風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケが、2017年10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

 先の5月20日(第3日曜日)の午後1番に、妻の運転する車で「福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館」を訪うた。家庭の日という事で、入館料無料だった。朝倉氏遺跡は何度か訪うたが、資料館は初めてである。
 陶器、金細工、ガラス片(復元品あり)、銅製品、多数の貨幣(いずれも唐のものなど、渡来品)など、興味深い展示だった。
 国指定重要文化財を、2,343点所蔵するという。1部資料が、県立博物館などに分散している事が惜しい。
 ネットで調べてから行ったので、図録2冊を求め得た。

IMG_20180521_0001
 1冊は、「越前朝倉氏 一乗谷」。88ページ。
 朝倉氏の家系図、書状等と、遺跡発掘と出土品の1部(生活用品や貨幣など)の、カラー写真と解説を収める。

IMG_20180521_0002
 10冊ある図録より、次に僕が選んだのは、「戦国時代の金とガラス」。111ページ。
 他館、他遺跡の遺物も含めて、金細工とガラス細工の製品の、カラー写真と解説を収める。
 「原色世界の美術」などで工芸品に関心を持ったので、この図録を選んだ。
 2冊とも、詳しく見おえたなら、また紹介したい。
 写真集を見るのは、昨年3月7日の記事、「日本の天然記念物 6」以来、久しぶりである。



IMG_20180515_0001
 今月10日の記事、角川「短歌」5月号を読む、の末尾に書いた通り、1月号、3~5月号を読んだ角川「短歌」を離れ、本阿弥書店「歌壇」に戻る事にした。あまりに威圧感があったからである。
 「歌壇」に戻って、旅から家に帰ったような、安堵感にいる。
 この6月号は、5月8日にAmazonに予約注文、5月13日に発送案内があり、翌14日に郵便で届いた。

かたすみさがし 田中ましろ
 書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」より、田中ましろ・歌集「かたすみさがし」kindle unlimited版を、タブレットにダウンロードした。
 この歌集は、シリーズの他の本と違って、冒頭に(短歌×映像)、(短歌×イラスト)、(短歌×小説)等のリンクが8編あって、電子書籍の長所を活かしている。
 またハイライト、メモ、検索等の機能が使えるので、同シリーズの他の本と違う、読み方が出来そうだ

 紙本版:2013年9月30日・刊、1,836円。kindle版:2015年8月16日・刊、800円。



鈴を産むひばり
 Amazonでkindle unlimited版の歌集、5冊をダウンロードした。
 ダウンロード購入した歌集は、4月23日の記事「入手した6冊」の内の2冊以来である。
 上は光森裕樹「鈴を産むひばり」。
 紙本版:2010年8月11日・刊、2200円。
 kindle版:2014年2月1日・刊、499円。

うづまき管だより
 光森裕樹「うづまき管だより」。
 kindle版のみ。2012年11月7日・刊。369円。

林和清 去年マリエンバートで
 林和清「去年マリエンバートで」。
 紙本版:2017年10月23日・刊。2052円。書肆侃侃房・刊。
 kindle版:2018年1月31日・刊。1000円。

原田彩加 黄色いボート
 原田彩加「黄色いボート」。
 紙本版:2016年12月11日・刊。1836円。
 kindle版:2017年1月30日・刊。800円。

堀合昇平 提案前夜
 堀合昇平「提案前夜」。
 紙本版:2013年5月25日・刊。1836円。
 kindle版:2015年1月20日・刊。800円。
 上記2冊は、書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズに含まれる。
 kindle unlimited版は、追加金無料とはいえ、少し買い込み過ぎである。


角川「短歌」5月号
 4月25日の発売日に、角川「短歌」2018年5月号・kindle版を、タブレットにダウンロードした。
 定価:724円で、紙本版:950円の、ちょうど2割引きである。
 なお
同・4月号の感想は、今月2日の記事にアップした。

 今号の現代歌人特集シリーズは、馬場あき子(以下、敬称・略)である。
 角川「短歌」は、馬場あき子を持ち上げてきており、同・2月号の「追悼特集 岩田正」にも呼応している。
 錚々たる歌人が、インタビューし、書き、語り合っている。
 連載の酒井順子「平安の女友達」なども楽しみである。



 

「角」第46号
 最近に入手した6冊を、簡単に紹介する。
 まず同人詩誌「角」第46号。
 2018年4月15日・刊。B5判、52ページ。詩編は1段組み、散文は2段ないし3段組み。

堀米好美 いのち
 堀米好美・歌集「いのち」。1001首の大冊。
 AmazonのKindleストアで「歌集」で検索して見つけ、kindle unlimited版をダウンロードした。
 購入した本として、今月20日の「歌集2冊をダウンロード(5)」以来である。

最初から
 宇野なずき・歌集「最初からやり直してください」。
 これもAmazonのkindle unlimited本。
 「いのち」共々、大手出版社に頼らない、自力出版・系らしく、たのもしい。

できるアナリティクス
 「はじめての最新 Google Analytics」がわからなかったので、逆引き本を買った。
 買うべきか買うべきでないか、数日迷ったあげく、Amazonに注文した。
 この「できる逆引き Googleアナリティクス」は、430ページの大冊で、高価である。
 しかし間違っていた。僕にはほとんど手の出ない本だった。

Kindleストアの歩き方
 大山賢太郎「Kindleストアの歩き方」。kindle unlimited版があったので、ダウンロードした。
 kindle本の世界も、多彩になったので。写真が、大きいものを引いて来れない。

デジタル読書の技法
 上記の本を見ていたら、この本もダウンロードしてしまった。
 kindle unlimited版でなかったけれど、いずれ読みたいと思っていて、廉価なので返品しなかった。
 上記以外にも、幾冊かのkindle本が、タブレットに収まっている。いかがわしい本ではない。機会が来れば、それらも紹介したい。



↑このページのトップヘ