風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。Kindle版の無料キャンペーンも随時行ないます。多くの方のご購読を願っております。

 綿矢りさの「インストール」と「蹴りたい背中」を読んだあと、彼女の小説を読もうと、文庫本3冊を買った。




IMG_20200326_0001IMG_20200326_0002

IMG_20200326_0003

 3冊とも、文庫化は2015年である。前2作より、10年以上が流れ、間に3冊の刊行がある。 
 「ひらいて」2012年、新潮社・刊。
 「しょうがの味は熱い」2012年、(株)文藝春秋・刊。「自然に、とてもスムーズに」を併録。
 「ウォーク・イン・クローゼット」2015年、講談社・刊。「いなか、の、ストーカー」を併録。

 3冊セットを、メルカリの600ポイントで買った。残高がなく、メルペイ残高へ銀行から3,000円分のチャージをしなければならなかった。
 3冊とも、帯付きの美本である。



 最近に手許に届いた3冊を紹介する。
IMG_20200318_0004
 シェイクスピア「ソネット集と恋人の嘆き」が届いた。国文社、2015年・刊。岩崎宗治・訳。
 何かでこの本を知り、入手したいと思った。Amazonにあったが、2,750円とやや高価なので、マーケットプレイスより中古本を、1,393円(送料・込み)で買った。
 1986年版の岩波文庫で、シェイクスピア「ソネット集」(高松雄一・訳)を買った事があった。ソネットなのに訳に連分けがなく、落胆した記憶がある。国文社・版には連分けがあるかと期待したが、連分けはなかった。


IMG_20200318_0002
 「COCOONの会」より、季刊同人歌誌「COCOON」Issue15が届いた。結社「コスモス短歌会」内の若手歌人を同人とする。
 同・Issue14の感想は、昨年12月27日の記事にアップした。


 たぶんIssue17まで、誌代を前払いしてある筈である。

IMG_20200318_0003
 本阿弥書店より、総合歌誌「歌壇」2020年4月号が届いた。これも5月号分まで、前払いしてある筈。
 同・3月号の感想は、今月1日の記事にアップした。


 総合歌誌は6月号より、「短歌研究」を取るつもりだったが、同誌は超保守的な特集を最近に組んだらしく、これからも「歌壇」を取ろうか迷っている。







 最近に購入した、4冊の本を紹介する。
IMG_20200315_0001

IMG_20200315_0002
 綿矢りさの17歳での文芸賞・受賞作「インストール」と、19歳での芥川賞・受賞作「蹴りたい背中」である。
 メルカリより、2冊セット・530ポイントで購入した。
 僕は文庫本と思っていたが、単行本だった。単行本の方が読みやすいようだ。

 3月15日(第3日曜日)の午後、パワーセンター・ワッセ内の書店・KaBoSに行き(マスクをして)、写真集2冊を買った。

IMG_20200315_0003
 「深海生物大事典」、成美堂出版、出版年次・なし、279ページ。価格:1,650円(税込み)。

IMG_20200315_0004
 写真図鑑「サボテン」。2017年4月25日、長瀬聡・刊、245ページ。価格:2,200円(税込み)。
 タイのサボテン園「ベッタムシィー」の、サボテンを写した。帯に「緋牡丹錦もたくさん」とあるが、緋牡丹錦が2/3のページを占める。緋牡丹錦は、お馴染みの緋牡丹と、他の種との交配種である。妖しい美しさがある。
 写真集2冊の代金3,850円は、商品券3,000円分とdポイント850ポイントで支払い、財布からは出さなかった。


 最近に2冊のKindle本を、タブレットにダウンロードしたので紹介する。
海河童 Alona Beach
 ダイバー・海河童さんの写真集「Photo Collection of Alona Beach」である。
 海河童さんの写真集として、先の2月18日の記事、「同 Philippines」を観る、に次ぐ。



 アロナビーチは、フィリピンのボホール島のダイビングスポットである。
 2018年6月30日・刊。写真・145枚。


このセルパブ2020版
 もう1冊は、Kindle Unlimited本で、「このセルフパブリッシングがすごい!2020年版」である。
 僕もKDP本の短編小説を上梓したので、気になる。紙の本にして360ページ。
 ランキングとコラムを含め、セルフパブリッシング本を強く推している。
 金銭につながらないセルパブ作家の悩みが、多いようだ。僕はその点、金銭化を目指していないので、気楽である。


 最近に入手した、3冊を紹介する。
IMG_20200215_0002
 まずメルカリより、浅田彰「逃走論」。副題「スキゾ・キッズの冒険」。1984年、筑摩書房・刊。
 30数年前の本だが、ふと読みたくなって、メルカリで検索した。需要はあるらしく、数冊が出品されていた。


IMG_20200215_0001
 本阿弥書店より、総合歌誌「歌壇」2020年3月号が届いた。早くも桜並木の表紙写真である。

海河童 フィリピン
 Amazonより、海河童さんの写真集「Photo Collection of Philippines」Kindle版が無料キャンペーン中だったので、タブレットにダウンロードした。
 2017年6月23日、海河童本舗・刊。137点の写真を収める。


 最近に入手した3冊を紹介する。積読本が多くなったので、あまり買っていない。
 前回は昨年12月25日の記事、メルカリより4冊を買う、である。



外大短歌10号
 東京外国語大学短歌会より、「外大短歌」10号が届く。ツイッターのメッセージで注文した。
 9号のA5判より、B6判となり、可愛く似合っている。
 前回9号では、振込手数料が割高だったが、今回は楽天銀行の振込手数料無料のサービスを利用した。
 同・9号の辛めの感想は、昨年12月7日の記事にアップした。




IMG_20200118_0002
 本阿弥書店より、総合歌誌「歌壇」2月号が届いた。
 特別企画は「初冬の越前を訪ねて」で地元だけれども、離れた心は戻らない。方針の違いは、男女仲より冷淡である。


海河童 劔岳
 海河童さんのツイッターのメッセージで、彼の写真集「Photo Collection of 劒岳」Kindle本(通常有料、Kindle Unlimited本あり)が無料キャンペーン中と教えてもらったので、さっそくタブレットにダウンロードした。タブレットはKindle本を読む時(読書する時の外、PCでKDP作成の参考にする時)、記事のためググる時に便利である。
 「~劒岳」は、2018年9月13日・刊行。彼のKindle有料本を買っていなくて、申し訳ない。



 メルカリがキャッシュレス決済の、メルペイのキャンペーンをしていて、本人認証で1,000ポイント、初決済で2,000ポイントを付与するとしていた。
 僕は楽天系のキャッシュレス決済を、スマホに導入しているが、3,000円に惹かれて、メルペイに参加しようとした。しかし扱う銀行に楽天銀行がなく、運転免許証での本人認証は困難だった。

 数日後、メルペイのコーナーを見ると、楽天銀行が取り扱い銀行に加わった。それで入力して1,000ポイントをゲットした。決済がよくわからないので、メルペイ残高払いをわずかにチャージして、文庫本を買ってみたが、ポイントは付与されなかった。扱う店一覧へ行くと、バーコード決済ができる店の内、知っているのはVドラッグのみだった。
 ネット検索すると、ローソンが扱っている。深夜だが、近所のローソンに電話すると、メルペイスマート決済を扱っているとの返事だった。翌日にそのローソンで千円弱の買い物をした。2,000ポイント付与は、銀行決済後かと思ったが、数時間で付与された。ただし来年2月半ばまでかの、期限付きだった。
 期限忘れが気になるので、以前に見掛けた3千余円の本を、メルカリで買う事にした。

IMG_20191224_0001IMG_20191224_0002
 まず350ポイントで、森絵都の小説「カラフル」(文春文庫)を買った。
 次にメルペイ残高払いで、試しに山田詠美の掌編小説集「タイニー ストーリーズ」(文春文庫)を300ポイントで買った。山田詠美の短編小説、それも掌編小説には、大いに期待する。

IMG_20191224_0003

IMG_20191224_0004
 残ったポイントとメルペイ残高払い556円で、「川端康成文学賞 全作品」Ⅰ、Ⅱ揃いを買った。総額3,380円だった。先ほどAmazonで調べると、最低1万円はする本だ。メルカリで「川端康成賞 全集」で検索しても、ヒットしない。それで初めは、三浦哲郎の検索結果に出ていたのを思い出して、「川端康成 三浦哲郎」で検索すると、この2冊揃いのみがヒットした。
 メルペイで5千円近い支払い(ポイントを含む)をしたけれど、後悔していない。
 ただし積読は、受贈本、全集類、文庫本、歌誌などが重なって、いささか混乱している。少しずつ読書して行きたい。



↑このページのトップヘ