは、7、8年使ったように思っていたが、もっと短いかも知れない。親しい友人だった。別室に移し(ネット接続はしていない)、パソコン、プリンタの稼働を確認した。



 

CIMG1368

CIMG1373
 今月2日の記事「新しいパソコンを注文」で報せた、NECの新パソコンが、NECダイレクトより、クロネコ便で15日に届いた。
 LAVIE Direct DA(S)より、下の写真の納品書のように、かなりカスタマイズしてある。デスクトップ・パソコンでカスタマイズできるのは、28インチとあとこの23余インチ1種しかなかった。
 Windows10、Office2019を使いこなせるか、心配である。

CIMG1370
 多機能プリンタに、2017年12月25日の記事「プリンタ、交代」の下の写真、CANONのPIXUS TS6130を使って1年余だが、機能に不満があるので新しくする事にし、今月21日(木曜日)に電器量販店「百満ボルト」本店へ行った。
 使い慣れたCANON製で、A4判までとなると、選択肢は少なく、PIXSUS TS8230を買った。
 パソコンに合わせて、白色(今はパソコンと共に黒色)である。価格:25,704円。

 両方とも開梱していない。設定、移設、接続とも、ある業者に依頼する予定だ。移設の記録に、USBメモリを使おうと思うが、Windows10に対応するとはっきりしたUSBメモリが手許になく、32GBのメモリ2本を、Amazonに注文した所である。
 現在機で運用しているので、移行はあわてないが、進学した学生さんによる繁忙期に当たらないか、心配である。


CIMG9637CIMG9638
 1月24日(木曜日)、同人詩誌「群青」を発行していた頃にお世話になっていた宮本印刷へ、結社歌誌と季刊同人歌誌を合本製本してもらうべく電話を入れて、OKをもらった。
 翌日25日に、大封筒へ入れて、持参した。
 2週間後の2月8日(金曜日)の午前に宮本印刷へ電話を入れると、出来上がっているとの返事だった。
 午後1番で、受け取って来た。余り紙での製本で、題字は入っていない。帰宅してすぐ、テーププリンターで印字し、貼り付けた。
 上は所属する結社歌誌「覇王樹」の2冊である。僕は2017年6月号より掲載されて、2月号以前を所有していない。
 字が少し斜めになっているのは、貼り方が歪んだのではなく、台形補正カメラで撮った時に歪んだものである。補整ソフトで補正しきれなかった。

CIMG9641CIMG9644
 購読している季刊同人歌誌「COCOON」Issue01~Issue10を、2冊に分けて。
 僕は他にも受贈した詩誌など、大封筒に分けて入れ、題名と号数をサインペンで書いて、保管してある。本よりも大事にしているくらいである。
 以前に属していた季刊同人歌誌「棧橋」も同じく、宮本印刷で合本製本してもらった。
 所属する同人詩誌「青魚」は冊数が多すぎて、製本に至っていない。

 なおこの4冊の合本製本代金が、800円だった。商売気抜きのサービス(縁落としなど)と代金である。宮本印刷の代表は、地域文学の振興に志があるらしく、僕の知っているだけでも、数種類の同人誌を扱っている。僕もその、おこぼれを受けた訳だ。


↑このページのトップヘ